グノーの『ロメオとジュリエット』@DNOのTV放映

今年10月にアムステルダムのミユージック・テアターで上演されたプロダクションが、12月に入って
すぐTV放映された。毎年12月はオペラ月間として、毎週日曜日に4回連続でDNO特集が組まれる。
来週は『さまよえるオランダ人』、その後はエファ=マリア・ウエストブルックが出演した『トロイの人々』
と『西部の娘』!

c0188818_17332153.jpgRoméo et Juliette
Charles Gounod 1818 1893
muzikale leiding  Marc Minkowski
regie   Olivier Py
decor en kostuums   Pierre-André Weitz
licht   Bertrand Killy
choreografie   Wissam Arbache

Juliette   Lyubov Petrova
Stéphano   Cora Burggraaf
Gertrude   Doris Lamprecht
Roméo  Ismael Jordi
Tybalt   Sébastien Droy
Benvolio   Jean-Léon Klostermann
Mercutio   Henk Neven
Paris   Maarten Koningsberger
Frère Laurent   Nicolas Testé
Grégorio   Mattijs van de Woerd
Capulet   Philippe Rouillon
Le Duc/Frère Jean   Christophe Fel
Manuela   Oleksandra Lenyshyn
Pepita   Maartje de Lint
Angelo   John van Halteren

orkest   Residentie Orkest
koor   Koor van De Nederlandse Opera

多分DVDになるんだろう、そのためか、本編が始まる前の出演者、演出家、指揮者への
インタビューを含めたメイキング部分が長い。ゆうに30分以上はあった。
演出家のピィによると、舞台を紛争中のボスニアに移して、死が日常であるという異常事態下での
愛を描いたという。彼の考えでは、芸術とは死への意識を喚起させるものでなくてはならない。
それがないものは芸術とはいえない、無理に名づけるならお菓子とでも呼ぶしかない、
死をいかに完結させるか、そして愛と死をいかに両立させるかが人の生き方の根本である、という。
そういう考えに導かれたのは、エイズが完治不能の難病・奇病として登場した頃かららしい。
18か19歳だったピィは、エイズの脅威に戦々恐々となるよりは愛をとりたい、愛のない人生なら
死んだほうがましだ、という若者らしい刹那的な愛と死生観に取り付かれた。
この作品の主人公たちも一目ぼれして即結ばれる。そして死に急ぐ。この切羽詰った感覚をわかり
やすく提示するためにボスニアを舞台に設定したそうだ。

c0188818_17594045.jpg

    序曲の後、合唱団がロメオとジュリエットの悲劇の結末を歌うプロローグ。
    状況説明を最初にはっきりと行い、二人の死の理由や原因を糾弾するような
    エピローグはなく、比較的オープンなエンディングに説明はつかない。
    棺の中からロメオとジュリエットが起き上がり、実際の劇が始まる。

c0188818_1872736.jpg

    荒廃した戦地のボスニアで、人々は刹那的享楽に耽る。
    ジュリエットの父親がそれを体現して、最初登場したときはバットマンの
    ジョーカーそっくりのメイクアップだった。
    仮装パーティでのロメオは、死の天使の扮装。なかなかのイケメン。
    ジュリエットはマリリン・モンロー風衣装。その後、鬘とドレスを脱ぎ
    捨てて本来の清純なジュリエットに戻った。

主役二人は、役柄に似合ったルックスと声だ。特にロメオ役のスペイン人テノール、イスマエル・
ホルディは甘く細く高い声がいかにも若いロメオ。
ジュリエット役のペトロバは、まあ普通に上手い歌唱だが、歌声はあまり印象に残らない。

歌手にはかなり高度な演技力が要求されたようで、演技はすごくリアル。まるで映画かミュージカル
みたいだった。長いし誰でも知ってるストーリーだから、長丁場を飽きずに見させるための工夫だろう。

期待のオランダ人バリトン、ヘンク・ネーフェンのメルキューシオは、ルックスが若い頃のニコラス・
ケイジに似てるだけでなく、迫真の演技も上手かった。若者らしい甘さと苦さが入り混じった歌声は
貴重な存在だ。

舞台装置は、アムステルダム歌劇場で可能なテクニカル・インフラを全部使いました、ともいうべき
もの。ステージは上下昇降のみならず、左右にも分かれたり、回転したり。また、本物の犬も登場
させ、リアリティ再現には惜しみない。

c0188818_18252384.jpg

      クスリでラリッているジュリエット。
      麻薬の過剰服用での仮死というわけだ。
      ロメオも仮装パーティに行く前に、気つけ薬代わりの
      ヤクを打っていた。

全体にやりすぎ、という感じは受けない、筋が通っている演出であった。
ロメオとジュリエットが一目ぼれしたり愛を歌う場面での、壁の落書きはCARPE DIEMで
非常時での刹那的愛を表現。
そして、小姓ステファーノは、それだけでは問屋が卸さないことを悟らせるため、壁に
NO FUTUREと落書きする。ステファーノ役は、キュートなコーラちゃん。小姓にぴったりの
ルックスと声。ショートへアに迷彩服が似合ってた。

c0188818_18342736.jpg

      ステファーノらが処刑される場面では、落書きの文句がオランダ語で
      「星の責任」。これだけでは、外国人には意味をなさず、オランダ語が
      読めても、演出家のインタビューを見てないとなんのことやらわからない。

演出家ピィは、運命論者のようである。死と並んで、この演出のもう一つのテーマは星のさだめ
とでも呼ぶべきものであった。運命は星が定めるものであり、人はそれから逃れられないという
考えが基本にある。インタビューでも盛んに、星という単語を連呼していた。

しかし、なんでボスニアにいきなりオランダ語の落書きが出てくるんだ、というツッコミがあっても
おかしくない。そこに、深遠なる考えをめぐらせると、オランダ現代史に暗い影を投げかけている
ボスニアでのオランダ平和軍駐屯下に起こった、セルビア人によるモスリム系ボスニア人大量殺戮
事件に、強引に結びつけることは可能である。そこまで、演出家の意図があるのかどうかは、別
にしても。

ロメオとジュリエットが運命に縛られていることを、ごく具体的に示した小道具として手首に結んだ
ロープがある。運命から逃れられないということを象徴するには明らか過ぎて、これには賛否両論
があるが、わたしは、悪くない、と思った。時に手首からロープを外して、十字架の墓に掛けたりする
のも暗示的で。
一番迫力があったのは、ヴェローナから追放されたロメオが、舞台から客席の中央通路を
駆け抜けて行くシーンだ。その時もロープは手首に結ばれたままで、疾走する姿と張りつめられた
ロープとが緊迫感を表現して圧巻だった。
駆け抜けるロメオ、で青春を象徴させたのは、1974年に蜷川幸雄も使った手法である。


アムステルダム歌劇場には、専属オケがいない。演目に応じて、コンセルトヘボーや、ロッテルダム・
フィルや古楽アンサンブルなどがそれぞれに合った指揮者と共に演奏する。
今回のオケは、デン・ハーグのレジデンシー・オーケストラ(日本名ハーグ・フィル?)で、指揮は
ミンコフスキーだった。レジデンシーはオランダの中では一流とは言えないオケだが、TVで聴く限り
甘美な音を出していた。
      





    
[PR]
by didoregina | 2010-12-08 10:57 | オペラ映像 | Comments(6)
Commented by straycat at 2010-12-09 22:45 x
レイネさん
レポート興味深く読ませていただきました。
随分大胆な読み替えですね。
私はグノーの「ロミオとジュリエット」はMETライブビューイングでアラーニャとネト子ちゃんのを見たことがあるんですが、予習なしで音楽が頭に入ってなかったせいか、確かにちょっと長く感じました。正統派すぎるほどの演出だったので、よほど歌手の実力がないと持たないとも感じましたが、アラーニャは高音がつまった感じで正直ピークは過ぎている感じ。ネト子ちゃんの溌剌とした歌唱と絶大な美貌が救いでしたが、これは演出の意味を考えてるだけでも飽きなさそう(笑)
圧倒的な歌手の声とテクニックを聴くか、演出で納得するか、楽しみ方は多様ですね。
Commented by レイネ at 2010-12-10 00:52 x
straycatさま、まるでTV放映を念頭に置いたような、現代的なエンタメ演出のオペラ・プロダクションでした。
ネト子ちゃんがジュリエットだったオペラといえば、昨年RHOでベッリーニの『モンテージュ家とカピュレット家』を鑑賞しました。非常に古典的な舞台でしたが、オペラの構成に無駄がないせいか、歌手陣の上手さ(ロメオはガランチャ!)のためか、長さを感じませんでした。グノーのこのオペラはかなり長くて、よっぽど歌手か演出でぐいぐいひっぱってかないと退屈してしてしまうだろうな、と思いました。
ロメオは、やはり溌剌さが声に出る若いテノールかメゾに歌ってもらいたいですね。。。
Commented by alice at 2010-12-10 19:42 x
レイネさん  背景がボスニアとはまったく予想がつきませんでした。ニューヨークとテロ戦争のミックスかな?と思っていましたが・・・全然当たらないのは、やはり恥ずかしい(汗)

オペラ仲間にピィにかなり傾倒されている方がいることもあって、私は観る前から腰が引けて(笑)おりました。黒い翼は死の天使というのは納得です。

実舞台を観た後のDVDはあまり気が乗らないほうですが、これは難解な演出なのでもう一度じっくり観たほうが良さそうですね。
Commented by レイネ at 2010-12-10 20:04 x
aliceさま、実際の舞台をご覧になって、違う印象を持たれたでしょうね。
ボスニアが舞台だとは、演出家が事前に状況説明してくれなかったらわからなかったと思います。このインタビューがけっこう長くて、観る前に演出の意図などを刷り込まれてしまいました。ミンコのインタビュー内容は印象に残らず、忘れてしまいました。。。ごめんなさい。

これがDVDになって発売されるかどうかはまだわかりません。売れなそうなのでTV放映だけかも。でも、トータルによく出来てるプロダクションだと思いました。
Commented by hbrmrs at 2010-12-13 22:13 x
レイネさま
こんにちは。当方のブログでも大変お世話になっております。

いやそれにしても、刺激的で面白そうなロメ・ジュリです。みたいっ!DVDになってほしい、輸入盤でいいから日本で発売してほしいです。

西部の娘が放送されるのですね!
演出的には若干「??」の部分がありますが・・・。主役の3人は好演でした。

「今、欧州は大寒波」だとこちらのニュースでやっているのですが、オランダはいかがですか?
Commented by レイネ at 2010-12-14 01:04 x
hbrmrsさま、いらっしゃいませ。
この『ロメ・ジュリ』、DVD発売されるかどうかはわかりませんが、日本でもいつかTV放映されるかもしれませんね。
昨日の、『さまよえるオランダ人』TV放映はパスしました。でも、『西部の娘』は、今度こそ絶対に見逃さないようにします。ウエストブルック主演の新作オペラ@ROHにも興味津津。その頃遠征されるんでしたっけ?

雪は一旦全部融けたんですが、寒さがまたぶり返してきました。今日は最高温度がマイナス2度くらいで、これからまた油断なりません。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧