『イドメネオ』@ザルツブルク2006年

Bravaでは、マイナーなものから順当にザルツブルク2006年版のモーツアルト・オペラを放映
してくれている。
今回の『イドメネオ』では、なんといってもマグダレーナ・コジェナーのイダマンテに注目だ。

c0188818_19345243.jpg
Ramón Vargas (Idomeneo),
Magdalena Kozená (Idamante),
Ekaterina Siurina (Ilia),
Anja Harteros (Elettra),
Jeffrey Francis (Arbace),
Robin Leggate (Gran Sacerdote),
Günther Groissböck (La Voce)
Andreas Schlager (Neptune)

Camerata Salzburg & Salzburger Bachchor,
Sir Roger Norrington
Stage directors: Ursel Herrmann, Karl-Ernst Herrmann



演出と舞台造形・照明・衣装はヘルマン夫妻担当で、この二人が手がけたDNOとモネ共同プロの
『ジュリオ・チェーザレ』と、視覚的に非常に似た印象だ。

c0188818_19422718.jpg

    『イドメネオ』の舞台構造は、オケ・ピットを取り囲む枠のように前方に
    張り出した部分と、通常の舞台に傾斜をつけた後方部分とで成り、
    水平面で奥行きを出している。背面は紙のスクリーン。

c0188818_19464873.jpg

    『ジュリオ・チェーザレ』でも、オケ・ピットの上に花道のように張り出した形で、
    後方の舞台上にビニールで出来た葦が幾何学的に茂るという装置のみで
    シンプルの極み。


『イドメネオ』は、今年3月にモネでマレーナ様がイダマンテ役だった舞台を鑑賞したので、
どうしても比較してしまうことになる。

このオペラは序曲が長いのだが、ザルツブルク版では、のっけからネプチューンと思われる
人物を登場させる。青緑色の服を着て体に貝を貼り付けた目つきの悪い男が、のっそりと舞台を
動き回るのみで、少々退屈。しかも、ネプチューンを具体的に人物として出すというのは、どうも
マンガチックというか単純過ぎるような気がする。しかも、このネプチューンは、イドメネオに影の
ように付きまとい、もう本当に邪魔、と思える場面が沢山あった。

モネでは、序曲の間、後方の大スクリーンに、トロイ出征前のイドメネオと幼いイダマンテのホーム・
ヴィデオおよび軍用機が棺を下ろす場面などCNNみたいな戦争のニュース映像を映していた。
こちらのほうが、状況・バックグラウンド説明としては上手い処理方法だと思う。
そして、ネプチューンは視覚化されず、無差別テロという形で出てくるのも、理不尽な神の怒りの
表現としては秀逸だった。


c0188818_2054743.jpg

      photo by Bernd Uhlig
      王として父親として苦悩するイドメネオを、ラモン・ヴァルガスが好演。
      久しぶりに馬鹿王でなく、誠実な王が登場するオペラである。
      ヴァルガスは典型的なテノール体型だが、役どころにぴったりの
      声と堂々とした演技。内面の葛藤を顔の表情でよく表わしていた。

c0188818_20103814.jpg

photo by Bernd Uhlig
      期待のコジェナーだが、赤毛のショートヘアに白いコスチュームが
      長身に映えているが、かなり癇の強い青年という風の表情と、姿勢が
      よくないのが残念。
      イリア役は、丸ぽちゃ体型が可憐な役柄には合ってるが、体型の欠点を
      全部出してしまう衣装で損してる。歌唱は、まあ普通。
      ラストまで初々しい恋人同士、という絡み。しかも、大人になりきれない二人
      みたいな含みで面白い。そういう人物像が現代的である。

c0188818_20154234.jpg

photo by Bernd Uhlig
      印象的なアリアがあって得なエレットラ役は、アニア・ハルテロス。
      身長が高くて小顔という抜群のプロポーション。しかもルックスが
      クラシックなギリシャ顔でノーブル。バロック・オペラの女神やローマ
      貴族の妻役などにぴったり。
      真紅のドレスもお似合い。スピントの声も歌唱も文句なし。
      邪悪な形相も上手いから、魔女も適役なはず。

c0188818_20223218.jpg

photo by Bernd Uhlig
      マレーナ様と比べてしまうから、総合点では損するコジェナー。
      この役は音域が高いためCTでは無理でメゾでしか歌えない、と
      マレーナ様がインタビューで語っていたが、メゾにとってもかなり高音だ。
      高音を張り上げさせないで歌って、若い王子の苦悩を表現したいという
      意図がモーツアルトの音楽にはあると思うが、どうしても人物像が弱弱しい
      印象になってしまうのは否めない。
      頼りない書生風の風采のコジェナーだと、特に表情で同情を誘うことが
      できないのであった。

しかし、コジェナーの歌唱のほうが、モネの舞台では少々精彩を欠いていたマレーナ様より
上だと認めざるを得ない。というか、コジェナーのズボン役はビジュアルではマレーナ様の足元
にも及ばないが、歌唱による感情表現の多彩さはさすがである。
今までは、コジェナーの女性らしさや大人っぽさが出ている曲が多いCDのほうが好きで、去年
発売されたヴィヴァルディCDは、イマイチ好きになれなかったのだが、聴き直そうという気になった。
そして、聴き直してみると、男性役のアリアなどにイダマンテの歌唱に通じるところが見出されて、
結構いいなあ、と思えてきたのだった。
5月にはアムステルダムで『薔薇の騎士』オクタヴィアン役を歌うから、この人のズボン役を
実際の舞台で見て聴いてみたい、と期待が一層高まる。

演出としては、ネプチューンを登場させるのは気に入らないが、それ以外はシンプルでモダンな
幻想風でもあり、音楽の邪魔にならない。
このオペラでは合唱が大活躍する。それが、TVだと全然迫力が伝わってこない。実際のモネの
舞台では、合唱の美しさにも感心させられたので、ないものねだりかもしれないが残念。

モーツアルトのオペラは、シェークスピア喜劇と共通点が多いように思えるブッファが好きだった。
というより、上演されるのは、ダ・ポンテ3部作ばかりで、それ以外の、セリアなんて、なかなか
鑑賞する機会がなかったのだ。それが、ここにきて、Bravaではセリアやマイナーものもいろいろ
放映するので、モーツアルト再発見の毎日だ。
      
[PR]
by didoregina | 2010-12-02 12:54 | オペラ映像 | Comments(8)
Commented by sarahoctavian at 2010-12-02 21:44 x
コジェナーのメランコリックな雰囲気は独特で、それは東欧の血のせいだと勝手な偏見(笑)。私はヘンデルアリア集しか持ってませんが、ブラヴォーアリアの息を呑む超絶技巧も凄いしメラメラと暗い燃える情念とか上手いなと感心・愛聴しております。でも・・そうそうそうなの、彼女って姿勢悪いですよね。スラッとスタイルも良いんだからさぞかしズボン役はカッコイイだろうと思いきや。損してる、ホントに。このイドメネオは(またしても)Youtubeでしか見てませんが、ハルテロス嬢の存在感が一番印象的。彼女、ギリシャ・ドイツのハーフだけあって体格ドイツ的&古代ギリシャの彫刻みたいで舞台栄えしますね。
しかし、コジェナーのオクタビアンかぁ~いいな~ぜひご覧になってください!!その頃ミュンヘンではハルテロス・マーシャリンで薔薇の騎士なの。オクタビアンは誰だったっけ・・?チケット取れるといいけれど。
Commented by レイネ at 2010-12-02 22:05 x
sarahoctavianさま、そうなの、コジェナーの魅力はどこかメランコリックな雰囲気なのよ。暗く燃える情念は、彼女の歌うバッハでも感じます。

ハルテロスはドイツとギリシャのいいとこがルックスとスタイルにミックスされた稀な例ですね。彼女出演の『薔薇の騎士』もよさそうだわ。でも、やっぱり例の『アルチーナ』@ウィーンでしょうね、魅力が最大限に発揮されてるのは。
コジェナーのオクタヴィアンは、旦那のラトル指揮という黄金コンビだから『薔薇の騎士』@DNOのチケット・ゲット作戦、緻密に立てないとだめだわ。
Commented by sarahoctavian at 2010-12-03 00:38 x
そうか~ラトル・コジェナ夫妻競演ではチケットゲット至難の業かしら。。。
ウィーンのアルチーナってキーラナイトレー主演のThe Duchessをパクッた演出だそうですね。彼女のサロンで彼女が主役を引き受けてあるチーナを上演する・・今からDVDが楽しみ!
Commented by レイネ at 2010-12-03 03:00 x
sarahoctavianさま、DNOの『薔薇の騎士』なんとしてでもチケットゲットしたいと思います!いつもゲットが難しいのはマチネ狙いだからで、平日でも何でもいいから、取っちゃいますわ。
ウィーンのアルチーナは、そういう面白い演出なのね!こうなると、DVDよりもやっぱりナマの舞台が見たいものです。どこかで再演しないかなあ。。。
Commented by Mev at 2010-12-03 14:03 x
なるほど、舞台のデザインがチェーザレと似ているというところでしたね。オケを囲む両側の花道という感じで面白いですね。
序曲の部分をどう生かすかというのは、ほんと、演出家の腕の見せどころの一つだと思うんです。ニュースフィルム風というのは面白かったでしょうね。 
薔薇の騎士、、、できれば見たいです!
Commented by レイネ at 2010-12-03 16:05 x
Mevさま、舞台デザインは、シンプルで効果的なのだとうれしくなります。でも冷たすぎる感じは嫌いなので、照明で上手く温かみを出したり幻想的にしてあるのが好き。
序曲部分で舞台に動きがない演出の場合、オケが見える位置なら指揮者を見て楽しむこともできますが。

『薔薇の騎士』は5月だから見にいけるんじゃない?
Commented by アルチーナ at 2010-12-04 11:34 x
結局、コレは2,3度、冒頭のネプチューンを見ただけでその先に進めず、ハードディスクも容量が一杯になってしまったので見ずに消してしまったんですよね・・頭を飛ばしてみてみればよかったです。

コジェナーは確かに頭を前に突き出したような立ち方で立ち姿が美しくないですよね・・演出家は注意しないのかしら?といっても、そう簡単に治るものではないのでしょうけれど・・

コジェナーとシェーファーはなんとなく、(歌じゃなくて)見た目が痛々しく感じる事が多いんですよね~~・・
Commented by レイネ at 2010-12-04 23:05 x
アルチーナさま、あのネプチューン登場は酷い演出でしたよね。あれさえ我慢できたら、そのほかはまあまあイケてるプロダクション。

やっぱり、コジェナーの立ち姿、バツですよね!身長が高いとどうしても猫背気味になりやすいのですが、姿勢が美しくないわ。
コジェナーもシェーファーも狐顔のせいか、やつれたような痛々しさが感じられるのにも同感です。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧