Rembrandt en ik

オランダのプロテスタント系放送局EOによる、TV映画シリーズ『レンブラントとわたし』が
昨晩スタートした。全4回で毎週月曜夜に放映される。

c0188818_16384325.jpg

        レンブラント一家。誰が誰かわかったら、レンブラント・オタクだ。
        ヴィジュアル的には、肖像画に残る人物そっくりのキャストだから、
        解いてみるのも一興。

画家レンブラントの一生を描くミニ大河ドラマの趣だが、各回ごとに語り手を変えて、レンブラントの
身近にいた人の目を通して描くという手法をとって、単なる連続ドラマにさせない工夫をした。
映画『アントーニア』を撮ったマルレーン・ホリスが監督で、シナリオ・ライターも毎回変わる。

第一回めは、同時代の画家ヤン・リーフェンスの目を通して見たレンブラントだった。
ヤン・リーフェンスといっても、現在ではほとんど知る人もない、歴史に埋もれたような画家だが、
若き日のレンブラントとは、いっしょのアトリエで切磋琢磨した間柄。

c0188818_16435981.jpg

         ヤン・リーフェンスとレンブラント(右)

ヤンとレンブラントは幼い頃からの友達で、互いの画才も弱点も知っていた。
長じてからのヤンは、画家としての上昇志向が高く、売込みにも熱心である。17世紀オランダの
ジェネラリスト文人だったコンスタンテイン・ホイゲンスに認められて、イギリス進出への足がかりを
得ようとする。イギリス王室お抱えの画家になるのが夢なのだ。
しかし、レンブラントのほうは、当世流行の肖像画描きで終わりたくはなかった。新しいテクニックを
盛り込むだけでなく、モデルの内面まで描きたかったので、情け容赦ない目と筆で描き出された絵の
モデルとしては納得がいかない、という場合も往々にしてあった。
二人が同時に描いたレンブラントの父親の肖像に、そのアプローチの違いが如実に現れている。
父親が気に入ったのは、ヤンが描いた絵のほうだった。


コスチュームもの撮影にはお金がかかるものだが、このミニ大河ドラマは破格のロー・バジェットで
190万ユーロで済んだという。オランダならではである。多分、古い建物やロケーションや大道具など
ほとんどに実際のものを使うことができたためだろう。
レンブラントの父親の粉挽き風車、教会、ライデンやアムステルダムの町並み、そして船など、
いずれも現存のものを使っている。

c0188818_1761850.jpg

         航海シーンでよく登場した船。
         ヤンはこれでイギリスに渡った。
         海といってもほとんど波がなかった。 
         実際の北海はそんなものじゃない。
         多分アイセル湖での撮影だろう。

c0188818_1784254.jpg

         船オタ一家としては、とても気になる船だ。
         船尾の装飾は、17世紀以降のVOC船と   
         して使われたフロイト型に似てるが、両舷に
         見える鯨のヒレみたいなものに注目のこと。
         水深の浅いオランダの沿岸や湖で使用された
         船底の浅い船に独特の形で、船の下に
         キールなどを付けられないから、こうなった。

調べると、この船は、18世紀のユトレヒト号のレプリカのようだ。
青少年の(失業対策)チャレンジ・プロジェクトの一環として、オランダ黄金時代の17,18世紀
の東インド会社の船を復元、というのがよく行われている。レリーシュタッドにあるドックを見学したが、
木材その他の材質もほぼ当時と同様のものを使用し、図面はもちろん工程も同じだから、時間が
かかるが、完成した船は本当に芸術品のように美しい。

ユトレヒト号は、現在、60人までのパーティ船としてチャーターできるようだ。
ユトレヒト郊外のムイデン城近くが拠点だから、この船丸ごと借り切って結婚式および披露宴する
なんて洒落てる。5年後の真珠婚は、この趣向で祝おうか?


その前に、この夏のヴァカンスだ。7月に2週間サルディニア島北部をセイリングする。
エメラルド海岸と呼ばれるその辺りは、海の美しさも群を抜いていてダイビングのメッカでもあり、
イタリアおよびフランス大統領の別荘をはじめ、ジェットセッターたちが集まるという。
パリス・ヒルトンはじめ有名人お金持ちがうじゃうじゃらしく、そのせいで物価が高いのは困ったものだ。
[PR]
by didoregina | 2011-01-25 09:24 | 映画 | Comments(2)
Commented by ろき at 2011-01-28 08:45 x
見たいなー面白そう。
語り手を変える趣向もいいですね。
レンブラントの人生は浮き沈みが激しくて、芸術のためにはなったけど、本人は大変だったでしょうね。
波の高さチェック!さすがです(笑)。
真珠婚はユトレヒト号でぜひ♪
Commented by レイネ at 2011-01-29 02:22 x
ろきさま、お待ちしてました。この番組は貴女のために作られたようなものですから。
イギリスのTV番組は、オランダではBBCなら直接見れるし、人気番組なら半年後くらいにこちらのTV局で放送されることも多いのですが、その逆のケースもあるのかな。
『デスパレート・ロマンティックス』とは、大分アプローチの仕方が違いますが、オランダのTV映画としては、このシリーズ、なかなかよさそう。オランダのTV番組はなかなか外国では放映されないのが残念。

ユトレヒト号での真珠婚パーティーには、ぜひご参列ください。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧