エマニュエル・アックスのピアノ・リサイタル

BravaTVにはオペラ放送で毎度お世話になっている。しかし、それだけではない。
ニュースレター会員登録してあるので、2週間に一度ほどメルマガが届く。
こういう文化系商業メルマガには、コンサート・チケットやCDが当たるというクイズや懸賞が必ず
あるので、これはと思うものには応募している。そして、またも当選してしまったのである。
エマニュエル・アックスのリサイタル・チケット2枚が。

アックスは、来週コンセルトヘボウでハイティンクとブラームス・プログラムを3日間行うのだが、
それらは全てソールド・アウトである。アムステルダムまでは遠いのでマチネしか狙えない。
いくらタダ券をもらっても、泊りがけになってしまっては大変だから、そういう懸賞があっても
応募しない。
しかし、今回のは、うちからすぐ近くのヘーレン市民会館でのリサイタルで、懸賞のお知らせが
来たのはコンサートの2日前だ。チケットの売れ行きがよくないんだな、しかも田舎だから
応募する人も少ないだろう、と思った通り、翌日、当選のお知らせメールが届いた。
次男といっしょにでかけた。

市民会館のカフェには、ピアノをペーターに習っているカリンとクリスも来ていた。
音楽学校の先生お勧めだったので、顔見知りの生徒もいるかと思ったが、見当たらない。

アックスは6,7年前にユトレヒトまで聴きに行ったので、今回はパスするつもりだった。
というのは、あまりに地味な演奏だったので、嫌いじゃないが、また聴きたいとは特に思わなかった
のだ。
前回は、ショパンを中心にしたプログラムだったと思う。そして、アンコールはドビュッシーだった
ように記憶している。

今回は、シューベルトとショパンである。
予定では、前半がシューベルトのソナタD960で、後半がショパンというプログラムで、いきなり最初に
重いものを持ってくるというのが意表を突いていて、この人は、失敗を恐れて先に難しいのを終えたい
んだろうかといぶかった。
しかも、なかなか会場に入れてくれない。ぎりぎりまで練習してるんだろうか、とさらに疑問が湧いた。

舞台に登場したアックスは、椅子に座る前に、「今晩は、予定していた曲順を入れ替えて、前半に
ショパン、後半にシューベルトといたしますが、よろしいでしょうか」と聞くなり、有無を言わさずに
ショパンから弾き始めた。
なあんだ、よかった、とこちらもほっとして演奏に臨むことができた。

Emanuel Ax ピアノ・リサイタル@ Theater Heerlen 2010年12月11日

Frederic Francois Chopin (1818 - 1849)
Barcarolle in Fis opus 60
3 Mazurkas opus 59
no. 1 in A minor: Moderato
no. 2 in A flat: Allegretto
no. 3 in F sharp minor : Vivace
2 Nocrurnes opus 27
no. 1 in cis-moll: Larghetto
no. 2 in Des-dur: Lento sostenuto
Scherzo no. 2 in bes opus 31


Franz Schubert (1797 - 1828)
Sonata no. 21 in Bes D 960
Molto moderato
Andante sostenuto
Scherzo: Allegro vivace e con delicatezza
Allegro, ma non tropo

ショパンの優しい曲から始めて、肩のこらないマズルカとノクターンをいくつかの後、ドラマチックな
スケルツオという、無理のない展開だ。
この人のピアノ演奏には、総じて無理がない、と言いきることが出来る。生真面目な、四角四面の
ショパンという感じだ。
リズムを揺らしすぎたり、大仰に悲壮感を漂わせたり、音に酔ったふりをしたり、恍惚感を表情に出した
りは絶対にしないのだ。

今回初めて知って意外だったのは、彼はポーランド生まれで10歳までそこで育ったということだ。
以下の動画も、ちょっとありえないような場所で演奏していて、びっくり。



   寒々としたアウシュビッツでの演奏は、淡々として文字通りデッドな響き。
   特に、二曲目のワルツは、まるで鎮魂歌のよう。このワルツには華やかな
   舞踏的雰囲気はもともとないのだが、ここまで寂しさを出した演奏も珍しい。


休憩後に、シューベルトの大曲ソナタだ。
このソナタは、わたしが一番好きなシューベルトの曲だが、アックスが演奏すると、これまた枯淡の
響きで、非常にドライである。とにかくテンポを揺らすのが嫌いみたいで、きちんきちんと弾くから、
まるで小節ごとの線が見えるような気がしてくる。
ダイナミックの振幅も弱音に偏り勝ちで、クレッシェンドの道のりもフォルテもごく短い。
ヘタな小細工を弄して聴衆を手玉に取ったり乗せるのは照れくさいし苦手、という印象だ。
まるで、モーツアルトの曲のように聞こえるシューベルトであった。
ここまで、ドラマチックな盛り上がりを意識的に避けたかのような演奏も珍しい。

モーツアルトから受け継がれたものが、シューベルト、ショパンへと続いた流れがあるのは事実だが。
それを、これほど明白に表わされたので、かえってびっくりした。

アンコールは、シューベルトの即興曲D899 Opus90 の第3番だった。これも好きな曲だ。
重いソナタの後で、こういう優しさの漂う小品はほっとできて非常にいいのだが、この段になってようやく
演奏に乗ってきたのか、ソナタの続きみたいな、暗さを強調した重厚な響きになっていたのには、
驚かされた。最後にアンコールで観客を乗せちゃえ、という気になったようだ。
正統な路線を突き進むと、かえって意外性が発見できるというパラドックス。普通のオジサンっぽい外
見にそぐわず、その演奏と解釈は一筋縄ではいかない、アックスであった。

   
[PR]
by didoregina | 2010-12-13 01:08 | コンサート | Comments(6)
Commented by アルチーナ at 2010-12-13 11:10 x
くじ運が強いですね!!羨ましいです。
それから・・早くDNOの「西部の娘」見なければ!そちらでも、もうすぐ放送するんですよね。

>正統な路線を突き進むと、かえって意外性が発見できるというパラドックス。

演奏って本当に解釈によって知らなかった側面を浮かび上がらせてくれたりしますが、正統な路線を突き進むと・・というのも又、面白いですね。きっと一時期の古楽なんかもそうなんでしょうけれど・・・



Commented by レイネ at 2010-12-13 17:08 x
アルチーナさま、土日と2日続き、今日月曜は何もないんですが、火曜から金曜までコンサートの4連荘なんです。その6つのコンサートのうち、自前でチケット買ったのは2枚だけという。。。
『西部の娘』は、来週か再来週TV放映予定なので、一年越しの念願が叶います。

アックスのリサイタル、華やかさは微塵もなかったけど、年の功と誠実さで押していった、という感じの演奏でした。本当に正統的に。
Commented by Mev at 2010-12-13 19:48 x
この動画、圧倒されました。テロップもオフィシエンチムと、ポーランド語読みになってましたね。 ほんとにレクイエムのようなワルツでした。 

頑固そうな顔立ちなのに、指先が柔らかで優しそうなピアニストですね。
Commented by レイネ at 2010-12-13 20:29 x
Mevさま、ヘーレンの市民会館のホムペ(!)でこの動画を見たときにはびっくりしました。
アックスのリサイタルは、今回も、その場にいる聴衆のためというよりは、ピアニストが自分の心中にいる人を相手に弾いて聞かせているような感じでした。表現は内面に向かい、外部とは隔絶してるような。
関係ないけど、奥さんは日本人。
Commented by REIKO at 2010-12-14 22:03 x
レイネさん、すごくラッキーでしたね♪
シューベルトの21番は、私も好きなアレだと思うんですけど(たぶん・・・番号覚えるのが苦手で)、彼のソナタで一番良く演奏される曲ですよね。
長いですが、大きな出汁昆布を丸ごとグチグチ噛んでいると、だんだん味が出てくるみたいな曲です。
(どうして食べ物にしか例えられないのか、私は・・・)
アンコールにもシューベルト、というのはいいですね。
ここで再びショパンをやったらダメですよ、今弾いたシューベルトの世界が台無しになってしまうので。
Commented by レイネ at 2010-12-15 01:42 x
REIKOさま、そう、例のアレです。第一楽章のテーマがしつっこく、じわじわした味わいのあるヤツ。低音のどろどろした重い感じと、天上から降ってくるようなきらきらした高音との対比が、苦悩と希望が交差してるみたいで好き。

このアンコール曲も効きました。誰でも聞き覚えがあるってタイプの曲なので、隣に座ってたオヤジは奥さんに、「ベートーベンの月光ソナタだよ」などととんでもない解説してて、イントロあてクイズなら、ブーだわ。本当の曲名を教えるべきか悩みましたが、やめときました。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧