サヴァールは古楽界のリューか?!

エイントホーフェンのミュージックヘボーから、サヴァール指揮ル・コンセール・デ・ナションの
コンサートに招待された。2010年12月17日。
昨年のコンチェルト・コペンハーゲンのコンサート招待に続いて二年連続当選である。
単にくじ運がよかったのだろうか、それとも。。。

c0188818_66298.jpg

       雪が積もると着たくなる蝋たたきの紬。
       厚地でほっこりと暖かく着易い。
       あられ模様の羽織を合わせて。
       吹き抜けのシャンデリアは、この手のものでは
       (どの手のものなのか不明だが)最大だそうだ。

このところの雪と寒さは尋常ではない。
だから、金曜日の晩、時間に余裕を見て出発した。エイントホーフェンへは車で1時間の距離だ。
その日、北部および西部は大雪で、電車のダイヤは乱れに乱れ、高速もひどい渋滞だったようだ。
4時半にデルフト駅を出た長男が、マーストリヒト駅に着いたのは9時15分だったそうだ。
南部は、たいした雪ではなく、高速もスイスイと、エイントホーフェンに7時45分ごろ到着した。
しかし、毎週金曜日、エイントホーフェンの商店は午後9時まで営業するということを忘れていた。
(普段は、6時には店が閉まる)
クリスマス前だから、人出は普段よりも多い。エイントホーフェンに着いてから悪い予感がした。
フィリップス・ミュージックヘボーは、目抜き通りの大きなショッピング・モール内にあるのだ。
案の定、駐車場に入るまでが、大変な渋滞である。車の列は遅々として進まない。
そして、フィリップスは開始時間に厳しいのである。これは、アンスネスのリサイタルでも経験済み。
果たして、8時15分の開演に間に合わなかった。

c0188818_692672.jpg

           誰もいない2階のフォアイエは、
           ブルーの照明とパステルカラーの
           椅子が妙におしゃれだ。

間に合わなかった人が各階に10人くらいいた。
「23分後に最初の曲が終わりますから、それまでお待ちください」と、フォアイエの係員は
手馴れたものである。

一階も二階も、フォアイエが様変わりしている。夏に改装工事に入って10月に新装オープンした。
最後に来たのは3月のユンディのコンサートだから、この変化にはびっくり。
エキストリーム・メイクオヴァーと言っても過言ではない。いかにも80年代風だったインテリアはまるで
原型を留めていない。
絨毯も壁も天井もバーのカウンターも椅子も照明も全て新規一新で、大掛かりなイメチェンだ。
暇だから写真を撮りつつ見て歩いた。

c0188818_6205652.jpg

         階段踊り場コーナーは、ちょっと渋めの色。
         壁にはプロジェクション・ライティングを多用。

そうこうするうちに、「10分前ですから入り口で待機してください」と係員の声。
フォアイエとホールの間にある仕切られた空間に入れられる。ここにはホールからの音が漏れてくる。


Le Concert des Nations o.l.v. Jordi Savall@Muziekgebouw Eindhoven

Rameau - Orkestsuite uit Naïs (1748)
Rameau - Orkestsuite uit Les Indes Galantes (1735)
Rameau - Orkestsuite uit Zoroastre (1749)
Rameau - Orkestsuite uit Les Boréades (1764)

最初の「『ナイス』管弦組曲」は、だから、半分だけドアから漏れてくる音を聴いた。
『優雅なインドの国々』管弦組曲の始まる前に、ホールに入れてもらえた。

サヴァールは、もちろん指揮だけ。古楽系のオケ演奏家には、普通のオケ団員と比べて、通常
なんとも形容しがたいイナセな雰囲気が漂うのだが、このル・コンセール・デ・ナションは、また少し
異なる印象。古式床しいというか、ヴィジュアルの印象が音楽にぴったりなのだ。いや、別に18世紀
の服装をしているわけではない。しかし、なんとも雅なのである。

なぜだろう、と考えるに、まず、指揮者のサヴァールおよび団員の性別および年齢によるのが第一
の理由ではないかと思えた。
男性対女性の割合は、数えると7対1である。平均年齢は不明だが、あまり若くなさそうだ。
オケ団員の国籍はわからないが、ラテン系が多いような気がする。(調べたら、その通りだった)
それら全てが、北方の古楽アンサンブルとはヴィジュアル的に異なる印象を与えるのだ。

それでは、音のほうはどうだろう。
これが、耳にとろけるような感触で、とんがったところが全くない。ラモーのギャラントな雰囲気を
表現するには最上の音だと思えた。
このホールは、内装に木材を多用しているせいか、かなりデッドでモダンな音響である。古楽には
不向きだ。ここでこんなに優雅な音を聴いたのは初めてだ。その心地よさに浸ると、ポンパドール夫人か
マリー・アントワネットになったような気分である。ここはヴェルサイユか。


c0188818_6552662.jpg

        休憩のドリンクはチケット代金込み。
        精神安定上にも混雑緩和にもいい。
        天井は、パネルを隠すように別のパネルを
        重ね、ブルーの照明がアトランダムに点滅。

トレンディなインテリアが美しく、ゆったりした椅子のコーナーも沢山あり、ドリンクはフリー。
こんなに優雅な気分に浸れる休憩はなかなかあるものではない。さすが、フィリップスだ。
コンサートに出かけるのは、非日常の空間、音楽と共に身をゆだねるという楽しみも大きい。
そうでなかったら、家でCD聴いてればいいんだから。そういう意味で、ここはプログラムもホールも
フォアイエも至れり尽くせり。

c0188818_75647.jpg

        ラブ・チェアみたいなのもいくつかある。
        音楽専門ホールだが、クラシックだけに限らない
        せいなのか、トレンディなインテリア。


夢見心地のうちに後半のプログラムも進んだ。
全く無理や衒いのない指揮と演奏で、ナマの音楽の愉しさが満喫できた。
そして、主人が周りを見渡しながら言った。
「何でここに2年連続で招待されたかわかった」
「なんで?」
「年齢を正直に書いたんだろう」
すなわち、会場を見渡すに、もしかしたらわたしたちが一番若いかも、と思えるのだった。
ほとんど会場全部が白髪で光っている。主人は年齢の割りに白髪がないので若く見える。
サヴァールと同年輩か、平均年齢60歳以上であることは確かな聴衆は、雅な音楽にノリに乗った。
ブラヴォーの声が飛ぶ。
そこでアンコールは2曲。最初はテンペストの効果音が入る曲。
老年のアイドル、サヴァールの面目躍如というべきか、2曲目では聴衆に手拍子の参加を要請した。
それに応えて、手拍子し熱狂しまくる人々。これで立ち上がって踊りだす人も出たら、まるでアンドレ・
リューのコンサートのノリではないか。
これが、サヴァールは古楽界のリューなのか、と思ってしまった所以である(<ーごめんなさい)


           昨年ロッテルダムでのコンサート。
           同じアンコールと手拍子。
[PR]
by didoregina | 2010-12-19 23:32 | コンサート | Comments(8)
Commented by アルチーナ at 2010-12-20 09:37 x
ああ~(笑)本当に古楽界のリューですね♪
ラモーだったら踊れそうですし・・でも踊りだす人はいないんですよね。
オケのメンバーは踊ってますけれど。

フォアイエはもの凄くモダンですね!
壁に浮き上がっている文字が気になりますけれど、
中に照明が仕込んであるんですよね?それともプロジェクターみたいなので照射しているのかしら?

Commented by REIKO at 2010-12-20 12:35 x
うお~~~!超モダンなフォアイエですね。
でも和服は、こういうところでもバッチリ似合いますよね♪
踊り場コーナーは、現代風演出のオペラの舞台みたいです。(笑)
手拍子は・・・一瞬「三三七拍子」か!?と思いましたが、さすがにそうではないですね。
Commented by レイネ at 2010-12-20 18:43 x
アルチーナさま、古楽界のリューだなんて書いたら、四方から槍が飛んできそうですが、動画見れば納得でしょ。聴衆は、皆さん非常に満足の様子で、手拍子のリズムを口ずさみながら会場を出る人も。

天井のパネルからは青い光が移動しながら点滅し、壁には文字が照射されてました。特に壁のプロジェクションが面白い。踊り場の上には、今シーズン登場のアーチスト写真が次々と現れ、各階の各入り口(複雑な座席構成なので入り口が多い)には、番号が大きく照射されてるんです。あと何分で始まるとかの情報も。壁に照射なので、フラットでインテリア感覚で邪魔にならないのがいいんです。
内装替えただけなのに、全く別のホールに生まれ変わったみたいでした。
Commented by sarahoctavian at 2010-12-20 18:45 x
ポップでカラフルで軽やかな内装~。ソファや椅子テーブルがミニチュア家具みたいに見えます。公共施設(しかも真っ先に文化施設)が予算切り詰めのとばっちりを受ける昨今、経済界のパトロンとしての役割は重要ですよね。でも、王侯貴族のサロン的に、ふと気がつくと芸術が再び限られた層のためのものになったりして・・・?などと思ってしまいました。
Commented by レイネ at 2010-12-20 18:49 x
REIKOさま、インテリアだけでもなんだかリッチな気分になれて、お得感が倍増でした。着物着ていった甲斐がありました。
改装の杮落とし(?)コンサートには、ケルメス姐も登場したようです。お楽しみコンサートということで出演アーチストは秘密だったのに、チケットは早くから売り切れ。ケルメス姐のサイトで知ってたわたしは、行きたかったのに。。。

この手拍子は、日本人にはどうもノリが悪いリズムに感じられました。やはり、暮の〆は三三七拍子でないとね。
Commented by レイネ at 2010-12-20 19:16 x
sarahoctavianさま、文化関連への予算削減を新内閣は打ち出し、2011年1月からコンサート・チケットへの消費税が6%から19%になるんです。それで、今年中に買い込むようにと各ホールは躍起になって宣伝してます。
ここはさすがフィリップスのお膝元なので、アーチストは超一流でお値段は控えめ。内田光子さんでも最高席30ユーロ以下。ランランだけ高いけど。
そういえば、フォアイエの照明がやたらと凝ってるのも、フィリップス製品なんだわ、きっと。

アムスのコンセルトヘボーは、ドイツ銀行が大手スポンサーになって大量に資金導入という、久しぶりに未来展望の明るいニュース。
Commented by Mev at 2010-12-20 23:20 x
そっか、手拍子に乗ってくれる年齢じゃないとご招待とはいかないってことですね。 若い人だと気取っちゃって乗ってくれないのかも。 コンセルトヘボウはパトロンを得られたのですね。よかったよかった。 でも、フィリップスは世界的大企業ですから、そこが抱えてくれているとなればアイントホーフェンも安泰。

ところで、今日は職場の忘年会だったのですが、〆は一本締めでした。
Commented by レイネ at 2010-12-21 08:06 x
Mevさま、わたしは別の意味にとったんですけどね。若いから珍しがられて招待されたんじゃないかと。だって、会場を見渡す限り、本当にわたしたちが一番若そうに見えたのよ。
ドイツ銀行は、ABNアムロ再建の肩代わりに顧客を4分の1もらえた勘定ですから、オランダ金融界への大規模参入の見返りに、文化面でハイクオリティの楽団に投資しようというわけらしいです。ベルリン・フィルもドイツ銀行がパトロンになってるので、同じような路線を今後はコンヘボも歩むようです。まずは、ありがたいことですね。

サヴァールもポピュラー路線の人だとは。。。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧