Birtwistle The Minotaur

c0188818_15425135.jpgBirtwistle - The Minotaur  (2008年)

The Minotaur: John Tomlinson,
Theseus: Johan Reuter,
Ariadne: Christine Rice,
Snake Priestess: Andrew Watts,
Hiereus: Philip Langridge,
Ker: Amanda Echalaz

Antonio Pappano The Royal Opera Chorus,
The Orchestra of the Royal Opera House

こういう現代もの・新作オペラのTV放映は、もちろんBravaである。


新作オペラには、興味津々だし、同時代人として立ち会うのが義務、とも感じるので、なるべく
見るようにしている。この作品は、初演当時BBCでも放映されたが、里帰り直後で時差ぼけのため
見れなかったのだ。

ギリシャ神話から題材をとり、登場人物も神話そのまま、という現代・新作オペラでは、5,6年くらい
前にモネ劇場とオランダのナショナル・レイス・オペラの共同プロだったThyesteというのを思い出す。

c0188818_1663749.jpg

        作曲家のヤン・ファン・フライメンは、オペラ上演の半年前に
        亡くなり、舞台を見ることがかなわなかった。

『ティエスト』は、教育的見地から、古典ギリシャ語を中学で習い始めた子供を連れて見に行った。
そして、オペラ実演初体験の子供たちを、少々びっくりさせてしまったのだった。
それは、不協和音ととんでもなく飛ぶ旋律とでできたヒステリックな音楽に、カニバリズムというタブーを
中心にした物語という、ギリシャ神話を現代に蘇らせるのに不可欠な要素で成り立っていたのだ。
子供たちは、結構面白がってはいたが。
オペラとしては、登場人物が多くて、その係累が複雑怪奇なので、主要人物の描写に深みがなく、
音楽の印象もヘンだったという以外はあとに残らない。はっきり言って、出来はイマイチだった。
新作を鑑賞して義務感を果たした、という程度の満足感しか得られなかった。


c0188818_1635574.jpg

          ミノタウロスの異父姉アリアドネは、サロメみたいに
          自己中心的で、それが魅力。

しかし、この『ミノタウルス』(と勝手に日本語題名を付ける)のほうは、『ティエスト』とは、かなり
異なるアプローチのオペラだった。
人間の哀しみ、欲望、絶望、希望などを大真面目に見せ聴かせる。スケールの大きなものだった。
そして、けっこう深い感動が得られたのだった。

その成功の要因を探して出してみよう。

ギリシャ神話や悲劇を題材にすると、ともすると背後関係・人間関係がややこしいので、説明的に
なりがちである。でも、説明的な部分(出生の秘密や事件の由来)を簡潔な英語の歌で語らせて、
神々のおもちゃにされる人間の存在の哀れをストレートにぶつけてくる、という作りのリブレットがとても
上手く出来ている。
そして、それに合わせた音楽も、めちゃくちゃ聴きにくいというものではなく、おどろおどろしさの程度も
R.シュトラウスに通じるくらいに抑えてある。ライト・モティーフというほどでもないが、底に流れる旋律に
『サロメ』を思わせるものがあった。

c0188818_16403018.jpg

         クレタ島に着いた、アテネからの生贄の男女。
         その中に王子テーセウスも加わっている。
         舞台装置は簡潔で、海や水平線、浜辺など単純な
         造形なのに、効果抜群。

人物造形も力強く、性格描写がはっきりしている。歌手も上手い。

ミノタウロスには、アステリオスという美しい響きの名前がちゃんとあることを初めて知った。
タイトルは、半牛半人の化け物であるといういわば蔑称のミノタウロスだが、オペラでは、皆、彼の
ことをちゃっと名前で呼ぶのだった。それが、まず感動に繋がる一つのラインをなす。
そう、ミノタウロスも、半人の部分で、考え、悩み、夢を見るのだ。
迷宮に閉じ込められ、生贄を嬲り殺すというケモノの部分の彼は、血に飢えた呪われた化け物だ。
しかし、夜になると、夢の中で人間としての苦悩を感じる。非人間と人間の間をさまよう姿が哀れだ。
夢には、鏡がうまく使われている。全身を映す大きな鏡の中に、テーセウスやアリアドネの幻影が
現れる。この舞台効果、物理的にすごくよく出来ている。

c0188818_1653589.jpg

         迷宮は、闘牛場もしくは闘技場みたいなアリーナで
         スペクタクルの観客=コロスが扇動し強要する殺戮。
         

c0188818_16561758.jpg

         死体に群がるカラスもしくはハゲタカのようなモンスター。

テーセウスは、生贄にさせられる子供たちを救いたいと、捨て身で義侠のかたまりみたいな男だが、
出生にまつわる秘密を、本人が想像するところによると、父親はポセイドンであるから、ミノタウロス
とは異母兄弟かもしれない。

迷宮に閉じ込められているのはミノタウロスだが、閉塞感はアリアドネの方がかなり強く持っている。
だから、血塗られたクレタ島から逃げ出したい、呪われた家系から解き放たれたい、との願いが強い。
そこに現れたテーセウスは、アリアドネにとって格好の鴨ネギだ。
テーセウスを助けてミノタウロスを殺し、迷宮から戻ったらいっしょにアテネに旅立つ、という強迫観念に
駆られる。テーセウスを誘惑するために、まるでサロメのように男の唇をしつこく求める。

c0188818_1792881.jpg

           神託で、迷宮に入っても生きて戻る方法を教えられる。      
           そして、その後も暗示される。「アリアドネはテーセウスと
           共にアテネに旅立つ」と。

この神託の場面も、緊張感があっていい。はらはらどきどきのリブレットが上手く出来ているのだ。
ギリシャ語の間投詞や感嘆詞を組み合わせてできている巫女の歌も音楽的に面白い。
神託の暗示は、いかにも暗示的だ。アリアドネはクレタ島からアテネに向かうが、ナクソス島に
置き去りにされるという、皆が知っているアリアドネのその後は提示されない。ぬか喜びさせる神託で
あるところにひねりが効いていていい。

c0188818_17203045.jpg

           武器を持ったテーセウスに殺されるミノタウロス。

死ぬ間際になって初めて、人間の理性や言葉を得たミノタウロスが、トムリンソンの迫真の演技と
しみじみとした歌で感動を呼ぶ。
肉体の死に瀕して人間の魂が出現する。死は、だからある意味で呪われた身の救済であったのかも
しれない。
しかし、そのミノタウロスの死体にも、舞い降りたカラスが情け容赦なく肉ををついばむ。
ブラッドという、叫びを上げながら。死のしんみりした抒情性は、叫びで消されるのだ。これが、
またしても、サロメの死を宣告するヘロデの最後の言葉を思い起こさせる。


c0188818_17315457.jpg

          オペラでミノタウロスがかぶってたマスクは、
          スティールのメッシュみたいで、軽そうで声が通るようになっている。
          この写真のマスクは、長男が中2の時、学校のギリシャ劇で
          ミノタウロス役を演じたとき、作ったもの。
          風船を膨らませた上に新聞紙を張って形作った張りぼて。   
          オペラを先に見ていたら、アイデアが拝借できたのに。
[PR]
by didoregina | 2010-10-22 10:37 | オペラ映像 | Comments(4)
Commented by Mev at 2010-10-23 09:17 x
レイネさんのご子息は偉いですね。 うちの愚息たちだったらまず不協和音連発の音楽だとすぐ席を立ってしまうと思います。(不協和音はココロに不快感をもたらすと言ってます) そのうち色んな音楽を聴くようになればいいなと思います。

「ミノタウルス」は面白そうですね!(でも子どもには見せられるかなあ。音楽的見地からじゃなくて。。。。)
昔クレタ島に旅行したとき、ミノタウルスがいたラビリンスのあとではないかといわれるクノッソス宮殿に行きましたが、床のイルカのモザイクがかわいかったのを思い出しました。あそこは平和で明るすぎて迷宮とは思えませんでした。
Commented by レイネ at 2010-10-23 21:42 x
Mevさま、ほとんど親に文句を言わない、というのも不気味なんです。反抗期というものがないので、あとからど~んと返ってきたら怖い。
確かに、子供には現代音楽はあまり聴かせない方がいいらしいです。後期ロマン派辺りから、もうよくないらしい。。。でも、モーツアルトみたいなきれなものばかり聴かせるってのも、片手落ちよね。

『ミノタウルス』は、映画『エレファント・マン』に似てるので、あれが刺激的だと思う親だったら、これも子供には見せないほうがいいかも。クレタ島、一度行ってみたいです。ミノア文明の揺りかごですものね。
Commented by ロンドンの椿姫(記事に飛ぶ) at 2010-10-24 08:03 x
やっとご覧になれたんですね。BBCで放映した時にお見逃しなさったと、私がこのオペラの記事を書いたときにコメントくださったのでしたが。
このオペラ、あれからどこかで上演されているのでしょうか?ROHでは再演されてませんが、素晴らしいオペラですから、一度だけで埋もれてしまうのは残念過ぎます。因みに演出家は、ちょっと前に癌で亡くなった英国人テノールのフィリップ・ラングリッジの息子です。
Commented by レイネ at 2010-10-24 16:54 x
ロンドンの椿姫さま、はい、ようやく観ることができました。そして、期待以上に素晴らしい作品・プロダクションでした。
現代オペラにしてはとっつきやすい音楽だし、テーマがいいし、人物の正確描写(特にミノタウロスとアリアドネ)も的確。ストレートに感動が迫ってくる劇的構成は、優れもの。演出もいいし、歌手の演技も上手い!

これは、トムリンソンのための作品なんですね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧