ドルドレヒトのバッハ・フェスティヴァル

ロッテルダムの隣の町ドルドレヒトで、バッハ・フェスティヴァルが、今年から二年に一度開催されるようになる。
9月17日から26日まで10日間にわたり、市内数箇所で毎日いくつか、バッハにちなんだコンサートがあるのだ。

ほとんど国を挙げて、バッハの受難曲を聴いたり歌ったりするのが、復活祭前の恒例年中行事化しているオランダでは、受難曲は皆から親しまれ、「我らの」と冠詞がつけられているほどである。(日本で、年末になると「第九」がやたらと演奏されるのにどこか似た現象だ。)
それ以外の季節でも、バッハの演奏会には事欠かず、不滅の人気を誇っている。

しかし、バッハの名を冠したフェスティヴァルは、意外なことに今年初めて、ドルドレヒトで開催されることになる。
フェスティヴァル・サイト(オランダ語のみ)にリンクを貼る(プログラムをダウンロードできる)から、詳細はそちらで確かめてもらいたい。

わたしが気に入ったのは、以下のプログラムである。

9月17日のオープニング・コンサートでは、ヴァイオリン、サキソフォーン、パーカッション、パン・フルートにフラメンコまで登場する。

9月18日には、「バッハ実験室」と称して、マリーケ・フローテンハウスのアコーディオンとナオミ・サトーさんの笙のコンサートが。

また、ホランド・バッハ・ソサエティ(HBS。注:オランダ・バッハ協会とは別もの)+ステファニー・トゥルー(ブリリアントから出ているヘンデルのイタリアン・カンタータ全曲集で歌ってるソプラノ)+ジェド・ウェンツ(バロック・フルート)+パウニ・トリオ(女声トリオ)のジョイント・コンサートも面白そうだ。

そして、また別の「バッハ実験室」では、ニッケルハルパ(!)のマグヌス・ホルムストレムとアントワネット・ローマン(V)のコンサートがある。ニッケルハルパといえば、アルチーナさんが先日紹介していたが、ヴァイオリンとハープの合いの子みたいな不思議なスウェーデンの楽器である。なかなか生演奏に接する機会はないから、聴いてみたいが、丁度この週末はウィーンに遠征予定である。(マレーナ様も出演する、バルトリ主演「セメレ」のチケット争奪戦になんとか生き残ったのだ!)

9月19日には、コープマン指揮ABOによるカンタータ。ヨハネット・ゾマーも出演する。

9月20日は、リウヴェ・タミンガのオルガンとカメラータ・トラジェクティナによるフレスコバルディ、コレッリ、ヴィヴァルディのコンサート。

9月21日は、出た!レオンハルト翁のオルガンで、バッハ、パッハベル、ベーム。

9月26日は、イーヴォ・ヤンセン(Pf)が、「平均律」とショスタコヴィッチの「プレリュード」を弾く。

そして、ラスト・コンサートの、フェルトホーフェン指揮オランダ・バッハ協会がカンタータとシンフォニアで、バッハ・フェスティヴァルの幕が閉じられる。

バッハと彼にゆかりのある作曲家もしくは彼にちなんだプログラムは、なかなかヴァラエティに富んで、意欲のほどがうかがえる。
バッハとは地縁が全くなさそうな地方都市で行われるフェスティヴァルにしては、凄いメンツを揃えたものだ。さすが、オランダの底力。ことバッハに関するかぎり、一般の関心という裾野が広いし、演奏家も雲居に聳える頂上の高い山のような人もいるのだ。


[PR]
by didoregina | 2010-06-25 00:01 | コンサート | Comments(6)
Commented by アルチーナ at 2010-06-25 18:42 x
お!ニッケルハルパですね!
一度私も実演に触れてみたいですが・・・マレーナ様の方が断然大切です!「セメレ」のチケット取得、おめでとうございます!これもまたレビューが楽しみです。その前にコンティの「ドン・キショット」ですね。いいな~色々と見られて、羨ましい!
Commented by レイネ at 2010-06-25 20:13 x
アルチーナさま、ニッケルハルパって、実演の様子を見てみたい楽器ですよね。演奏家は、やはりスウェーデン人(限定)のようです。
マレーナ様のために、とうとうウィーンまで遠征するのって、今から緊張します。
今シーズンほぼ最後のオペラにはデュモーが出てくれて、来シーズンの多分最初のオペラがマレーナ様ってのは、すごく幸せな気分。
Commented by REIKO at 2010-06-26 01:25 x
おお~!ニッケルハルパ!ああ!?でもセメレ?!!
体が1つしかないのがほんとに惜しいですが・・・
レオンハルト爺も、元気だなあ♪
タミンガは数枚CDを持ってますが、ファースト・ネームの方、何て読むのかなあ?と思っていました。
「リウヴェ」なんですね。
Commented by レイネ at 2010-06-26 02:04 x
REIKOさま、やはりバルトリにはかないません。30分でチケット完売しましたからね、わたしが行こうとした日の分は。一人2枚までの限定販売なのに。奇跡のようにして、チケットが取れたので、期待に胸が膨らみます。
レオンハルトは、本当にお元気のようです。来シーズンは、わが町の教会でもオルガン弾いてくれますし。来日公演は、高齢だからもう無理でしょうかねえ。一期一会の有難さを噛みしめたいと思います。
Commented by Mev at 2010-06-26 15:23 x
バッハフェスティバル、いいですねえ。 
ウイーンのセメレもワクワクですね!あの大劇場でバルトリとマレーナ様を見るというのはそれだけでもう超豪華な夕べですよね。レビュー楽しみです!
そうそう、来月半ばに1週間だけオランダに行くことになりましたが、その頃はなーんにもイベントがなくて、PJ様も7月はじめにコンセルトヘボウで歌ってくれるようですが、もう終わっちゃってるし。国際オルガンフェスティバルくらいなんですよね、聴きに行けるかもしれないものって。 残念ですが、今回はバーベキューと引越し準備に専念することといたします。
Commented by レイネ at 2010-06-26 16:13 x
Mevさま、新しいフェスティヴァル設立・運営するのは大変そうで、ボランティアを大募集してます。
ウィーンの「セメレ」は、アン・デア・ウィーン劇場のほうですから、それほど大きくはないみたいです。そうでないと、バルトリには不向きかと?

ハーレムのバーヴォ教会のオルガンはいいですよ。国際オルガンフェスって、こちらでも毎年あるんですが、オルガン好きには新旧の音楽が聴けるのは面白いです。ちょっと変わったプログラムの日がいいかもね。それか、もうこれが最後かと思わせるご高齢の人の演奏。。。。
また、お引越しなの?


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧