モーツアルトの『ザイーデ』

クラシックおよびオペラ専門TV局のBravaのおかげで、毎日のようにオペラやバレエがテレビで
観られる。ほとんどはDVDになっているものを放映しているだけだが、そのチョイスはなかなか
ヴァラエティに富み、いかにもオランダ人オペラ・ファンの好みを反映しているように思える。
マイナーな作品だったり、変わった演出のものだったり、メジャー路線だったり、各種取り混ぜて
いるのがうれしい。

マイナーな作品や変わった演出は、DNOが得意とする分野である。DVDになっているものも
多い。ヴィーラーとモラビト演出のモーツアルトのダ・ポンテ三部作とか、メシアンの「アッシジの
聖フランシスコ」(オーディ演出)とかだ。

メジャー路線では、ROHのものが主体だ。ブログでは取り上げなかったが、キーンリーサイドの
「ドン・ジョヴァンニ」とか、デセイとフローレスの「連隊の娘」(ローラン・ペリー演出)、ナジャ・
ミヒャエルの「サロメ」(マクヴィカー演出)、ヴィリャゾン、キーンリーサイドの「ドン・カルロ」など
割と新しい、話題のプロダクションを鑑賞できた。いずれも、いい歌手を揃えての、エンタメとして
最高の出来のプロだから、わざわざわたしが口をさしはさむことはない。その面白さはTVで見ると、
NHKの大河ドラマさながら。(わたしは中学生時代から大河ドラマ・ファンだ。しかし、大河ドラマの
内容をあれこれレポしても仕方ない。究極のエンタメなんだから。)

もしも、これらを生の舞台で鑑賞していたら、思うところもあったかもしれないが、DVDになった
ものは、TVの枠にきちんとおさまっていてはみ出す部分がない。つまり、思索を誘う余地がない。
ああ、楽しかった、ああ、よかったで、終わってしまうのだ。不満もないが、満足度も中途半端で
ある。

さて、今日TVで鑑賞したオペラは、マイナーもので、モーツアルトの未完のオペラ「ザイーデ」。
c0188818_4485739.jpg

2008年@Aix-en-Provence
Camerata Salzburg 
指揮 Louis Langree
演出 Peter Sellars
ザイーデ Ekaterina Lakhina
ゴマツ  Sean Panikkar
スルタン Alfred Walker
Russel Thomas,  Morris Robinson

これは、もともと、オペラらしくないオペラである。2幕ものだが、正式なタイトルさえない未完に
終わっていて、これを元に「後宮からの脱走」が作られたのだという。いわば、習作みたいなものだ。
登場人物はスルタンの後宮にいる女奴隷ザイーデと、残りは男性4人だけ。アリアは少なく、レチタ
ティーボもほとんどない。そのかわり、ザイーデのアリアは極上だ。その激しさはヴィヴァルディ並みで
腹にどんとこたえるものがある。


           ザイーデが残忍なスルタンをなじるアリア

ペーター・セラーズ演出のこのプロダクションは、出だしからして、通常のオペラらしくない。
オケ・ピットに指揮者が登場して序曲を奏で、劇場舞台の幕が開く、という一般的形式ではない。
いきなり、タイトル・クレジットも何もないまま、素顔に近いナチュラル・メークの登場人物の顔の
クローズアップが映されるのである。
それが序曲の間だけかと思うと、そのあとに続く無言歌のような曲の演奏中も、歌手は演技のみ。
それがかなり長く続いて、状況説明と心境を表してくれる。
すなわち、ザイーデとゴマツほか多数の奴隷が、倉庫のような裁縫工場に閉じ込められ、アフリカ系
悪人の下で過酷な労働を強いられている。現代のグローバリゼーションによる低賃金労働・搾取の
実態を見せるかのような舞台設定である。

序曲に続く音楽は、リュートのアラブ版楽器ウードによる演奏で非常にオリエントっぽく、エキゾチックな
響きがモーツアルトのオペラのもともとの舞台設定(トルコのハレム)にはあっているが、実際の造形は
スチール製ドアと階段とミシンが並んだ寒々とした舞台だから、音楽の響きの異質さがいや増しに感じられる。それが、無言歌のごとく、雄弁に人物の心理を表現しているのだ。

そして、驚かされたのは、劇場で上演されたとは思えない舞台造形とカメラ・ワークだ。
全編を通してアップが多用され、しかもそれが多方面からのアングルで、アリアの最中でもアングルが
しょっちゅう変わる。
遠くに引いて舞台全体を映したり、3階になっている舞台の上から下から、裏からとあらゆる角度だ。
歌っていない人もまた別のアングルからのアップになったりで、カメラは片時もじっとしていない。
カメラを特定の位置に置いたままだったらカメラが舞台に写ってしまうから、ライブ映像ではとうてい
ありえない。スタジオ録画のようにカット、カットでつないでいるのだろう。
TV向けの映像であるが、なんだか見ていて疲れてしまった。歌うほうもきっと疲れたろう。
TVや映画みたいなカメラ・ワークだから、俳優並みの心理描写を見せる演技力が要求される。
そして、演奏と歌はずっと切れ目なく続いて、一応劇場でのオペラの形になっているのだ。

全体の印象は、だからオペラというより音楽ドラマの映画という感じだった。
歌が少ない分、音楽とそれにあった表情のアップや演技で見せる趣向なので、見るほうも気を抜けない。
オケの演奏は添え物以下みたいなかんじで、ほとんど画面には映らないし、音も大きくない。

ザイーデとゴマツはひそかに愛し合い、なんとかスルタンの後宮から脱走するが捕まり、怒り狂う
スルタンの前で二人の愛を公にして、燃え立つ怒りの火に油を注ぐ。拷問のような目にあう二人の最後
は曖昧で唐突なエンディングだ。それがかえって、現代風だから、この映画版オペラにはぴったり。
冗漫ではなく、緊張感あふれる、ギャング映画なのだった。
[PR]
by didoregina | 2010-09-14 22:54 | オペラ映像 | Comments(4)
Commented by Mev at 2010-09-15 11:10 x
そうなんです!DVDで観るオペラは舞台をナマで観るときとは全く違った作品と思っていいくらいだと、私も思います。DVDは編集者の一つの作品となっており、それは舞台演出家や脚本家の思惑をある種逸脱さえしている。登場人物の顔や手元のアップ、舞台装置の「からくり」暴露、オーケストラ団員の表情、指揮者の歌手への視線など、客席からは絶対に見られないものが入っているのです。枠の中に。それはそれでエンターテインメントではあります。 が、ナマの舞台の魅力は全く別物ですよね。 
Commented by アルチーナ at 2010-09-15 12:06 x
劇場で観るという前提で造られているものを画面で観るのはやはりちょっと物足りない感じがありますね。
この『ザイーデ』はビデオ編集の部分にもピーター・セラーズが関わっているのかしら?

以前テレビで見たスピノジ指揮のロッシーニ『試金石』というのもテレビ向けの演出と、カメラワークだったのですが、逆に実演では面白いのだろうか?と疑問を感じてしまいました。

でも、これからはいっそのことテレビ又は映画向けにオペラを作ってしまうというやり方も大いにアリですよね。

それはそうと・・今一番気になっているのは・・もうすぐ『セメレ』ですよね♪何時行かれるのかしら??と気になっております~~・・♥
Commented by レイネ at 2010-09-15 17:57 x
Mevさま、生のオペラ沢山観たいのはやまやまなんですが、田舎住まいだとマチネしか行けません。ヨーロッパでは日本より相当安いとはいえ、そうそう続けても参ることもできないし。その点、DVDは簡便ですね。特にTV放映ならタダだし、意外なものを観られるというのが今のところうれしい。
でも、このDVD「ザイーデ」は、セラーズが演出・監督・監修したもので、100%彼の作品という雰囲気が漂ってます。一般的な劇場録画とはアプローチがまったく異なっていて、まんまTVドラマなんです。ライブという雰囲気が伝わってこないの。
Commented by レイネ at 2010-09-15 18:07 x
アルチーナさま、この「ザイーデ」は劇場で見るという前提とはまったく別のアプローチで作られたDVDです。完全に映画版というかTV版という作り。
これを劇場で鑑賞した場合、客席からしか見ることができないわけだから、階段の上とか下からのアングルの歌手の表情クローズアップなどは使えないから、演出自体も相当TV版とは変えないと劇場にはかけられないと思います。

「セメレ」は、本日が初日です。1日おきの4回しか公演はないのですが、金曜日にウイーンに行って観ます。どきどき。。。。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧