来シーズンのバロック・マチネー

このところ、連日のように、コンサートホールや歌劇場から、来シーズンのプログラム・ブロシャーが届く。
しかし、首都圏のコンサート・ホールおよび歌劇場には、土日のマチネーしか行けない。
そうすると、選択の範囲が恐ろしく狭まるのだ。

例えば、ロッテルダムのコンサートホール、デ・ドゥルン。
バロック・シリーズとしては以下のラインナップ。

11月4日(木) モルテンセン指揮コンチェルト・コペンハーゲン+アンネ・ソフィー・フォン・オッターのバッハ・カンタータ、ヘンデルのアリア、ヴィヴァルディの序曲とシンフォニア。

12月15日(水) サヴァールとコンセール・デ・ナションによる、ラモー「優雅なインドの国々」「ダルダヌス」「ゾロアストル」組曲。

1月6日(木) オランダ・バッハ協会+ドロテー・ミールズ、ヨハネット・ゾマー他による、バッハの「ロ短調ミサ曲」

3月2日(水) クリスティー指揮レ・ザール・フロリサンによる、ラモーの「アナクレオン」と「ピグマリオン」

以上全て、平日の夜8時15分からだから、絶対に行けない。
しかし、このプログラムは、実に示唆に富む。というのは、彼らがロッテルダムだけで演奏会を行うとは思われないからだ。オランダもしくはヨーロッパ・ツアーの一環であろうと思われる。
つまり、エイントホーフェンに来てくれそうな予感と期待が大なのだ。フィリップス・ミュージック・センターの来季プログラム発表が待たれる。


アムステルダムのコンセルトヘボウでの土曜マチネ・シリーズのブロシャーも届いた。
めぼしい好みのものだけ揚げると、

10月23日(土) コープマン指揮ABO+3人のバロック・ヴァイオリニストによる、ラモー、ヘンデルのオルガン・コン、テレマンの3つのVのためのコン、バッハの管弦組曲3番。

12月18日(土) ブリュッヘン指揮放送室内フィル+カルミニョーラによる、テレマン、バッハのVコン、C.Ph.E.バッハのニ長調交響曲、モーツアルトの交響曲40番。

1月8日(土) オランダ・バッハ協会+ドロテー・ミールズ、ヨハネット・ゾマー他による、バッハ「ロ短調ミサ曲」

2月19日(土) マルコン指揮ヴェニス・バロック・オーケストラによる、ヴィヴァルディ「セーヌ川の祝典」

ほら、予想通り、すでにオランダ・バッハ協会による「ロ短調ミサ」が重なっている。これなら、マチネだから行ける!


そして、NRC新聞とバロック専門呼び屋さんFred Luitenの共同企画「コンセルトヘボウでのバロック声楽シリーズ」は、今年も凄い!
このコンビの企画で、去年はサラ様のコンサートが実現したのだが、「前コンサートの盛況とお客様のご要望に応えて」サラ様再登場!なのだ。
このシリーズは、日曜マチネなので、願ったり叶ったりである。

11月14日(日) ヘレベッヘ指揮コレギウム・ヴォカーレ・ゲントの創立40周年記念コンサート。
ドロテー・ミールズ、ペーター・コーイ、ダミアン・ギヨン(CT)ほかによる、バッハ「マニフィカット」ほか。

2月6日(日) サラ・コノリーとローズマリー・ジョシュア+ムジカ・アムフィオンによる、ヘンデルのアリアとデュエット!
「多大なる要望に応えて、メゾ・ソプラノのサラ・コノリーがこのシリーズに再登場。今回は、コノリーの希望で素晴らしいソプラノのローズマリー・ジョシュアが共演」とのこと。来年の楽しみが増えた!

4月5日(日) クイケン指揮ラ・プティット・バンドによるバッハ「ヨハネ受難曲」

6月15日までに申し込むと、16%割引で、「ヨハネ」を除いた2プログラムで、99ユーロ(開演前と休憩中の飲み物込み)。+「ヨハネ」で149ユーロ。


3月に入ったら、また次々と来季プログラムが発表になるだろうから、楽しみ、楽しみ。
[PR]
by didoregina | 2010-02-28 22:22 | コンサート | Comments(14)
Commented by アルチーナ at 2010-03-01 11:04 x
わあ!いいですね!!サラ様は来日しないのかしら?
そうそう!マレーナ様もイドメネオのリハーサル、(あれ練習だったかな?)をしているとツイッターで呟いてますね!コチラはチケット入手したのですか?
ブリュッヘンとカルミニョーラというのもちょっと意外な組み合わせですけれど、どうなのかしら?
カルミニョーラ、昔は華麗なサッカープレイを見ているようで好き!だったのですが、前回の来日では随分と力でねじ伏せているような演奏に思えたんですよね・・楽器が変わったようだし、そのせいもあったのかもしれないのですけれど・・
Commented by sarahoctavian at 2010-03-01 15:15 x
春の嵐の夜が明けて今日から3月、デザインも気分一新ですね!
サラ様コンサートの大ニュースに私も興奮中よぉ。ローズマリー・ジョシュアとのデュエットでヘンデルアリア~!これは来る4月のウィグモアホールのと同じ催し物でしょうか。ああああ・・・こんな機会はめったにないこと。ましてやミュンヘンでは絶対歌ってくれなそうな演目だし、今度こそアムスに飛んでしまおうか。。。レイネさんはもちろん行かれるんでしょう?
Commented by REIKO at 2010-03-01 16:53 x
ロッテルダムのは「おお、いいな~♪」と思いましたが、レイネさん行けませんですか?残念です。
コンセルトヘボウの2月6日もいいですね。
私としては「男も出せ!」と言いたいですが(笑)、オケ伴のヘンデル・アリアのコンサートって、日本じゃ滅多にないので、羨ましいです。
Commented by レイネ at 2010-03-01 17:21 x
アルチーナさま、マレーナ様「イドメネオ」@モネは、希望した舞台近くのマチネ・チケットが目出度くゲットできました。もう、ブリュッセルにいらしてるのよね。近くに住んでたら、楽屋口で待つのに。。。

ブリュッヘンとカルミニョーラ、アムスには登場するだろうけど、エイントホーフェンにも来てくれないかしら。でも、男性が力でねじ伏せるような演奏は、感心しませんね。聴いていて白けちゃうんですよね、去年のレーピンの場合のように。
Commented by レイネ at 2010-03-01 17:27 x
sarahoctavianさま、演目チェックしたところ、コンセルトヘボウのバロック・マチネのプログラムは、ウィグモア・ホールでのコンサートとは、全然別もののようです。オケも違うし。
ソプラノとのデュエットなので、きっと宝塚風衣装になるわね、サラ様。
まだまだ、わかりませんよ、ミュンヘンにいらっしゃらないとは。でも、これで1年後の張り合いができたわ。
Commented by レイネ at 2010-03-01 17:33 x
REIKOさま、ロッテルダムが無理でも、エイントホーフェンなら平日夜でも行って帰ってこれるので、こちらに来てくれることを願ってるんです。

サラ様コンサートの演目は、「セルセ」「ジュリオ・チェザーレ」「アグリッピーナ」「リナルド」「ロデリンダ」「タメルラーノ」「ベルシャザール」からの独唱アリアとデュエットで、男役・女役と変化に富む内容です。下手な男性歌手より、サラ様のほうが男らしくていいわ。
Commented by sarahoctavian at 2010-03-01 18:27 x
この記事を読んでから、朝食掃除洗濯しながら「行きたい・行けるか?行ってしまおう」という思いが頭の中でグルグルしてます。月曜日早々から何とも平和な悩み・・・。レイネさんは6月までに申し込んで16%オフというのを狙ってるの?私もそれまでに決心つくかしら。日帰りでマチネ鑑賞可能なのが嬉しいけど、せっかくならアムスをちょっと見たい気もしたりして(おいおい、欲が出てきた?)。
Commented by レイネ at 2010-03-01 21:13 x
sarahoctavianさま、サラ様コンサートに関しては、土曜日のNRC新聞に広告が載ったのと、招聘元からDMが届いたのが同時でした。今のところ、先行予約ということで、ばら売りはしていない(11月14日と2月6日の組み合わせチケット)のと、S席という以外は座席指定ができないのがガンです。きっと先着順に処理すると思う。
コンサートホールであるコンセルトヘボウが独自に企画した来季プログラムも、今日発表になりましたが、それにはこのシリーズは入っていません。土曜マチネ・シリーズもnpsという放送局のプログラムなので、コンセルトヘボウのプログラム・ブロシャーには載っていません。(これだからややこしい)
だから、今のところ、NRC新聞購読者かDM貰った人以外には、サラ様コンサートのことは知られていないから、ばら売りが始まってからでも、大丈夫だと思います。どうする、どうする?
もしも、いらっしゃるなら、せっかくだから、オランダ観光もしていただきたいわね。
Commented by Mev at 2010-03-01 21:21 x
コンセルトへボウではジャルスキーも10月にラルペジアータとコンサートみたいですねえ。行きたい行きたい~。でも、今年1年は長男の受験に専念します。それくらいしてやらないと。男の一生が決まるともいえる1年ですからね。
Commented by sarahoctavian at 2010-03-01 21:56 x
ひとりで飛ぶなら何とでもなる・・という気分になっております。で、早速ルフトハンザの欧州内99ユーロでどうかっと検索してみたら、日曜日の日帰りだと270ユーロだって!どひゃー。これは高い。土日で一泊二日ならフライトは99ユーロ・・・チケット代とホテル代を合わせても270にはならないでしょうから、行くなら一泊してアムスを軽く観光するという日程か。コンセルトへボウ近くにはゴッホ美術館もあるんですね。行くことになったら、あれこれ見所アドバイスをお願いしますよ~。
Commented by レイネ at 2010-03-02 00:28 x
Mevさま、PJ様とヌリアちゃんのモンテヴェルディ・デュエットですよ!ああ、エイントホーフェンにも来てくれないかなあ。

あんまりかまいすぎるのも逆効果かもしれませんが、母親としてできる限りのことはしてやりたいというのもありますね。お互い、受験生の母親としてがんばりましょう。
Commented by レイネ at 2010-03-02 00:35 x
sarahoctavianさま、まずは、一晩から数日ほど、冷静に考えてから決めてくださいね。やっぱり、アムス1泊はしたほうがいいんじゃないかしらね、どうせなら。
エア・ベルリンとかもっと安い航空会社のチケットも、今からならまだまだありそうな気もします。前回のサラ様コンサートのために泊まったホテル、コンセルトヘボウから近くて、静かで、きれいで感じよかったわ。あの辺りはミュージアム広場界隈だから、国立博物館もゴッホ美術館も近くていいところです。
Commented by sarahoctavian at 2010-03-31 14:24 x
さっきFredLuitenのサイトを開いたら、いつの間にか来シーズンプログラムが出てました(オランダ語ってドイツ語と英語のミックスみたいで面白いですね)。でもチケット購入はコンセルトヘボウ経由なのかな?その際にはアドヴァイスお願いいたしますよ。
来春のアムスを夢見ながらサラ&ローズマリのCDを今聞きこんでるところです。るんるん。
Commented by レイネ at 2010-03-31 18:30 x
sarahoctavianさま、Fred Luitenのサイトは、素人っぽさがにじみ出てますね。バロック専門の小さな呼び屋さんなんだけど、ショル兄のコンセルトヘボウ大ホール・デビュー実現という実績があります。(5月には、またショル兄が来る!)
土曜日のNRC新聞には毎週のように、このバロックシリーズの広告が出てますが、チケットのばら売りはまだ始まってませんね。コンセルトヘボウ(ホール)からの購入になり、オンラインで席が選べます。前3列までのかぶりつき席は、けっこう高さのあるステージの真下で、視覚的にも音響的にもよくないから、さけましょう。6列目中央くらいが一番いいかと思います。
わたしは、なんだか忙しくて、新譜全然買ってません。4月になったら色々注文するわ!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧