「タウリスのイフィゲニア」@モネ劇場

「アウリスのイフィゲニア」の10年後のお話。

c0188818_5245430.jpgmuzikale leiding | Christophe Rousset
regie | Pierre Audi
dramaturgie | Klaus Bertisch
decor | Michael Simon
kostuums | Anna Eiermann
belichting | Jean Kalman
koorleiding | Piers Maxim

Iphigénie | Nadja Michael
Oreste | Stéphane Degout
Pylade | Topi Lehtipuu
Thoas | Werner Van Mechelen
Diane | Violet Serena Noorduyn

Symfonieorkest en koor van de Munt

今回、モネでは「イフィゲニア2部作」を、1時間の休憩を挟んで一挙に上演してしまった。
ストーリーの継続性から考えると、この一挙上演は快挙と言えよう。
しかし、音楽的には、ほとんどこの2作に継続性はないように思えた。というより、「アウリスのイフィゲニア」作曲から5年たっているのだ。音楽性が変化しても不思議はない。

観客からすれば、「アウリス」(1部)を見たので、ストーリー背景が飲み込め、「タウリス」(2部)の世界にすんなり入り込めるし、演出家としても、説明的プロローグなどを付ける必要がないから、1部2部続けての上演は、双方にとって便利だ。

舞台装置は、ロイヤルボックス(軍司令部もしくは宮殿、2部では神殿)に繋がる階段の角度が、わずかに歪曲したのみで、大きな変化はない。

ディアナの加護によって命が助かったイフィゲニアは、スキタイのタウリス島で女神に仕える巫女になっている。
c0188818_5414337.jpg

     神殿を守る巫女たちというより、捕虜収容所か精神病院に入れられてる
     若い女の子たち。

タウリス島のイフィゲニアは、ナジャ・ミヒャエルが歌う。
ナチュラル・メークでスリップドレスの彼女からは、ナイーブで精神を病んだ少女らしさが漂う。
しかし、ミヒャエルの声は、古楽系のヴェロニク・ジャンスとは全く異なり、ドスを利かせたヴィヴラートを力強く響かせるので、まるで「サロメ」か「エレクトラ」みたいだ。
彼女の声を聴いただけで、10年の年月が過ぎ、アウリス島のイフィゲニアとは異なる境遇の、別人のようになった主人公という設定であることがわかる。
c0188818_62253.jpg

         メークのきついナジャ・ミヒャエルのポートレート。

また、ここで聞けるグルックの音楽も、バロックから決別して、新たな潮流に入ったことを明白に示す。しかも、ミヒャエルの声の印象から、古典派を飛び越えて後期ロマン派の音楽のようにも聞こえる。もう、R.シュトラウスの世界からそれほど遠くない。

ストーリーも、ギリシア悲劇に基づいているから「エレクトラ」に似ている。
弟のオレステスが、母と継父を殺して、タウリス島まで流れて来た。元はといえば、その母クリュタイムネストラが、夫アガメムノンを殺した、そのあだ討ちだったのだ。血塗られた家系の一家である。

c0188818_695792.jpg

        目隠しされ、生贄にされる寸前のオレステス。

オレステスは、親友ピラデスと共に、罰のため異国に流されたのだが、スパイ的使命も担っている。
タウリス島に流れ着いた異国人は、生贄のために殺されることになっている。ディアナからの神託を授かった巫女イフィゲニア自らの手で。

ここから、ドラマは深刻さを帯び、登場人物は皆、苦悩する。
イフィゲニアは、弟と知らずにオレステスに会うが、故国への手紙を託すため、オレステスかピラデスの一人だけ、命を助けることにする。
そこで、二人の男の友情が絡むのだ。どちらも相手を助けたいと願って。
その苦悩する男の一人、ピラデスを演じたのが、トピ・レティプー君だ。
c0188818_620973.jpg

        素顔に近いメークで、長身で颯爽としたトピ君。

テノール(ピラデス)とバリトン(オレステス)のデュエットもあり、互いに相手の命を救いたい男の友情、とくれば、「ドン・カルロ」を思い出さずにはいられない。
トピ君のことは、bonnjourさんのブログ記事を読まなかったら、ノーチェックだったはずだ。変わった名前だから、一度目にしたら忘れない。たまたま、当日しかも休憩時間に、トピ君が歌うことを知り、これはこれは、と注目した。
注目に値する、さわやかな容姿と伸びやかな声のテノールである。古典派の音楽に向いてる声質だから、モーツアルトやグルックのオペラの役がぴったりだ。これからも、期待しよう。

c0188818_631686.jpg

        ロイヤル・ボックスはディアナ(右)の神殿。

結局、あわやの時に、姉と弟だということがお互いにわかり、またもやディアナのご加護によって、命が助かる。精神病棟のガードマンか監獄の看守みたいなスキタイ王も、ピラデスの手によって殺され、めでたしめでたしで終わる。

1部2部ともに、ディアナ役は同じ歌手で、舞台を見守りつつ、重要な時になると必ず現れる。ストーリーのカギを握る人物だからだ。そんな風に、神の手のひらの上で踊らされている人間、というのは、まだまだバロック的考えであろう。グルックの音楽は、過渡期というより、もうバロックからは抜け出ていたが、R.シュトラウスのオペラ世界まではさすがにまだ行っていない。

これで、グルックのオペラは「オルフェオとエウリディーチェ」「パリーデとエレナ」それにこの「イフィゲニア2部作」の計4作を鑑賞したことになる。この「イフィゲニア2部作」を聴いてようやく、彼の音楽の簡潔さが、なるほど古典派の楷書のような端正な味なのだと、納得できた。
多分、ルセのアプローチもその辺をしっかりと狙って、ダ・カーポ・アリアを省いたり、オケもモネ劇場専属オケを使ったのだと思う。

c0188818_7112634.jpg

         スキタイ王と右手後方に指揮者ルセ。
[PR]
by didoregina | 2009-12-27 23:02 | オペラ実演 | Comments(12)
Commented by alice at 2009-12-28 14:29 x
2部作を一気に上演は素晴らしいですね。モネの企画は凄い!

タウリスのほうは2006年ワールドカップで燃えていた頃のパリで観ました。ミンコウスキー指揮、グラハムのイフゲニア、ブロンのピラデスと音楽は最高!でしたが、演出は現代の老人ホームが舞台で年老いたイフゲニア(黙役の女優が演じる)が登場する難解なものでした。
情けなくもいまだ消化されていませんでしたので、こうして同じオペラをご覧になってのレポート、明快な文章での解説、とても感心させられました。ありがとう☆

Commented by Mev at 2009-12-28 20:07 x
これは濃厚な二本立てですね。 しかも1時間の休憩で、舞台装置もしっかり変え、雰囲気もガラリと改めるというのはすごいですねえ。 続編とは思えない脚色と思われ、見る方も体力が必要でしたでしょう?
ああ、だけど、こういう刺激的な舞台を見てみたいものです!
Commented by レイネ at 2009-12-29 02:15 x
aliceさま、このオペラは、心理ドラマの様相を帯びていて、かなり近代的な作品だと思いました。特にナジャ・ミヒャエルがタイトル・ロールなので、R.シュトラウスのオペラみたいに聞こえてしまって。

スーザン・グラハムのイフィゲニアなら、はまり役だったでしょうね。しかし、設定が現代の老人ホームが舞台というのも、かなりぶっ飛んでますね。
ミンコフスキーといえば、明日からパリに遊びに行くので、ガルニエでの「プラテー」(ミンコ指揮)のチケットが手に入ったらいいなあ、と思ってます。ミレイユ・ドルンシュも出てるので。
Commented by レイネ at 2009-12-29 02:21 x
Mevさま、バロックっぽさのかなり残る1部と、近代的な心理ドラマみたいに進化してしまった2部との、対比がすごく面白かったんですが、続けて2本立て上演にしちゃうと、1部の印象が弱くなりますね。
長くなりすぎるので、音楽は、ちょっと削った部分があるようです。

このプロダクションは、DNOとの共同プロなので、2011年にアムスでも上演されます!それを狙って、ぜひご訪蘭下さい。
Commented by トピ君 at 2009-12-29 08:19 x
長身のハンサムで声もすっきりとした全て私好みのトピ君は、まだ生で聴いたことはないけれど注目してて、ザルツブルグ版コジとかyoutubeでうっとり見惚れているテノールです。来年バービカンでかぶりつきで聴けるのを凄く楽しみにしてるんです。レイネさん、ご覧になれたなんて羨ましいです。
Commented by sarahoctavian at 2009-12-29 19:59 x
指輪4日連続公演ならぬ、一日で2作まとめて実に面白い企画ですね。タイトルロールが変わるというのも。後半のナジャ・ミヒャエルはつい最近こちらの新聞で見かけたばかり。新年明けたらミュンヘンで「サロメ」を歌うそうですよ。レイネさん、どんぴしゃ。
Commented by REIKO at 2009-12-29 22:19 x
この作品はCDで聴いた時、「うわぁ!?何だこれ、スゲ~!!」なサウンドでビックリしましたが、2部作って言っても、前作とはだいぶ違うのですね。
同一路線上で作られてるとばかり思ってました。
物語が「続き」ってことだけなんですね。
それにしても、ルセお疲れ様!
右手パーのお手手が可愛いわ♪

パリで「プラテー」観れるといいですね。
プラテー大好きですよ~~~!(←単なるゲテモノ好き?)
負けるなプラテー、ブスだって力強く生きるんだ!!!!
Commented by レイネ at 2010-01-01 07:57 x
ロンドンの椿姫さま、トピ君は、長身痩躯とルックスからの印象で、ボストリッジ博士路線で行けるんじゃないかと。博士はナマで聴いたことがないので断定できませんが、トピ君の方がオペラの役でいったらレパートリーが多そうな声質です。声量もあるので。(博士は、4月にようやくリサイタルで聴けそうです)

さわやかで、プロポーションがよくて舞台栄えのする若手テノールの出現は、うれしいですよね。
Commented by レイネ at 2010-01-01 08:05 x
sarahoctavianさま、ナジャ・ミヒャエルの「サロメ」@ミュンヘンは、ロンドンで椿姫様が鑑賞されたものと同じプロダクションかしら?いずれにしろ、彼女なら、わたしの抱く「サロメ」のイメージにどんぴしゃ、って感じ。

2009年もクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」がポップ史上最高の曲ということで、オランダTV・ラジオのカウントダウンを飾りました。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくね。
Commented by レイネ at 2010-01-01 08:11 x
REIKOさま、この2部作を指揮しきったルセを、ねぎらいたい気分でした。チェンバロ弾いてなくても、長時間だから大変。これで一山超えて、一皮剥けた?

パリからさっき、帰ってきました。
「プラテー」なら、子供でも楽しめそうかな、と思ったんです。
当日券あったんですが、一番いい席しか残ってなくて、4人だと500ユーロくらいになるので、即諦めました。
はまり役のポール・アグニューのタイトル・ロールをかぶりつきで見るチャンスだったんですが。。。
Commented by sarahoctavian at 2010-01-01 18:59 x
レイネさん、明けましておめでとう!今年もどうぞ宜しくお願いしますね~。大晦日も何とかクリアして、今はお昼前。景気が悪いとか言いながら、大晦日の花火代を捻出するドイツ人の経済力はなんだっと思います。
ロンドンのサロメ(今椿姫さんのサイトを再チェック)はマクヴィカーですか。ミュンヘンには彼の作品は来ないのよね・・・とにかくサロメはミヒャエルの十八番なんでしょうね。
Commented by レイネ at 2010-01-01 19:18 x
sarahoctavianさま、新年明けまして、おめでとうございます。大晦日の晩にまた雪が降り、白い静かな元旦です。
家の周りも、花火の音と色が、それはそれは賑やかでしたわ。毎年、花火でけが人や死者も出るのに。日本人には理解が難しいわ。

ミヒャエルの「サロメ」、わたしの代わりに、都合がついたら観てみて!


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧