ベル・エポックのパリ、フローのパリ

ヨーロッパにいると、クリスマスとお正月の間は、なんだか間延びした期間だ。
クリスマスがどうしてもメイン・イヴェントになるので、それまではストレスの多い、まるで師走のような様相を呈すが、27日以降はほっと一息ついて、もう年が明けたような静かな日々になる。

そんな時期のパリに行くのは、なんと20年振りである。その年は、丁度フランス革命200周年だった。ヌイイーに住んでいた知人の家に泊めてもらえたので、割とリッチな、あまり観光的でないパリを体験できた。

今回は、ティーンネージャーの息子二人を伴うので、何でも4倍かかるから、とにかくオランダ人一家らしく、なるべくお金を使わないですむように倹約第一とした。
c0188818_4262486.jpg

ロンドンでもパリでもベルリンでも、大都市のホテルは、超高級から格安までピンからきりまで。様々なチョイスのラインナップが揃う。それで、とにかく安いホテルを探したら、4人部屋トイレ・バス・朝食付き2泊210ユーロというのが東駅近くに見つかった。

去年までは、某大手ホテル・チェーンで16歳未満の子供2人までは宿泊・朝食タダというのを、散々利用した。夏休みの2日目に長男が16歳になったので、最初の1泊はタダだった。
今はもうその手が使えない。食べ放題のビュッフェ朝食やプール付きのホテルはもう最初から諦める。しかし、一挙に二倍料金を払うのは癪なので、安いホテルを探すと、2つ星くらい、冴えない立地、朝食はフランスパンにクロワッサンだけ、というものになる。
なに、学生時代は、そんなホテルでも部屋にシャワー・トイレが付いてるだけでもありがたかったものだ。そろそろ、子供達もそんな安ホテルに泊まってヨーロッパを貧乏旅行する年齢なのだ。今から慣れさせよう。

安ホテルに宿泊の場合でも、これだけは譲れないという基本さえ押さえて、一点豪華主義に徹すれば、あまり悲しい気分にはならないものだ。すなわち、ホテル代が浮いた分、美味しいものを食べるとか、オペラのいい席を奮発するとか、高いブランド物を買う、とか。
しかし、なんにしろ4人分というのは痛い。結局、我が家はオランダ人一家であるから、あまり豪華にお金は使わなかった。

まず、着いた日が火曜日で、公立の美術館・博物館は閉まっている。それで、個人美術館であるジャクマール・アンドレに行った。あわよくば、邸宅内のカフェで優雅にランチかティーなどとりたいものだと。しかし、誰しも考えることは同じであった。オスマン通りの美術館前は長蛇の列だったので、入場は即諦めた。
c0188818_5515023.jpg

        美術館の並びの古書店で、コレットの「シェリ」発見。
        47葉の挿絵つき1924年版が450ユーロ。

凱旋門前まで行って記念写真を撮り、シャンゼリゼを歩く。
そのまま、ガルニエ設計のオペラ座まで、雨模様のぬかるむ道を歩いた。

オペラ座では、今丁度、ラモーの「プラテー」をやっているから、当日券が手に入れば買おうかな、などと悠長なことを考えていた。しかし、オペラ座内部を見学しようとする観光客の列が、ここでも長い。なにしろ、ルーブルもオルセーも閉まっているんだから、行き場のない観光客が押し寄せてもいた仕方がない。
見学入り口とオペラのチケット売り場が並んでいるから、売り場まで入るのに一苦労。列を無視して、係員に「当日券を買いたいから」と頼んで中に入れてもらった。
「プラテー」の当日券は、最後の4枚というのが、奇跡的にあった。しかし、カテゴリー1で、一番高い席である。4人で500ユーロは下らないから、またしても即諦めた。ミンコフスキーにも、ポール・アグニューにも、ミレイユ・ドルンシュにも、縁がなかったのだ。(ポール・アグニューにだけは、2009年には2回縁があったが)

オペラ座隣のユニクロを覗こうとすると、ここも中に入るのに並んでいる。子供達は呆れ顔。
主人はデパートを見たいというので、ギャラリー・ラファイエットとオー・プランタンへ。クリスマス後のバーゲンが始まったばかりだから、この辺はパリで一番混雑している場所である。人ごみに疲れ果てた。
オー・プランタンの最上階、アール・ヌーヴォーのステンド・グラスのドームのカフェに、27年前パリに始めて来た時入ったのを思い出した。疲れたので、そこに行ってみると、モダンな椅子とテーブルとメニューの高級っぽいカフェに変貌していた。天井のステンド・グラスはそのままである。広々とした空間で、お茶が楽しめる。飲み物にはお水もついてきて、くつろげる。
c0188818_565115.jpg

         なんと今はここもフローのカフェ。


暗くなっってきたので、ホテルまで歩いて帰ることにした。
ここから、サン・ドニ街あたりは、今まであんまり来たことがない。19世紀末から20世紀初頭に栄えた盛り場で、永井荷風の「ふらんす物語」の世界を彷彿とさせる。
今は場末の雰囲気で、中の下から庶民的というより、サン・ドニ門から東駅にかけては、黒人の移民街になっている。

この近くに、ブラッスリー・フローの本店と、今はその傘下に入ったジュリアンがある。
いずれも、ベル・エポックの匂いがふんぷんと漂う、古風なレストランだ。ホテルから歩いて10分とかからない。他にぱっとしたレストランもない地域なので、2晩でその両方を利用した。
c0188818_5163368.jpg

フロー・メニューは、2コースで22ユーロ、3コースで27ユーロとお得。
パリに来たら、絶対、フォア・グラとフリュイ・ド・メールを食べたい。

c0188818_5183742.jpg

       牡蠣や貝は、外で専門の人が剥いてる。

c0188818_5241176.jpg

       ジュリアンの内装は、純アール・ヌーヴォー。


しかし、ブラッスリー・フローのチェーン展開には、すさまじいものがある。パリやフランス中のめぼしいアール・ヌーヴォー、アール・デコ、ベル・エポックの建物・内装のレストランをどんどん、傘下に治めている。今回入った3店とも、満員の盛況だったから、ビジネス的には成功してるんだろう。
[PR]
by didoregina | 2010-01-01 22:08 | 旅行 | Comments(0)


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧