テレマンの「ピンピノーネ」   超レア・バロック・オペラ

コンサートやオペラのシーズン・オフ(夏枯れの期間)は、有名なフェスティヴァルの高額チケットを
買うという気力も財力も持ち合わせない者には、TV放映されるオペラ鑑賞がチープで楽しい娯楽だ。
ブラーヴァという音楽(特にオペラ)専門のデジタルTV局が、契約しているプロヴァイダーのレギュラー
パッケージに再び入ったのは、喜ばしいことである。
この局は、週7日24時間ぶっ通しで、様々なオペラを見せてくれるのだ。(再放送も多い)
それで先週は、ヘンデルの「タメルラーノ」の素晴らしいプロダクション以外にも、プロコフィエフの
「修道院の結婚」(ゲルギー指揮マリインスキー・オペラ、ネトレプコ出演)その他を鑑賞できた。
その中でも特記すべきは、テレマンのオペラ・ブッファ「ピンピノーネ」の放映だ。

Pimpinone by Georg Philipp Telemann @ Fifteen Amsterdam

Combattimento Consort Amsterdam
conductor:Jan Willem de Vriend
stage director:Eva Buchmann
Vespetta: Julia Neumann
Pimpinone: Marcel Boone
chamber maid: Claudia Patacca

テレマンのオペラなんて、めったに上演される機会はないだろう。
そして、この短い喜劇オペラは、もともとヘンデルの時代ハンブルク歌劇場で「タメルラーノ」が上演された
時、インテルメッツォとして幕間に上演された作品なのである。その2作品を2日続けて放映したところに
ブラーヴァというTV局のこだわりが感じられる。
インテルメッツォというのは、丁度、能に対する狂言みたいなもので、登場人物は最小限の短くて滑稽な
喜劇オペラである。

あらすじは、聡明で美しい若い女ヴェスペッタが、年寄りで金持ちのピンピノーネに近づいて、最初は
女中として雇われるが、その魅力を発揮して奥方の座を勝ち取り、金と自由を手に入れて遊び放題、
わがまま女房の尻に敷かれるダメ亭主に成り下がったピンピノーネはため息をつきつつ家事を担当、
というもの。まるでペルゴレーシの「奥方女中」そのままのストーリーだ。当時流行った喜劇テーマらしい。



貼り付けた動画は、2008年8月に音楽ホール Muziekgebouw aan het IJでの上演。

わたしが見たTV放映版は、2009年5月のもので、ヴェスペッタ役だけ違う歌手だが、同プロダクション。
しかし、この「ピンピノーネ」は上演ロケーションが意表を突いていた。
ジェイミー・オリヴァーのレストラン「フィフティーン」@アムステルダムの中、壁際でオケ(コンバティメント・
コンソート・アムステルダム)が演奏し、客席はレストランのテーブル配置そのままで、その隙間で3人の
登場人物が家事をしたり料理したりしながらオペラを歌い演じるのであった。

客席のテーブルには、グラスやカトラリーのセッティングが整ってる。
あれ、と思うと、はたして喜劇のそのまた短い幕間に、レストラン厨房からどんどん料理が運ばれて
くる。その間、オケが優雅な器楽演奏をする。
ヴェスペッタが奥様になってから雇われた別の女中は、客席でパスタやサラダなんか作ったりして
給仕もしてしまう、という具合である。
詳しくは、リンク先の写真を参照されたい。

テレマンといえば、誰もが思い浮かべるのは「ターフェル・ミュージック」だろうから、テレマンのオペラと
レストラン空間、食事しながらの上演、というのは理に適っている。
オペラのストーリー上、台所や食卓が重要な小道具なので、違和感もない。

c0188818_19471546.jpg

              ジュリエット・ビノシュ似のユリア・ノイマン

登場人物は、ヴェスペッタ(s)とピンピノーネ(b)と女中(s)の3人だけ。
ヴェスペッタ役のユリア・ノイマンは、ちょっと女優のジュリエット・ビノシュに似たキュートな味のある
ルックスで、コケットな表情の演技も上手い。声も軽くてすっきり、こういう軽いオペラにぴったりで
好感度が高い。モーツアルトのオペラに向いていそう感じだ。
バリトンのマルセル・ボーネもコミカルな演技で見せるし、歌もいい。

歌といえば、このオペラではイタリア語とドイツ語がちゃんぽんになっている。最初はイタリア語で
歌っていたのに、レチタティーボはドイツ語。そのうち、歌もドイツ語になったり、またイタリア語に
なったり、レチタティーボの掛け合いもちゃんぽんになったりで聞いてるほうは混乱するが、これが
当時の流行だったので観客は当然のように思って聞いていたようだ。

こういう洒落たプロダクションでテレマンのレアなオペラを鑑賞できたのはうれしかったし、その
意外な楽しさに驚かされた。
[PR]
by didoregina | 2010-08-23 13:07 | オペラ映像 | Comments(4)
Commented by Mev at 2010-08-24 10:49 x
アムスの港にあるフィフティーンには行ってみたかったのですが、ついぞ機会に恵まれず。 来年の春には行きたいものです。ランチはすごく手軽みたいです。 コンセプトが好きだったですね、このレストラン。 オチコボレの若者を拾って育てる場。 私はもちろんジェイミーファン!
Commented by レイネ at 2010-08-24 14:56 x
Mevさま、ミュージックヘボウとフィフティーンは隣組みたいなものよね。どちらも窓から港が見える。なになに、ランチは手軽?それなら、ぜひ一度わたしも。
ロンドンでのフィフティーンのコック・オーディション兼育成の様子のドキュ・ソープ、わたしも見てましたよ。プロデューサーとしてのジェイミー、今季は、ロアルド・ダールの孫娘でモデルの女の子「ミス・ダール」をTVコックとして売り出し中。
Commented by REIKO at 2010-08-25 00:07 x
ううう、この作品ヘンデルの幕間ってことで、(とりあえず)聴きたいとずっと前から思ってるのですが、CDがないんですよね。
でも伊独チャンポンとは知りませんでした、そのへんが録音されにくい原因なのかも?
それにしても、レストランでお料理と音楽のマッチングって素敵な演出ですね。
劇空間と現実の境界が曖昧になる面白さがありますね。
Commented by レイネ at 2010-08-25 00:29 x
REIKOさま、レア物はわたしも(とりあえず)聴きたい!と思ってしまいます。ただ、これは、CDにしても面白さが表現できるかなあ?ドタバタ・コメディーだから、舞台にかけてみてナンボという気がします。
劇場公演なら、本当に幕間にやるか、独立公演ならごく小さなところ(教会とか)でないと、この作品の味わいが出ないでしょう。だから、レストランが会場というのは大正解でした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧