Summertime

2週間も待たずに、ヨハネット・ゾマーにまた会えた。
彼女には狙いを定めている今シーズンなのだが、実は、同日ブリュッセルのモネ劇場で、エヴァ=マリア・ウエストブルックも出演している「エレクトラ」がマチネ上演だったのだ。どちらに行くべきか、ここは思案のしどころである。
ウエストブルックは、12月にDNOで当たり役「西部の娘」の主役が好評だったが、TV放映の噂を信じて、歌劇場には行かなかった。がせネタであった。彼女とは、縁が薄いのだろう、きっと。ということで、わたしとは今シーズン、かなり縁の濃そうなゾマーの方を選んだ。

c0188818_21262614.jpg2010年1月31日
Muziekcentrum @Eindhoven

Claudio Monteverdi
   Lamento d'Arianna,
   Tirsi e Clori,

George Gershwin
   Summertime,
   The man I love,
   My man's gone,
   They can't take that away from me,
   Fascination rhythm,
   It ain't necessarily so


妙に能天気に明るいポスターである。
プログラムも凄い。曲目は、モンテヴェルディとガーシュインで、ヨハネット・ゾマーにThe Gents, ハーグ・サキソフォーン・クワルテットという組み合わせも、なかなか意表を突いている。

最初のモンテヴェルディの2曲は異質で、浮いてしまった。「アリアンナの嘆き」と「ティルシとクローリ」は、モンテヴェルディのマドリガーレだから、当時の流行歌だと思えば、どんなアレンジでもあり、だとは言える。
しかし、16人の男声合唱団ジェンツが、通奏低音やその他の器楽パートを口三味線で歌ったり、歌詞をハモッたりするのが、どうもひっかかる。しかも、そこに伴奏として、サキソフォーン・クワルテットが加わるのである。アレンジした人には、ご苦労とねぎらうべきだろうが、バロック音楽というにはちょっとぎこちなさがある。ゾマーの歌い方が正統的古楽の王道を行くものだから、かえってその他の人たちとのギャップを感じるのだった。
ジェンツは、キングズ・シンガーズを素人っぽくして、頭数だけ増員したような感じ。比較的ポピュラーな路線を行っているようだ。

その後、ガーシュインの曲になると、一気に雰囲気が盛り上がった。
ヨハネット・ゾマーの声と英語の歌詞との相性は抜群だとは、常々思っていた。この人の歌う英語の発音にはぞくぞくしてしまうのだったが、それはなにもパーセルやヘンデルなどの歌には限らないことを発見した。
ガーシュインの曲には、なんとなく黒人歌手の方がハマリそうなイメージがあるが、ゾマーは、パンチを効かせたジャジーな表現も上手いのだった。バッハを歌うときのように清楚でストイックなのとは、全く異なる歌い方ができるのだ、この人は。レパートリーの巾が恐ろしく広い。
そして、彼女の英語のとろけるような発音の耳当りのよいこと!はっきり言って、英語の歌だと、かえって耳障りに聞こえる歌手は多いのに。

バック・コーラスやサキソフォーンの伴奏とも、曲の雰囲気がばっちりあっていて、日曜のお昼にふさわしい、軽さと明るさで、いい気分になった。

プログラムを読むと、コンサート後、CD販売とサイン会があるという。
ヨハネット・ゾマーのCDは、Channel Classicsのプロモーション・セールだったので、先日大人買いしたばかりである。ちょっと引けてしまうジャケ写真のため、最新盤ヘンデル・アリア集は注文しなかった。いい機会だ、これを買ってサインしてもらおう。

c0188818_220326.jpg

           ステージ用メイクのままなので、きつめの顔。

CD売り場では、何事かもめていた。
コンサート前にChannel Classicsの人が舞台に出て、創業20周年記念コンサートのことを話した。5月24日に、ここフィリックス・ミュージック・センターで、所属全アーチストを招いて、コンサート他の催し物で、一日お祭をするという。
そして、フィリップス・ミュージック・センターでは、今回のコンサート聴衆に、記念サンプルCD2枚配ります、とDMでお知らせしてきたのに、レーベル側は知らず、販売用のCDしか持ってきていないのだった。
タダでもらえると思って群がっていた人たちは落胆して去り、残ったわたしが最初にヘンデル・アリアCDを買い、ヨハネット・ゾマーにサインしてもらった。

ゾマー自身がCDのプラスチック包装を剥いて、サインしてくれてる間、話しかけてみた。
         (Rは私 Zはゾマー)
R「今シーズンは、あなたのコンサート、追っかけしようと思ってるんですよ」
Z「あら、まあ」
R「いえ、異なるプログラムのだけですが」
Z「今回のは、ちょっと変わってるでしょ?」
R「ええ、2週間前に聴いたコンティのダビデとは、全然雰囲気が違いますね。その前の聖母教会でのコンサートとも」
Z「あれは、テオルボのフレッド・ヤーコブスと共演したコンサートね」
R「でも、聴衆が少なくて、残念でした」
Z「教会関係者と寄進者が対象だからでしょ」
R「それがあいまいで。どこにも、宣伝がでていなかったんですよ。それから、ドイツのケンペンでのヘンデルのテオドーラ、1日違いで聞き逃してしまって残念。オランダのカンペンだとばかり思っていたので。次回もヤーコブスと共演でしたっけ?」
Z「はっきり、覚えていないから、サイトをご覧になって」
R「はい、サイトで日程はチェックしてます。そのおかげで、聖母教会のコンサートにも行けたんです」
などと、なんだか、井戸端会議のような果てしなさで、女二人の会話が続いたのだった。

c0188818_22174876.jpg

               お宝のツーショット
               雪のため、電車で出かけたので、着物はパス。
               そのかわり、帽子で目立つようにした。
               ゾマーは、気配りのきく、さっぱり気さくな人だった。
[PR]
by didoregina | 2010-02-01 14:25 | コンサート | Comments(6)
Commented by takataka at 2010-02-02 09:48 x
昨日にこの記事を読みまして、ゾマーとフレッド・ヤーコブスのCDを探して聴こうとしたんです。見当たらない。
実力のある歌姫です! 今夜はフランスものの、ゾマーさんにしようか。

お宝の写真になりますネ。
Commented by レイネ at 2010-02-02 16:55 x
takatakaさま、このコンビで結構何枚もCD出してますね。でも、おフランスものは、持っていなくて未聴なんです。セールで買えばよかった。ケチなので、選びに選んだんです。。。

ゾマーとは普通のおしゃべりみたいになってしまって。今頃になって、あれ聞いとけばよかったという質問事項が出てきました。
Commented by Mev at 2010-02-02 22:09 x
おおお、おっかけしているお方とツーショットというのはなんとうらやましい!素敵なお手製の帽子姿で、一層お宝度アップですね!
Commented by レイネ at 2010-02-02 23:16 x
Mevさま、貴ブログにもコメントしましたが、去年はレーピンのおっかけしてましたわ。フィリップス・ミュージック・センターでは、終演後のサイン会がけっこうあります。新譜CD販促を兼ねてるんでしょうが。
今回のおしゃべりと帽子で、印象に残ったかもしれないので、次回は着物姿を披露したら、モアベターかもね。
Commented by アルチーナ at 2010-02-03 15:25 x
ご本人に、直接追っかけ宣言!ですね!
コンティの『ドン・キショット』もゾマーでしたよね?
そちらも行かれるのですか?
今後もレビュー期待しております。
5・24の一日お祭りも楽しそうですね。いいな~
それにしても、チラシが・・春を通り越して早く夏よ来い!という事でしょうか・・
Commented by レイネ at 2010-02-03 16:50 x
アルチーナさま、おっかけのご本尊にアプローチする場合、いかに濃いファンであるかを、まずアピールしなければいけません。直接お話ができたのは今回が初めてだったので、まずは印象付けるために、かましてみました。
コンティの「ドン・キホーテ」、楽しみなんです。
でもその前に、バッハの受難曲、カンタータなどのコンサートが3回くらいあります。そのうち2回は、家から近いので行くつもり。来週の日曜日、コンセルトヘボウでバッハのカンタータ、マチネ公演があるんですが、今思案中。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧