シャンゼリゼ劇場の濃すぎるプログラム

なにげなく、シャンゼリゼ劇場の来季プログラムを見ていて、その濃すぎる内容に度肝を抜かれた。

ステージ形式のオペラはそんなに多くないが、11月にヘンデルの「オルランド」と3月にヴィヴァルディの「オルランド・フュリオーゾ」がある。

11月のヘンデル「オルランド」は、アイム女史指揮(コンセール・ダストレー)にマクヴィカー演出の新プロダクションで、主役を張るのは、ソニア・プリーナ。

c0188818_5364936.jpg

この写真は、プリーナ姐が2008年にシドニーでオルランドを歌ったときの写真。
このコスチュームも、ルックスも、体型も、あまりに濃すぎる。。。。

ユーチューブが貼り付けられなくなったので、ご自分で検索してぜひ聴いていただきたいが、この顔に釣合った、いかにもイタリア的な粘り気のあるアルト(コントラルト)である。
体は声を現す、というのがよくわかる。ガリガリに痩せたミヤ様とは対極にある、肉肉しい迫力の声だ。好きになるかどうかは、わからないが。。。

3月のヴィヴァルディ「オルランド・フュリオーゾ」は、スピノージ指揮+オーディ演出の、これも新プロ。
マリー=ニコル・ルミュー姐がタイトルロールで、PJ様がルッジェーロ!その他、ジェニファー・ラルモアやヴェロニカ・カンジェミ、ストテインらも出演する、なかなかに濃いキャスティングだ。


1回だけのコンサート形式オペラは沢山ある。その中で、バロックものだけを拾っても以下のごとし。

10月19日 カンプラ 「ヴェニスの謝肉祭」 ニケ指揮コンセール・スピリチュエル

11月29日 ヘンデル 「アルチーナ」 ミンコフスキー指揮ミュジシャン・ド・ルーブル・グルノーブル
        アニヤ・ハルテロスがアルチーナ、カサロヴァがルッジェーロ、カンジェミがモルガーナ

2月12日  ヘンデル 「テーゼオ」 チェンチッチがタイトルロール!その他サバタとギヨンの二人CT

3月23日  ヘンデル 「アリオダンテ」 ディドナートがタイトル・ロール、ルミュー姐がポリネッソ

4月28日  ヴィヴァルディ 「ファルナーチェ」 ソニア・プリーナ姐がタイトル・ロール


そして、リサイタルのラインナップも凄すぎ!

10月21日 チェンチッチ  (ヘンデル、アルビノーニ、ヴィヴァルディ)

12月1日  PJ様+コンチェルト・ケルン (カルデラほか)

12月11日 ショル+ジャル (パーセル)

12月13日 プティボン (モーツアルト、ハイドン)

12月17日 PJ様+フレンズ (サプライズ! カンジェミ、G・カプソン他出演)

1月22日  サラ様+OAE (マーラー「さすらう若人の歌」)

その他、ディドナート、ヨナス・カウフマン、ボストリッジ博士、ヴィリャゾン、ジュノー、トマス・ハンプソン、コジェナーにフォン・オッターときたもんだ!
もう、少なくとも12月はパリのアパルトマンで生活しなきゃという覚悟が要りそうではないか、PJファンの皆様は。 
[PR]
by didoregina | 2010-03-25 22:10 | オペラ実演 | Comments(14)
Commented by Mev at 2010-03-26 08:34 x
さすがパリですね~。行けるものなら飛んでいきたーい! 3月のスピノジ指揮オルランドを見てみたいです。オーディ演出だし、きっとものすごーくスペクタクルでしょう。ああ、そういうめくるめく舞台を味わいたいものでございます。
Commented by アルチーナ at 2010-03-26 11:20 x
本当にシャンゼリゼ劇場は垂涎物ですよね・・
ツェンチッチのテゼオ、ネットラジオで放送しないかな!と期待しております。
ソニア・プリーナはドスが効いてますよね。テレビで見たロッシーニでは気になりませんでしたけれど、チェーザレのコルネリアはドスが効き過ぎかな?とコチラはちょっと聴いただけですけど思いました。

羨ましいけれど・・もし近所に住んでいたとしても全部いけるかどうか・・金額的にも夜な夜な出かけるという事も・・と思うと、こういうプログラムも困りものだと・・強がってみます。
Commented by sarahoctavian at 2010-03-26 16:56 x
私もこの豪華プログラムを見つけて絶句しちゃいましたよ。バロックだけでもこんなにすごい面子が揃うとは、パリは古楽の伝統があるんだなぁ。はぁ~~~ため息。PJ様もルッジェーロ、素敵でしょうねぇ。オーディ演出なのも心惹かれます。
プリーナ姐はミュンヘンでもアルチーナやアリオダンテで脇をしめてましたが、まさにドスの聴いた線の太い声ですね。体は声を表す。
ハルテロス嬢とカザロヴァ様のアルチーナはCD出てますが高くて中々買う勇気が出ないままですが、生で聴けたらもっと良い・・・。
Commented by レイネ at 2010-03-26 21:07 x
Mevさま、本当にさすがパリですねえ。やっぱり、この中で一つだけ選ぶとしたら、ヴィヴァルディの「オルランド」は、観てみたいですね。
あと1年あるから、よく考えてみます。家族旅行という名目なら、けっこういけるかも。。。
Commented by レイネ at 2010-03-26 21:10 x
アルチーナさま、プリーナ姐、ど迫力と怖さでいったら、バルトリ姐、ケルメス姐と並ぶ3羽ガラスのひとりといえましょう。この3人、声域が異なるから、全員勢ぞろいする演目とかあったりしたら、凄いだろうなあ。。。

パリには行けなくても、夢見心地にさせてくれるプログラムです。
Commented by レイネ at 2010-03-26 21:13 x
sarahoctavianさま、許して、サラ様のコンサートを見逃してました!1月22日にOAEとの共演です。追記しました。マーラーの歌曲というのも、いいですねえ。

しかし、カサロヴァは、いつから様付けに格上げされたんですか?わたしは、彼女なんて、まだまた呼び捨てよ。
Commented by sarahoctavian at 2010-03-26 21:33 x
まぁぁ~サラ様までパリにご出張なさるんですか!う、うらやましい!こっちにも来てくれぃ。マーラー歌曲はCDも出してたし、プロムスでも素敵でしたもんね。いいなぁ(でもどちらかを取れと言われたらアムス)。
プリーナ・バルトリ・ケルメスの3姐御衆の共演私も見てみたい!誰か企画してくれないかしらん。
あら、カザロヴァは「まだ」様付けですの。もうそろそろ格下げになりそうですが。
Commented by レイネ at 2010-03-26 22:04 x
sarahoctavianさま、サラ様@シャンゼリゼ劇場は、リサイタルでなく、ユロフスキー指揮OAEのコンサートでのソリスト、という格付けでの登場なので、当初見逃してました。サラ様のレパートリーの幅広さを物語ってますね。

さて、アルチーナさんもお待ちかねのコンサート情報(いわずとしれたあの方よ!)をゲットしたので、今から記事アップします。
Commented by アルチーナ at 2010-03-26 22:22 x
ああ!ドキドキっ!!
そうそう私もプリーナ・バルトリ・ケルメスの3姐御衆の共演、興味あります。
CTが増えてきて男役をCTが演じられるというのも素敵ですけどあえて、女だけで!というのもちょっと、そそられますね~~
Commented by レイネ at 2010-03-26 23:22 x
アルチーナさま、わたしたちほぼ同時に、バルトリ姐+フランコ様リサイタル@ボザールの予定を記事にしてますね。どうやって見つけたの?わたしは、昨晩、相当長い時間かけてボザールのサイトから来季プログラム詳細内容を解読しました。それだけで疲れて寝てしまったくらい。
またまた、来季もヨーロッパの中心部は熱い、ということですね。
Commented by REIKO at 2010-03-27 12:00 x
ミヤ嬢の「恋やつれ」オルランドを見てると、このプリーナのオルランドにはビックリしますね!
ケンカ売ってるような目線とポーズ・・・
こういうのもアリなのか・・・(^ ^;)
それにしても、アイム女史があちこちでヘンデル・オペラを振っているので、そろそろ録音も出てくるかな?と期待しています。
今までは、まだマイナーなオラトリオみたいのしか出てないので。
Commented by alice at 2010-03-27 13:48 x
3年前にご贔屓のB・メータ目当てに行ったリールでしたが、メータはキャンセル。代わりにプリーナがチェーザレを歌いました。上手いけれどそれほど強い印象はなかったのですが・・・体も小柄で。

リールが本拠地のアイムはこのときが初めて。演奏初めは髪をたらし、休憩の後はアップにしてきて・・・パリでもそうだったので、いつもなのかしら?美人だからほーっとあちこちで溜息ですわ。
Commented by レイネ at 2010-03-27 16:38 x
REIKOさま、プリーナ、本当にガン飛ばしてますね、、、でも、シャンゼリゼ劇場の来季「オルランド」は、マクヴィカー演出の新作ですから、どんなキャラになるのか、予断を許しません。精神病のオルランドというのはもう使ったから、今度はどうなるんだろう。

アイム女史は、ニッチ市場を狙ってるのかと思ってましたが、本当のところはメジャーなモノも振りたいでしょうね。
Commented by レイネ at 2010-03-27 16:47 x
aliceさま、ベジュン・メータの代わりにプリーナって、、、あまりに違いすぎますよね、声もキャラも。リールまで行かれたのに残念でしたね。
わたしも、ミヤ様チェーザレがキャンセルになって、無名の東欧アルトが歌い、がっかりした経験があります。
ナマのベジュン・メータは、「ポッペア」でのオットーネ役を聴きました。声がちょっと繊細すぎ、それ以外の出演者が濃かったので、イマイチ印象に残っていません。

アイム女史にも、わたしは去年キャンセルされました。。。パーセルの「妖精の女王」は、まさに彼女目当てでチケット買ったのに!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧