『ルーチョ・シッラ』@ザルツブルクでは、カンジェミを追え!

c0188818_188927.jpg指揮:Tomas Netopil,
Chor des Teatro la Fenice Vene,
ルーチョ・シッラ:Roberto Sacca,
ジューニア:Annick Massis,
チェチーリオ:Monica Bacelli,
チンナ:Véronica Cangemi,
チェーリア:Julia Kleiter










『ルーチョ・シッラ』とは、独裁官スッラのことである。
モーツアルトによる古代ローマを舞台にしたオペラだから、『ポントの王ミトリダーテ』に続いて鑑賞
するのは、時代的流れにぴったり。Bravaの選択にも理由があるのだ。

このオペラにも、繰り返しの多いアリアやコロラチューラなどバロックの残り香が紛々とたちこめている。
しかし、イタリア系歌手の多いキャスト(コーラスも)だから、イタリア・オペラっぽさが感じられる
響きである。
シッラ役のテノール以外は、主要男性役のチェチーリオがメゾ、チンナがソプラノと女声で歌われ、
ジューニアとチェーリアは女性なのではソプラノだ。
登場人物の名前が似ているので、最初、人物の相関関係がわからないうちは混乱する。

c0188818_18262787.jpg

       photo by Clarchen Baus-Mattar & Matthias Baus
       シッラの政敵チンナ(カンジェミ)は、ローマから追放された
       チェチーリオの親友でシッラ打倒の旗頭。
               
冒頭からただならぬオーラを放つのは、チンナ役のカンジェミだ。
イタリア系アルゼンチン人だから、チェ・ゲバラとオランダの皇太子妃マキシマとを足して二で割った
ような情熱的なルックスで、歌声も力強いから、ソプラノなのに男性役であるという説得力も圧倒的。
チンナは、ジューニアに横恋慕するシッラによって追放されたチェチーリオを叱咤激励してなんとか
ローマに再び戻らせるよう画策を練る。
チェチーリオ役のバチェッリは、タメルラーノ役の時も感じたが、体格が貧弱なのと、おばさん顔なので
どうも迫力に欠ける。しかし、頼りない男という設定の今回の役柄には合っている。

c0188818_18412274.jpg

        photo by Clarchen Baus-Mattar & Matthias Baus
         シッラに監禁されてる人妻ジューニア(マッシス)と
        シッラの妹でチンナに惚れているチェーリア(クライター)

ジューニアは暴君に横恋慕される美貌の人妻なので、マッシスのしとやかな歌声も楚々として気品
あるルックスも役柄にぴったり。
ただ、この二人のソプラノの声質がとても似ているから、映像なしで聴いただけだったら、きっと
混乱しただろう。
チェーリア(クライター)の表情による演技が、なかなか含みを感じさせる進行となっている。
彼女は、ジューニアにチェチーリオのことをあきらめるよう、シッラから説得の役を申しつかっている。
優しそうなそぶりと歌で懐柔しようと躍起なのは、上手くいったら褒美にチンナとの結婚を約束された
からだ。

c0188818_18513245.jpg

        photo by Clarchen Baus-Mattar & Matthias Baus
        シッラ打倒に失敗して牢に繋がれるチェチーリオ(バチェッリ)
        とその妻ジューニア。女性のほうが堂々たるノミの夫婦である。

チェチーリオは、妻を救い出して再びローマで一緒に暮らしたいと願うだけの弱弱しい男である。
それに対して、影のようにつきまとう親友チンナのほうがずっと存在感が強い。
もう、チンナ(カンジェミ)が登場すると、目が釘付けになってしまう。
彼女の、語尾にアクセントを強く置く歌い方(楽譜上そういう指示になってるのか、役作りの工夫と
してのそういう歌い方なのかわからない)が大変力強くて凛々しい。とにかく信念の男であるという
押しの強さがよく表現できている。


        暴君に対する民衆蜂起を促すチンナのアリア

チンナがどれほど重要な役であるかを示す伏線のようなものは、冒頭から綿々と続いている。
以下の動画は、男性的で頼りがいのあるチンナに惚れているチェーリアのアリアなのだが、なぜか
チンナが大写しになる場面が多い。その動作と小道具に注目してもらいたい。



ラストシーンで、シッラは自らの非を認め、政敵(恋敵)に恩赦をほどこす。
それがオペラのエンディングとしては唐突で、モーツアルトがパトロンの王族・貴族におもねった結果
なんだろうと推測されているが、この演出では、すごくラディカルに辻褄を合わせてしまっている。
なんと、赦しはシッラ自らの意思からではなく、チンナの脅しによって読み上げさせられたもので、
しかも、最後にはシッラは殺され、チンナが権力を握るのだ。
この演出・解釈は、ストーリーの流れから見て、当然の帰結みたいに思え納得してしまう。
なるほど、それで、チンナが影の黒幕みたいな思わせぶりな演技と登場の仕方をしていたのだと、
最後にわかる仕掛けである。野心家チンナの一人勝ちという、ユルゲン・フリムによる解釈が痛快だ。
そんな重要な鍵を握る役のカンジェミの歌も演技も素晴らしかった。
[PR]
by didoregina | 2010-11-19 11:39 | オペラ映像 | Comments(0)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧