メイデー、メイデー、メイデー

フロティッラ用にチャーターするヨットは、大きく2種類に分けられる。

一番多いパターンは、個人所有のヨットをチャーター会社が管理して、所有者が使用しない期間、第三者に貸す、というものだ。
その場合、フロティッラ・リーダーは、別のエージェントから雇われていて、リーダー船もチャーター・ヨットで、船のメーカーやモデルは皆ばらばらである。
チャーター会社は、ヨットの状態を点検し、所有者に代わってメンテする。しかし、様々なタイプのヨットを管理しなければいけないので、細かい点までは把握できていない場合が多い。必ずといっていいほど、トラブルがある。

第二のパターンは、フロティッラ・リーダーが10隻ほどチャーター用ヨットを所有していて、エージェントを通じてフロテッィラ参加者を集める。
この場合、全てのヨットは同じメーカーの同型で、サイズのみ異なる。フロティッラ・リーダーが、メンテや修理も行うから、同型でないとロスが多いからだ。
リーダーは、メカニックも兼ね、個々のヨットを熟知しているから、フロテッィラ参加者は、何かあったらすぐヘルプを求めることができ、安心感が大きい。メンテも万全で、実際、トラブルも少ない。

c0188818_20393468.jpg

ヨットをチャーターした回数は、15回以上になると思うが、大半は第一のパターンである。

今までで一番大きなトラブルでは、錨の電動ウィンチの設置してある木の台が腐っていて、錨を上げる途中でウィンチ台が外れてしまうという、とんでもないことが起きた。
そのクロアチアのチャーター会社は、どうもいい加減で、ヨット所有者の書類原簿が整っていなかったため、クロアチア当局からの出航許可が1日出遅れた。ウィンチ台破損の修理で、もう1日無駄になった。
これは、完全にチャーター会社側の不備であるから、こちらはビタ一文出さず、オランダのエージェントに掛け合い、無駄になった2日間の補償としてアイセル湖での週末ヨット・チャーターを勝ち取った。

また、ギリシャでは、アテネの港に帰港して最終チェック中に、舵の後ろにある取り外し可能の座席部分が海に落ちる、というトラブルがあった。止め具が甘いためチャーター中は使用していなかったが、チェックアウトで元の位置に戻したところ、チャーター会社のオヤジのお尻の重みで外れたのだ。
チェックアウトでは、潜水夫を雇って、ヨットの船底を点検する。それが終わったばかりだったので、もう一度潜ってもらうため、別途30ユーロほど払わされた。

チャーター会社にトラブルの責任を押し付けることは、ほとんどできない。
チェックインでは、細目にわたってチェックしてサインする。その後のヨットの故障・不調は、借りた側の責任部分になるから、保証金および保険は、ヨット・チャーターでは必要不可欠である。

今回のアクシデントは、セイリング2日目に起きた。
ムーリング・ライン以外何の設備もない小島の、カフェ手前の岸に接岸中の出来事であった。
ヨットは、風を動力として動く船だから、少しの風でも影響するから、接岸・離岸に一番気を使う。
一旦広い海に出たら、ぶつかる心配は無用だ。しかし、港はどこもぎゅうづめで、船に傷がつきやすい。(自分の船にも、周りの船にも)
海底のおもりに繋がるムーリング・ライン以外に、ヨットの右舷・左舷後方にロープを渡し、陸に固定する。その作業中、ぴんと張り詰めたロープが、風と波でほんの少し上に上がり、意外に高い張力のせいで、ゴムボート用の船外機のプラスチック固定部分を壊し、船外機が外れて海に落ちてしまった。潜水して引き上げてもらったが、海水に浸かった船外機はお釈迦である。
c0188818_20384033.jpg

         船外機を引き上げて、乾かしてみた。

それ以後ずっと、ゴムボートは船外機なしの、手漕ぎボートになってしまった。
c0188818_20411023.jpg

         これは、去年の春、トルコでの写真。
         ゴムボートに船外機をつけると、広い湾もスイスイ。
         ベイ・ワッチごっこできる。

私達が遭遇したトラブルはこの程度で、まあたいしたことなかったが、今回のフロティラ参加者で
大変な目に遭った人たちもいる。
文字通り、「メイデー、メイデー、メイデー」の緊急無線を発したのである。

その人は、ヨット操縦は15年ぶりとかで、第一日目から、港の浅瀬のドロにキールがつかえて身動きが取れなくなり、別のヨットに牽引してもらったりしていた。
4日目に、メイン・セイルに亀裂が入った。
借りたヨットは、メインもジブもロール式なので、操縦は楽だが、コツがいる。それを呑み込めていないと、無理にウインチで巻いたりしてセイルを傷める事になるのだ。
セイル交換のために、陸の大きな港に向かう途中、急いでいたため、岩礁の浅瀬に気がつかず、7ノットの高速で岩にキールをぶつけた。
大きな衝撃が3回あったという。そして、浸水!

c0188818_21115420.jpg

          これは沈没した船ではなく、観光用の潜水艦

無線で「メイデー」の緊急信号を発してもいい場合は、限られる。
海上では、船が転覆したり、浸水したりして沈没の可能性がある重大な危機の場合のみだ。
それ以外の緊急事態には「パン、パン、パン」でなければならない。

今回は、浸水してきたからパニックだったろうし、まあ、仕方ないだろう。
しかし、ヨットの修理にいったいどれだけとられただろう。保険で全額カヴァーできただろうか。

海に落ちた船外機は、掛け捨て保険の120ユーロでカヴァーできた。
[PR]
by didoregina | 2010-08-10 13:47 | セイリング | Comments(0)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧