来シーズンのマレーナ様@アン・デア・ウィーン

待ちに待ったアン・デア・ウィーン劇場の2011年2012年シーズンの演目が発表された。

詳しくは劇場サイト↑をご覧になっていただきたい。

最重要なのは、マレーナ様が主演する『セルセ』の日程とキャストである。
10月16、18、20、23、25、27日となっている。スピノジ指揮アンサンブル・マテウス演奏、
そして、驚きのキャストは、セルセの弟アルサメーネにベジュン・メータ、彼の恋人ロミルダの
妹アタランタにダニエル・ド・ニース!マレーナ様は、ダニエルちゃんの呪縛から逃れられない
運命のようである。(この3人は、今年3月公演の『ロデリンダ』でも共演したばかり)

c0188818_7194621.jpg

        マレーナ様とダニエルちゃんの因縁は深い。。。
        『ロデリンダ』のプレミエ後パーティーで。

10月22日(土)には、やはりスピノジ指揮アンサンブル・マテウス演奏によるヴィヴァルディの
『怒れるオルランド』が演奏会形式で上演されるので、23日(日)の『セルセ』と組み合わせる
と効率がいいと思う。(しかし日曜でもマチネ公演ではない)
『怒れるオルランド』のキャストは、デルフィーヌ・ガルーが主役で、ルッジェーロ役はPJ様では
なくイェスティン・デイヴィス、アンジェリカにヴェロニカ・カンジェミなので、ぜひ聴いてみたい。


ここのプログラムには、実は、まだ驚愕の事実が隠されていたのであった。
マレーナ様は来年8月にもアン・デア・ウィーンで主役を張るのである!しかも、ロッシーニ!
『湖上の美人』の主役エレナ役である。
8月10、12、14、17、19日となっているので、夏休みと組み合わせ家族揃ってウィーンに
詣でるのも一興かも。
マレーナ様は、ウィーンには秋と春に出演というパターンを踏襲するのではないかと予想していた。
少し変則的だが、やはり2回登場して、両方とも主役で非常に対照的な作品の男役と女役に挑戦
と意欲的だ。しかも、ロッシーニの超絶技巧コロラッチューラに挑むのだ。


その他、2月にベジュン・メータは、グルックの『テレマコ』にも主演する。ルネ・ヤーコプス指揮。

マイナーなものでは、4月にミンコフスキー指揮ピイ演出で、アンブロワーズ・トマの『ハムレット』。
ステファン・ドグーがタイトル・ロールで、クリスティーネ・シェーファーがオフィーリアだ。

その他を見ても、異色のプログラミングで気を吐くアン・デア・ウィーンの来シーズンは、多分、
国立歌劇場とは好対照の独自の路線を突き進むのだろう。目が離せない。
[PR]
by didoregina | 2011-04-06 00:53 | マレーナ・エルンマン | Comments(17)
Commented by alice at 2011-04-06 13:28 x
>マイナーなものでは、4月にミンコフスキー指揮ピイ演出で、アンブロワーズ・トマの『ハムレット』。

あのぉ~マイナーじゃないと思うのですが・・・(笑)

ハムレットがキーンリーサイドだったら家出してでもウィーンに飛ぶのですが、この時期は無理なので諦めます。

ミンコは6月のモネのトロバよりこちらのほうが合ってると思います。シェーファーのオフィーリアもぴったり!だと・・・未練たらたら。

あと注目は10月のセルセと来年8月の湖上の女ですね!マレーナさまのロッシーニって初めての挑戦ですか?
Commented by アルチーナ at 2011-04-06 13:58 x
コンサート形式も含めると、本当に羨ましすぎるラインナップですね。
近所に住んでいたら・・・と切に思います。
デルフィーヌ・ガルーとイェスティン・デイヴィーズも気になります。
今シーズンはウィーン詣での機会が増えそうですか?
レビュー楽しみにしております。

マレーナ様のロッシーニも楽しみですね♪(アリアを歌っているのは見たことがありますね、そういえば)
私も今年7月のファジョーリのロッシーニが楽しみ♪(←とそこに持って行く・・・)とこじつけ気味でありますが、
ロッシーニ歌手がバロックを歌えるとは限らないようですが、バロック歌手がロッシーニを歌うのはいけそうですよね・・何が違うんだろうか・・・??
Commented by レイネ at 2011-04-06 16:09 x
aliceさま、『ハムレット』をマイナー呼ばわりしてすみません。知らないオペラはすぐにマイナーと括ってしまう態度は改める必要ありですね。
キーンリーサイドには劣るかもしれませんが、ドグーは要注目のバリトンです!役どころが広いのでいろいろな面を見せ聴かせてくれそう。

マレーナ様は、『セヴィリアの理髪師』のレジーナ役@ストックホルム王立歌劇場でデビュー直後ブレイクしたようです。その後、バレンボイム指揮でベルリンでも。
近年は、『チェネレントラ』のアンジェリーナをストックホルムとフランクフルトで歌ってますから、ロッシーニには浅からぬ縁があるのです。
Commented by レイネ at 2011-04-06 16:15 x
アルチーナさま、ウィーンがもっと近かったらいいのに、と思いますよね。
しかし、ロッシーニの新しい役に挑むところがマレーナ様らしく頼もしい。
コロラッチューラを転がす技巧面で、ロッシーニはバロック・オペラとある意味通じるものがあるのでしょうか。またはバロックに飽き足りない歌手がロッシーニに挑戦するとか。ファジョーリ様もマレーナ様も歌える音域が非常に広いという点も共通してますね。
Commented by sarahoctavian at 2011-04-06 20:36 x
す、凄い。コンサートも含めてバロック演目がかなり充実してて涎ものですね!レイネさん、10月と来年8月と両方ウィーン詣するのかしら?10月ちょうど週末にかかるのならば・・・と私も考えたりします。
Commented by レイネ at 2011-04-07 00:15 x
sarahoctavianさま、ウィーンには、10月22日(土)の『怒れるオルランド』と23日(日)の『セルセ』という線で、ファンクラブ・ツアーを組みましょうよ。わたしは平日でもなんでも行きますが、皆さんが集まりやすい日程なら週末でしょう。6月のチケット発売日まで熟考願います。
8月にももちろん行きますよ!新境地に挑むマレーナ様ですから。
Commented by sarahoctavian at 2011-04-07 15:17 x
そうですね~2月サラ様コンサート、今月の里帰りとオジャン続きだったし、いい加減何か実行に移さねば(苦笑)。何気にウィーンへの足をチェックしてしまったわ。MUC-WIEN間の汽車は4~5時間もかかるけど、得々チケットを探せば80ユーロちょっと。飛ぶ方が断然早いので航空券代次第です。
Commented by レイネ at 2011-04-07 15:56 x
sarahoctavianさま、そういえば、ここのところキャンセルが続いてますね、わたしたち。。。厄払いのためにも、10月ウィーンというのはよろしいのではないかと。
それと、来年6月のサラ様フェードル@パリ!という2大イヴェントが来シーズンには待ってますから、それを励みに、明るく過しましょ。

デュモー選手出演のペルゴレーシ『スタバ』@コンヘボの安売りオファーが、なぜか某銀行からきました。20ユーロ近く安くなったので、渡りに船と買いました。
Commented by sarahoctavian at 2011-04-07 16:16 x
おお、そうでした。サラ様@パリ!その時は夫婦でかの地に行こうかな。このところ子抜き小旅行に味をしめております。年を取るのも悪くない。
Commented by レイネ at 2011-04-07 16:30 x
sarahoctavianさま、忘れてはいけませんよ、サラ様@パリ!
子供抜き旅行もいいけど、子連れ旅行も楽しいものです。成長した子供といっしょだと、興味の対象が似てくるので。というより、いつでもわたしの好みを押し通してきた結果のような気も。
Commented by sarahoctavian at 2011-04-07 16:55 x
確かに・・小さい時とティーンエイジャーとでは感じ方興味の対象といい違いが分かって、成長を感じる時ではありますね。レイネさんのご子息たちは躾が行き届いている印象を受けますわ。。。反抗期ももう終わったでしょう?我が家では目下何ごと親とは反対がモットーで辟易してます(苦笑)。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2011-04-08 08:33 x
おお、私のご贔屓のCTイエスティン・デーヴィースが出るんですね。PJより好きです。怒れるオルランドの出番は少ないけど。彼とはこないだリサイタルで着物で楽屋に行って顔見知りになってるので、私がウィーンに着物で出待ちしてたら驚いてくれるかしら・・・?なんて。
Commented by アルチーナ at 2011-04-08 11:06 x
お誕生日おめでとうございます!Mevさんの所で拝見しました。
私は3月なんですよ!
それから・・・いいな~・・楽しい計画、皆様のご予定、日本から指をくわえて眺めています。
あ、そうそう、sarahoctavianさまもツイッター始めたんですよ!
たまに時間が重なるとちょっとしたチャット状態になります。
レイネさん・・・・いかがですか??
Commented by sarahoctavian at 2011-04-08 14:26 x
あ、アルチーナさん、早速勧誘してますね~(笑)。昨日デュモー選手の性向について井戸端会議になりまして・・・レイネ会長の意見を伺いたいと話していたのですよ。
椿姫さん、秋のウィーンツアー参加されますか?イエスティンってあのジェイムズ・マッカヴォイ風の子ですよね?柔らかい声のCTで私も好きなタイプかも。
Commented by レイネ at 2011-04-08 15:21 x
ロンドンの椿姫さま、ヴィヴァルディのオペラ自体はすでに聴かれてますよね。CTの出番は少ないんですか。。。でも、カンジェミもガルーもナマの声聴いてみたいし。
翌日の『セルセ』との組み合わせは遠征しがいがあってよろしいのではないかと。でも、国立歌劇場でもっといいのをやるようだったら別の組み合わせになりますが、『セルセ』メインでの遠征、ご検討くださいね。
Commented by レイネ at 2011-04-08 15:27 x
アルチーナさま、ありがとうございます。さっき子供たちが、オランダ伝統の誕生日の歌で眠りからさましてくれました。アルチーナさんも、一つ年をとったばかりね。おめでとうございます。
デュモー選手出演のコンセルトヘボウでのバロック・コンサートも(安く)チケットが取れたので楽しみ。でも、『プラテー』は断念。。。
ツイッターって、イマイチよくわからなくて。。。今のところ、皆さんのを読んで楽しませてもらってます。
Commented by レイネ at 2011-04-08 15:33 x
sarahoctavianさま、ご勧誘ありがとうございます。デュモー選手は、やっぱり「訓練の行き届いた」系だと思います。そうじゃないCTって珍しいのでは?あ、フランコ様の性向は知りませんが。。。これだけは、本人に面と向かって訊けませんから。
イエスティンは、今シーズン、ロッテルダムかアムスにも何かのコンサート形式で出演のはず。気になる若手CTですね。マカヴォイ似ってのも好感度。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧