雪降る宵は、蝋たたきの着物で

なんと、ホワイト・クリスマスになった。
c0188818_18415642.jpg


オランダでは、気象庁が正式に「ホワイト・クリスマス」と定義するのは、デ・ビルトの観測定点地面がクリスマスの両日(25と26日)、雪で覆われた状態になった場合のみ。局地的積雪では、正式にホワイト・クリスマスとは断定されない。
毎年、今年はどうか、と国中で気にかけるのだが、なかなか実現しなかった。前回のホワイト・クリスマスは1981年だったというから、待ちに待ったもの到来である。

雪の降るイメージにぴったりで、しかも色がクリスマスらしい、蝋たたきで雪を散らしたような絵羽模様の紬を着た。
c0188818_18464698.jpg

       降る雪が、積もっていくような絵羽模様。
       地模様も氷割れのようにむらむらとした濃淡。
       帯は、母が結び糸というテクニックで繋いだ糸を
       緯糸にして織ってもらったもの。
       帯締めは、伯母が組んでくれたもの。

c0188818_18523964.jpg

       今年は、イブから泊り込んで義妹宅でクリスマスを
       祝ったから、クリスマス・ストレス・フリー。
[PR]
by didoregina | 2009-12-27 11:00 | 着物 | Comments(13)
Commented by Mev at 2009-12-27 21:57 x
手作り三昧で、しかも芸術的で、素敵。 私はやっぱり日本人であるからか、クリスマスというよりお正月をイメージしてしまいました。めでたさを感じる色と柄です。あったかーい。
Commented by Deborah at 2009-12-27 22:58 x
レイネ様、やっぱり、お着物姿が、お美しいです~☆
ホームページにも、お美しい雪景色で、しばらくの間、時間を忘れて、見惚れてしまいました。(^o^)
Commented by straycat at 2009-12-27 23:03 x
素敵!以前もこの着物、お召しになってましたよね。その時も素敵だな~と思って見てました。やっぱりお母さまのものですか?

蝋たたきと撒糊って違うように聞いたんですけれど、私の印象では蝋たたきの方が粒が細かいように思うんです。でもこれは粒が大きいですね。しかも下に向かって小さくなってる!ほんと、色は朱赤ですが、雪が降り積もってるみたい。型染めじゃなかったら(文字通りの蝋たたきだったら)凄く手が込んでると思います。

実は高麗屋さんの奥様が黒の撒糊の着物をお召しになってるのを見て、すごく撒糊の着物が欲しくて、呉服屋さんに聞いてみたんです。そしたら撒糊ってシンプルに見えるけど、ずっと息をつめて糊を撒かなきゃならないので作る職人さんは大変なんだそうです。なので結構お高いものなんだそうですよ(スミマセン、値段のことなんか書いて)

黒っぽい帯だとコントラストがついて華やかでしょうが、白い方が雪景色にはぴったりですね。
Commented by レイネ at 2009-12-28 03:05 x
Mevさま、本当にあったかーい着物でおめでたい色なので、お正月が近づくと着たくなるんです。オランダのクリスマスって、日本のお正月に似てると思いません?
紬は着易いので、出番が一番多い着物かも。桃か梅の花が散ってるようにも見えるので、3月まで着られます。
Commented by レイネ at 2009-12-28 03:08 x
Deborahさま、お元気?マーストリヒトでは、残念ながら24日にはもう雪は溶けてましたが、義妹の家のあるエイントホーフェンでは、積雪の上にまた降りました!ラッキー。やっぱり、ホワイト・クリスマスの雰囲気は、格別ですね。
Commented by レイネ at 2009-12-28 03:32 x
straycatさまのおっしゃるとおり、青木玉さんの「着物あとさき」を読んで、わたしも蝋たたきと撒き糊の違いを、そう理解してたんですが、蝋たたきにも別の方法があるようなんです。筆の先を叩いて細かく散らすのじゃなくて、判子みたいにぽんぽんと置いていくという方法で。

この着物は、丁度2年前のこの時期に里帰りしたとき、お正月用に母が用意してくれてたもので、これで着付けの練習をしました。紬に蝋を散らして染めたものなので、生地が厚くて暖かいし、かたものは初心者には着易いんです。
母とその姉二人の3人で、色違いを誂えたものだそうです。母から譲ってもらった最初の着物です。まだまだ着物は着るつもりの母だったので、母には派手になって、あげても惜しくないものを選んだでしょうから、あまり高価なものではないでしょう。

もっと細かい模様の撒き糊か蝋たたきの訪問着を、母の箪笥で見つけたんですが、なんだかあまりにゴージャスで着こなす自信がないので、そのままにしてありますが、いずれは、と思ってます。

黒系の帯、ひとつ買ったんですが、なかなかコーディネートが難しいので、白系統につい逃げちゃいます。
Commented by alice at 2009-12-28 14:49 x
こちらもホワイト・クリスマスですが、来るはずだった孫も現れず地味~なものでした。ただし、同じくストレスはゼロ(笑)

蝋たたきのお着物、雪の白に映えて素敵ですね。クリスマスカラーの赤と緑は雪の白さがあって、より美しいものだと再認識しました。紅色に黒い帯はちょっと重くなるかもしれませんが、劇場やパーティでは目立って、ゴージャスな雰囲気で良いかも。

お母様や叔母様の手作りの帯や帯締めもすごくあっています。レイネさんのお着物姿に故郷を身に着けている安心感のようなものが漂ってますね。ほんわか~☆
Commented by レイネ at 2009-12-29 02:33 x
aliceさま、そちらではホワイト・クリスマスなんて、あまり珍しくもないでしょうね。
以前は、クリスマスの準備に張り切りすぎて、その後病気になるというパターンが、よくありました。これで3年連続、ストレスなし。

やっぱり、やわらかものの着物は、TPOを考えると、躊躇してしまいますが、紬は気楽でいいですね。
年明けにも、パーティが2つ予定されているので、何を着ようかとあれこれ思案中。大島だと気が張らないので、すぐそれに逃げちゃいますが。

着物と帯、母のコーディネートのままだと、簡単にキマルんですが、自分らしさも出したいし。。。やっぱり、着物遊びは愉しいわ。

Commented by 雪の日の着物 at 2009-12-29 08:25 x
雪の日にぴったりの着物ですね。白い帯も雪らしくて合ってますよ。趣味の良いお母様のお着物はどれも素敵で、いつも楽しみに拝見してます。蠟たたきは日本の伝統的な技術を知って貰える会話の良いネタにもなりますね。
そちらはホワイトクリスマスだったんですね。ロンドンはそれまでは雪も降ったのに、イブから急に寒さが和らいでしまいました。
Commented by アルチーナ at 2009-12-29 10:34 x
わあ!素敵な着物ですね!帯や帯締めまも手作りで本当に素晴らしい!
手芸というと昔のイメージで妙にメルヘンチックないかにも主婦が作りました!!(ドアノブカバーとか電話カバーとか・・・)というイメージが永らくあったのであまり好きではなかったのですが、デザインとか作るものによっては本当に素敵なんだな~~っとレイネさまやsarahoctavianさまのお手製のものを見ていると感じます。やはりセンスですよね!

それから・・・ソファも赤で!!本当に素敵です。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-12-30 04:53 x
すみません、間違えました。アルチーナさんの一つ前のコメントは「ロンドンの椿姫」でございました。
Commented by レイネ at 2010-01-01 08:19 x
ロンドンの椿姫さま、はい、すぐに姫様からのコメントだとわかりましたよ。

オランダでは、もと植民地のインドネシアの「ろうけつ」ともいえるバティックなら、皆知ってるんですが、それ以外は説明しても、どれだけわかってくれるのか怪しいのですが。
おかげさまで、2009年も着物を着る機会には事欠かず、ロンドンでは着物でオペラごいっしょできましたのも、ひとえに姫様のおかげと、感謝しております。2010年も、この調子で続けたいと思います。
Commented by レイネ at 2010-01-01 08:23 x
アルチーナさま、いやいや、主婦の手芸にも、昔とは違って馬鹿にしたものじゃないものがけっこうあるんですよ。まあ、人それぞれ、ピンきりですが。

この写真の赤いソファーは、義妹宅のもので、オランダ・デザインなんですが、わたしにはサイズが合わず、座り心地が悪いものの代表です。クッションを2枚背中に当てないと、寝そべったようにしか座れない、という。。。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧