デン・ハーグで新発見

11月には毎週末、各大学のオープン・キャンパス・デイが開催される。
高2の次男といっしょに巡る大学の見学会も、今日の土曜日で3回目である。
マーストリヒト、アムステルダムに続いて、デン・ハーグに行ってきた。できたてほやほやの
LUC(Leiden University College)の見学だ。オランダ最古の大学であるライデン大学だが、
今年からデン・ハーグにユニヴァーシティ・カレッジを新設したのだ。

c0188818_6315663.jpg

        デン・ハーグのキャンパスは、町の中心地。
        大使館に囲まれた閑静な通り。国会にも程近い。

ユニヴァーシティ・カレッジとは、英米の大学教育に倣い、専門課程に特化しないで幅広い分野の
カリキュラムを揃え、国際的・少数精鋭・英語教育によるエリート養成を謳っている3年制の学部だ。
取得学位はB.A.もしくはB.Sc.
ユトレヒト、ミドルブルフ、マーストリヒト、アムステルダムに続いて、LUCはオランダで5つめ。
いずれも既存の国立大学の学部であり、大学入学資格試験を兼ねる高校卒業試験(VWO)
もしくはそれに相当するIBかAレベルが最低の入学基準であるので、アメリカの高校を卒業しただけ
では基準に満たない。その他、審査および選考はかなり厳しそうだ。
学部在学中に世界各国の協定大学に半年の留学、卒業後はオランダおよび英米の一流大学の
大学院に進むのが通例のようだ。

    
c0188818_6351263.jpg

         元法務省の建物。新省舎に移転したから、
         この建物は隣の国会2院の一部になったんだろうか。

オランダでは、日本語や英語で大学と一口にいうのとは、異なる高等教育制度になっているから、
説明を要する。学術研究を目的とするUniversiteit(WO)と、昔のイギリスのポリテクニックの
ように職業訓練を目的とするHogeschool(HBO)は、いまだに厳然と区別されていて、中学から
全然別の教育系統になっている。
WOに入学するためにはVWOという6年制の中・高で学び、卒業試験に合格しないと行けない。
WOは学部が3年制で、院が1年もしくは工学系は2年だが、医学・薬学はもっと長い。基本的に
マスター取得まで継続して勉強する。
HBOは、5年制のHAVOという中・高を修了すると入学が出来る。HBOは4年制でバチュラーを
取得し卒業する。
WOは全国で13大学しかなく、小学校からVWOに進学できるのは13%で、今年のVWO卒業
試験(大学入学資格試験)合格率は91%だった。
1999年のボローニャ宣言によって、ヨーロッパの高等教育制度(バチュラー・マスター・システム)
を統一化するボローニャ・プロセスが進められ、国によっては、高等教育機関は全部University
という名称になってしまっているかもしれないが、オランダではUniversiteitというのは、WOにのみ
冠することが許される名称である。(でも日本語では、UniversiteitもHBOも大学とするしかない)


c0188818_6422163.jpg

         キャンパスの裏手はシックなお店が並ぶ通り。
         紅茶専門店ベッチュマン&バートンの可愛い看板は
         紅茶の缶。パリが本店のこの紅茶屋は、なぜか
         日本ではほとんど名前が知られていないようだ。
         マリアージュ・フレールとかクスミは大人気で、
         お土産の定番になってるのに。
         オランダでは、おしゃれな喫茶店や高級レストラン
         では、このブランドの紅茶が定番。
         中国茶とセイロン・ティーにイチジク、ベルガモット、
         レモン、ロータス、ピタンガのフレイバーをつけ、
         色のアクセントに青いコーンフラワーが入ってる
         c'est une Belle Histoireという紅茶を買った。
         オリジナルの青い缶入り125グラム、6ユーロ50セント。
         (プロモーションで缶がついてきた!ラッキー)


c0188818_656121.jpg

         国会の手前の広場に立つ伊達男は、若きオラニエ公ウィレム1世。
         反対側の宮殿前に立つ騎馬像は、建国の父となってからの姿だが、
         こちらの若い時の銅像のほうが好きだ。
         1848年 ルイ・ロイエル(1793-1868)作。
         このロイエルという人、オランダ中の主だった人の記念像を作ってる。
         ダム広場の記念塔から、フォンデル公園のフォンデル、レンブラント
         広場のレンブラントにフリッシンゲンのミヒール・デ・ロイター像まで!
         先週行ったアントワープのグルン広場に立っていたルーベンス像と 
         雰囲気が似ている。制作年代がほぼ同じだからだ。
         ルーベンス像の作者はウィレム・ヘーフト(1805-1883)で、
         ロイエルと同じくベルギー人だ。へーフトは、リエージュ歌劇場前に
         立つグレトリの像も作ってる。
         これらは全て、わたしにとって新発見だ。
 
         
[PR]
by didoregina | 2010-11-27 23:16 | 旅行 | Comments(4)
Commented by Mev at 2010-11-28 13:30 x
こんどは次男さんの学校見学なのですね。
ハーグもきれいで、いいところですよねー。 森があるところがまた魅力。学校生活にはむいてますよね。 王宮があるだけでなく、アメリカンスクールやブリティッシュスクールもあって「豊かな」イメージ。

こちらは「もう入れるところならどこでもいいかも」というような気持ちになってしまいそうな、「センター試験まであと45日」。
Commented by レイネ at 2010-11-28 17:38 x
Mevさま、立地環境と建物の美しさ、学生や教師が作り上げる雰囲気などから、ライデン大学ユニヴァーシティ・カレッジのデン・ハーグ・キャンパスは、とっても気に入りました。しかし、ここは国際政治・法学に力を置く科目が多く、理系の次男には、サイエンス方面の科目が極少なくて魅力が乏しいのが難。まだ新設発足して2ヶ月だから今後の発展に期待してますが。

12月になると日本でも大学入試準備、最後の追い込みに入りますね。受験では実力を余すところなく発揮できるよう、親としてはかげでサポートするしかできませんね。
Commented by sarahoctavian at 2010-11-28 19:56 x
次男君は再来年アビトゥア(オランダでは何と言うんでしたっけ?)ですか?もうすでにオープンキャンパスデイに足を運ぶものなのね。デルフトといい、こんな恵まれた環境でお勉強できるなんて素晴らしいです。オランダの大学制度はドイツよりもさらに厳格な印象を持ちました・・。ドイツではギムナジウムのG8制度(従来の9年間教育では社会に出る年齢が他国に較べて高くなってしまうという理由)、大学のバチェラー制度への反対論が繰り広げられてますが、だからといって当事者たちはシステムに従わないわけにいかないし。。息子の学校はどうせ元々同じアビトゥア取得方法を許可されてないのでG9で通していますが。これからどう変化していくか、気になるところです。
それはそうとして・・・お茶屋さんのあるシックな通りを歩いてみたいとか言ってるのはワタクシ。お店の名前、チェックします。私が知らなかっただけで、ミュンヘンでももしかして然るべきところでは手に入るのかもしれない?
Commented by レイネ at 2010-11-29 04:01 x
sarahoctavianさま、アビトゥアに相当するのがVWO卒業試験です。長男の大学選び(学部選び)に難儀したので、次男のは早めに始めることにしたんです。
マーストリヒト大学は英語で授業を行う学科が多いので(オランダでは院になると英語ですが、学部では学科や科目によってはオランダ語)外国人学生、特にドイツ人が多いんです。経済とか国際ビジネスなんかの学科ではドイツ人学生が過半数を超えてる。EU国籍保持者だったら学費は同額だし、ドイツの大学は易しすぎて価値がないけど、ここだと内容的にも深いし、チャレンジだ、と言う学生に何人も会いました。一般的にドイツ人学生のほうが年が上だし、やる気満々で授業をリードしていくという感じ。

Betjeman&Bartonて名前がオランダっぽいのでオランダの紅茶屋だと昨日まで思ってました。創業は1919年でパリが本店。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧