ボザールも熱い

ブリュッセルでクラシックのコンサートというと、たいていボザールで行われる。
アールデコのコンクリート造りで天井が低く、音響的には文句を言いたい部分がありすぎるが、やはり一国の首都のコンサートホールだから、プログラム内容は相当充実している。
その来季プログラムが発表されたが、非常に分かりづらい作りのサイトだ。

オランダ語およびフランス語ページには、英語ページにはないハイライトの紹介があるから、有名どころの目処は一応つく。しかし、それ以外のことも知りたいとなると、カレンダーの日付ごとにいちいちクリックしていかないと内容詳細はわからないのだ。
例えば、シーズン開幕初日9月7日のカレンダーには、コンチェルト・ケルンと記載があるのみ。
その日の詳細をクリックしてはじめて、ケルメス姐がモーツアルト・アリアを歌うことが分かる。
たまたま、ハイライト・ページに「ケルメス、9月7日と2月21日に登場」と紹介があったからクリックしたが、そうでないと見逃すし、クリックしないとソリストや曲目が全然分からない。
それで、大変長い時間をかけて、一つ一つクリアーにしていった結果をお知らせする。
すべて、わたしの好みが反映しているハイライトのみであることを、ご了承願いたい。

9月7日 コンチェルト・ケルン+ケルメス姐 (モーツアルト)

9月16日 ルミュー姐 (リサイタル@モネ、アルマ・マーラー、ショーソン、ルクー他)

9月22日 カルトホイザー+カフェ・ツィマーマン (バッハ・カンタータ)

10月22日 ラ・フェニーチェ+カルロス・メナ (イタリアン・バロック)

11月11日 コジェナー+プリヴァーテ・ムジケ(イタリアン・バロックをヴィオール・アンサンブ
ルと!)

11月17日 リチェルカール・コンソート+メナ&セリーヌ・シェーン (デュロン、A・スカルラッティ他)

12月9日 ショル&ジャル (パーセル)

12月13日 バルトリ姐+フランコ・ファジョーリ (ヘンデルとそのライバル達)

12月17日 レ・ザール・フロリサン+カルトホイザー (ラモーの「ピグマリオン」と「アナクレオン」)

1月10日 マーク・パドモア+ベズイデンホウト (シューマン「詩人の愛」)

2月21日 ケルメス姐 (ヘンデル、クッツォーニのためのソプラノ・アリア)

5月24日 トリオ・メディイーヴァル

6月4日  トマス・ハンプソン (マーラー歌曲)


ここでも、なんといっても、12月が凄い。もう、12月はパリとブリュッセルに、皆さんツアー組んで行かれたらいかが?

アルチーナさん懸案だった、「バルトリ姐のヨーロッパ・ツアーにフランコ様は同行するのか?」という命題が、ボザールのサイトでなんともあっさりと解明されている。リサイタルのタイトルはアムステルダムのコンセルトヘボウと同じく「ヘンデルとそのライバル達」となっており、フランコ様が歌うことが明記されているのだ。数日違いのアムステルダムでも、きっとフランコ様は登場するだろう。アルチーナさん、さすがのご明察。
[PR]
by didoregina | 2010-03-26 15:06 | コンサート | Comments(10)
Commented by アルチーナ at 2010-03-27 07:40 x
昨晩は舞い上がってしまい・・夜も遅かったですし、少し落ち着いてから・・コメントを・・・

いやあ、本当に私の妄想じゃなくて良かった!!とホッと胸をなでおろしました。この会場は音が良くないのですか?そうそう、ケルンのポッペアも宴会場みたいな所でちょっとビックリしているのですが・・キャパは小さそうなので大丈夫なのかしら??

それはそうと・・他のプログラムも良いですね~
カフェ・ツィマーマン、好きで来日を待望していたのですが、ヴィスと共に来日なんですよ・・本当は彼らの演奏だけを聴きたかったし、その方がオペラ嫌いな旦那も誘いやすい(=私も行きやすい)し・・

因みに日本ではツィマーマンもメディイーバルも、ベズイデンホウトもミヤ様を呼ぶ招聘会社扱いですよ!!やっぱりあの会社は良いですね!

して・・レイネ様はこの中から幾つくらい行こうと算段されているのかしら????

ショル・ジャルはやっぱりパーセルなんですね!Bonnjourさまがイギリスでパーセルを歌うのか!!と心配してました。ジャル君の発音を・・・
Commented by レイネ at 2010-03-27 16:27 x
アルチーナさま、妄想ではありませんでしたねえ。よかった。

ブリュッセルまでは高速ですぐなんですが、市内に入ってからが大変で、車運転する勇気がわきません。上記のほとんどのコンサートが、平日夜なので、行けるのは少ないです。同じアーチストのコンサートが、もっと行きやすいエイントホーフェンで行われることも多いので、今シーズンはボザールに1度も行っていません。

実は、最近、グルベ様の「ノルマ」@ボザールのリターンチケット(即完売でしたが、常々チェックしてた)が出てるのを発見したんですが、車を運転してくれる人がいないので、諦めました。代わりに、dognorahさんに聴いてきてもらいます。

ショル&ジャルなら、同行者見つけやすそうなので、ぜひ行きたいと思います!
Commented by ロンドンの椿姫 at 2010-03-28 08:04 x
ロンドンではバービカンで12月7日ショル&ジャル、8日バルトリ姐と二夜連続ですから効率よく観られますよ。両方ともかぶりつき席を少し余分に手配してありますので、どなたかいらっしゃいませんか?
Commented by Mev at 2010-03-28 09:26 x
はあ~っ!行きたい!!!です。 コンセルトヘボウでは12月16日にバルトリは公演のもよう。(こんなことチェックしてどうするよ~と思いながら電子パンフをみる。。。)この16日公演の案内にはフランコ様のお名前はないのですが日が近くなるとアジェンダのほうでアップデートされるかも?
Commented by レイネ at 2010-03-29 05:21 x
ロンドンの椿姫さま、さすが、ロンドン!これが二夜連続とは凄すぎです。本当に効率いいですね。で、バルトリのほうのお値段は、ロンドンだと少しはお安いのでしょうか?バルトリ・リサイタルは実は割とどうでもいいと思ってるんです。だって、アムスもブリュッセルもバルトリというだけで、異常に高いんですもの。
Commented by レイネ at 2010-03-29 05:26 x
Mevさま、コンセルトヘボウで聴けたら最高でしょうね、ショル&ジャルとバルトリ姐&フランコ様。ショル&ジャルのほうは、コンヘボのブロシャーには載ってませんが、招聘元によっては相当後にならないとアジェンダに載りませんから、油断は禁物。サラ様のだって、まだ出てないし。
まだ来季プログラムが発表されていない、近場のエイントホーフェンにも期待してます。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2010-03-31 06:30 x
切符代はと言うと、バービカンのシリーズ枚数割引付で最前列ど真ん中という同じ席でショル&ジャルが18ポンド、バルトリが28ポンドです。たしかにバルトリ姐の方がずっと高いですが、これくらいなら私でも買えます。もちろんこれが一番高い席ではなく、バービカンのかぶりつきは舞台に肘が付けるくらい近過ぎるので安いんです。下から見上げるので写真は撮りにくいですけどね。
Commented by レイネ at 2010-03-31 16:01 x
ロンドンの椿姫さま、えっ、それでは、バルトリの場合、ユーロスターの電車賃入れても、バービカンで聴く方が安いです。かぶりつきは好きだし。。。う~む、考えさせていただいてよろしいですか。
ショル&ジャルのほうは、同行者が見つかったんですが、バルトリのは高すぎて誰か誘うのも気がひけて。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2010-04-01 04:58 x
え、バルトリの切符はそちらではそんなに高いんですか?

12月8日の件は是非前向きに考えてみて下さいませ。こういうこともあろうかと、椿姫お節介エージェンシーではこの最前列の他に、少し見やすい3列目38ポンドちょいの席もご用意してございますので。
Commented by レイネ at 2010-04-01 16:26 x
ロンドンの椿姫さまのお節介エージェンシーは、至れり尽くせりの凄いサーヴィス内容ですね。当方は12月に関しては未定ですが、バルトリなら行きたい人が多いでしょうから、先着優先で割り振ってくださいね。

昨日ようやく、バルトリ姐のCD「神への捧げもの」を買いました。そしてやっぱり、彼女の声と歌い方はわたしの好みではない、と思いました。だから、バルトリ姐だけのリサイタルやマレーナ様が共演しないオペラだったら、高いお金を払ってまで聴きに行く気はあまり起こらないんです。でも、ナマの声は迫力が違うから印象も変わるだろうし、悩ましいところです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧