「アウリスのイフィゲニア」@モネ劇場

寒波と共に大雪が降った。
ベルギー首都圏では、しょっぱなから25センチも積もったので、交通マヒの様子である。
日曜日には状況も落ち着きをみせるかと思ったら、今度は吹雪。
ベルギー国鉄は列車の運行をしてくれるのか、心配になり、4時間も前に家を出た。木曜日から列車は最大1時間の遅れだとラジオで言ってるから、念には念を入れよ、である。
しかし、なんでこんな日にブリュッセルまで出かけなければならないのか。めったにないダブル・ビルのオペラ・チケットを買ったからだ。(<-ツッコミ)

c0188818_6521849.jpgmuzikale leiding | Christophe Rousset
regie | Pierre Audi
dramaturgie | Klaus Bertisch
decor | Michael Simon
kostuums | Anna Eiermann
belichting | Jean Kalman
koorleiding | Piers Maxim

Agamemnon | Andrew Schroeder
Clytemnestre | Charlotte Hellekant
Iphigénie | Véronique Gens
Achille | Avi Klemberg
Patrocle | Henk Neven
Calchas | Gilles Cachemaille
Arcas | Werner Van Mechelen
Diane | Violet Serena Noorduyn

Symfonieorkest en koor van de Munt

グルックの「イフィゲニア二部作」は、たしかに、主役が同じで、10年を間に挟んだ二つの事件を取り扱ったものだが、はたして、二部作として一挙上演する意味はあるのか。作曲家は、それを念頭において作ったものか、そうだとしたら、なぜ、一挙上演される機会があまりに少ないのか。
とにかく、意欲的な取り組みであることは間違いない。
両方合わせて5時間弱(1時間の休憩をはさむ)であるから、マチネで一挙に観るのが一番理にかなっていそうだ。

順を追って、まず第一部とも言うべき、「アウリスのイフィゲニア」について述べよう。

エウリピデスによる同テーマ同タイトルのギリシア悲劇とは、このオペラは少々趣が異なった。
たまたま、2年前に蘭・独・白の高校生による3ヶ国語上演で、このギリシア悲劇を観たが、印象があまりに違った。どこにドラマの焦点を置くか、視点が変わると展開のスリルも異なる。

トロイに向かうギリシャ軍の総大将アガメムノンが、神(ディアナ)を冒涜した罰で、風が凪ぎ、船は出航できない。神の怒りを抑えるため、娘のイフィゲニアを生贄に捧げなければならなくなる。それを食い止めることの出来ない母親クリュタイムネストラの苦しい心中と、報国という諦めの境地に至ったイフィゲニア。
結局、ディアナの加護により、すんでのところでイフィゲニアは救われるのだった。

ギリシア悲劇のほうでは、クリュタイムネストラの、母としてなすすべのない嘆きと、戦争という大義のために人身御供を求める軍や民衆との板ばさみで、アガメムノンも苦しむ。
c0188818_732405.jpg

         母(左)と娘。(その後に指揮者ルセ)
         迷彩カラーのドレスが素敵。

オペラのほうでは、そのアガメムノンは、横暴な専制君主そのものの軍司令官で、冷血この上ない。
また、特に目立って登場するのがアキレスである。イフィゲニアの婚約者として。
アガメムノンは苦肉の策として、アキレスとの結婚を口実に母と娘を騙すのだ。
そして、一番大きな違いは、多分演出家の視点がそうなのだが、今回のオペラでのクリュタイムネストラには、母親としての苦しみがあまり表現されていない。娘に対する態度が、どこかよそよそしく、哀しみの表情も白々しいのだ。まるで、継母。

c0188818_7374056.jpg

         アキレスとイフィゲニア。(または春樹と真知子)
         「戦争が終わったら、数寄屋橋で会おう」

また、イフィゲニア自身も、戦時下という非常事態で、絶対的権力を振るう父親の忠実な部下のごとく振舞う。だから、静かな諦観と共に生きる尼僧のようで、アキレスとの恋愛においても運命に翻弄されるがままになっているから、まるで「君の名は」のパロディではないか。

オーディの作った舞台は、いかにも彼らしくて、物理的にもギリシア的ドラマの基本を正しく表現したものだ。
具体的に言うと、ドラマの舞台はオケピットの上に作られ、オーケストラは普段の舞台上、つまり歌手の後方で、そのまた後ろの半円形の階段状の椅子に合唱隊と観客の一部が座る。足場を組んで上手と下手に階段が建てられ、上手の階段はロイヤル・ボックスに繋がる。そこが、軍司令部というわけだ。
舞台後方には、半円の階段状の座席が設置され、そこには放射状の通路も設けられている。
通常のオペラ舞台が、正面から見ることを前提に作られているため、上下・奥行きがあっても平面的にならざるを得ないのに対して、今回の舞台は、3次元の構造がくっきりと立体的になっている。舞台がかなり客席に入り込むことになるからだ。
また、観客の一部が合唱隊と混じった舞台後方の席に座るというのも、合唱隊(コロス)は民衆の声を代表するという、ギリシア劇本来の姿に呼応している。

舞台装置もいいが、特に気に入ったのは、またしても衣装だ。
c0188818_81276.jpg

戦場が舞台なので、衣装には迷彩モチーフが、ろうけつのように繊細な方法で染めてある。その色合いも微妙なトーンのグラデーションで、そのまま着物の柄にしてもよさそうな上品さである。近くで見ると、いわゆる迷彩服とは、全然違うのがよくわかって、欲しくなってしまった。
王妃は、迷彩モチーフのロングドレスに赤のベレー帽という、素敵ないでたち。
生贄に捧げられるイフィゲニアの体には、手榴弾が巻きつけられ、まるで、現代の自爆テロに利用される弱者そのものだ。

そんな風に、オーディには珍しく、ちょっぴり時事が盛り込まれているが、それはほんのりとした味付けで、そのものズパリという悪趣味ではなく、観客にニヤリとさせる程度で、くどくない。いくらだって、置き換え・読み替えは可能だが、オーディの美意識はそれを避ける。
そのせいか、オペラを鑑賞したというより、ドラマを観たという印象のほうが強かった。

音楽は、グルックのオペラから、バレエなどのトラジェディ・リリクの要素を取り除き、簡潔に換骨奪胎したものだと、ルセが言っている。
そうすれば、たしかに、バロックから決別したグルックの音楽の革新性がより鮮明に浮き彫りにされる。

ヴェロニク・ジャンスの声が、清純無垢な娘の表現にぴったりだった。演技も悲劇の主人公になりきって、表情もデリケートで好演。しかし、彼女は、びっくりするほど大柄で馬面だった。カーテンコールでルセと並ぶと、ルセのほうが首一つ分小さい。
その他の歌手は、古楽系とクラシック系が入り混じっていた。アキレス役の歌手は、鼻声が強いヘルデン・タイプだ。だから、かえって、ヴェロニク・ジャンスの清清しい歌い方が、古楽的に聞えた。
[PR]
by didoregina | 2009-12-22 00:32 | オペラ実演 | Comments(8)
Commented by sarahoctavian at 2009-12-22 15:30 x
レイネさんの細部にまでいたるレビューに惹きこまれちゃったわ。オーディの演出は斬新なアイディアと古典的な上品さがマッチして素敵ですね。挑発的で攻撃的な演出ばかりがモダンではないということでしょうか。私はタメルラーノのみですが(あれもストイックで上品な舞台でした)、彼の作品をもっと体験したくなりました。
Commented by アルチーナ at 2009-12-22 17:02 x
うーーん、確かにジャンスは馬面かも・・・
演出の立体感、面白いですね。
それもロイヤルボックスが軍司令部だなんて・・!!
『トーリード・・』の方もこの演出を受け継いだものになっているのかしら?と気になります。
Commented by Mev at 2009-12-22 19:25 x
迷彩服のギリシャ悲劇というのも面白い取り合わせですねえ。舞台装置も見てみたい!でも日ごろから思っているのですが、ベルギーで舞台をご覧になる時は字幕は仏語?それともフレミッシュ?(もしかしたらどっちも?)
大雪のなか、移動は大変だったでしょうけれど、行った甲斐のある舞台でよかったですね!
Commented by REIKO at 2009-12-23 05:43 x
キャアアアア♪ルセの後姿があああああッ!!!
・・・思わず大興奮してしまいました。
元気に頑張っていて、嬉しいです。
トーリド~の方はミンコフスキのCD持ってるのですが、こちらはまだ聴いていません。(いずれ何かCDが欲しいです)
甘さを抑えた、ハードでカッコいい舞台&衣装ですね。
ジャンスがでかいっていうより、ルセが小さいんだと思います。
きっと子供の頃から、スポーツなんかしないで、座ってチェンバロばっかり弾いてたから、背が伸びなかったんだろうな・・・でしょうか。(笑)
Commented by レイネ at 2009-12-23 07:14 x
sarahoctavianさま、オーディは、いつも期待を裏切らない、というか、きっと彼のスタイルに洗脳・教化されちゃってるんです。でも、筋がピシッと通って、節度ある演出・美学には、毎度感心させられます。
ザルツブルク音楽祭の芸術監督就任の噂もありましたが、DNOの次は、ここしかありえないでしょう、彼のポストは。
ミュンヘンでも、オーディの演出がまた見られるといいですね。(彼が演出したDNOのオペラDVDは沢山出てます)
Commented by レイネ at 2009-12-23 07:21 x
アルチーナさま、ジャンスは特に贔屓にしたくなるような魅力と華に欠けると思ってましたが、このイフェゲニアはハマリ役でした。嫌味のない歌い方と声が、とってもニュートラル。ただ、容姿がちょっとごつめなので、もう少し年増の役のほうが合ってるかも。。。
立体的舞台の構築が、いかにもオーディらしくて、うれしくなりました。それを、実験的に感じさせないこなれた扱いで、大人だなあ、上手い、と感心しました。
Commented by レイネ at 2009-12-23 07:34 x
Mevさま、新しいことをやっても、実験的にも奇を衒った風にもならないのが、オーディの素晴らしさだと思います。
このプロダクションは、DNOとの共同制作で、来シーズン、アムスでも上演されるんですが、モネ劇場とミュージック・テアターとでは、箱の大きさが違いすぎるから、きっと市民劇場でやることになるでしょう。それともスケールアップして、ミュージック・テアターの舞台に乗せるのか。。。

ベルギーの歌劇場では、といってもモネとリエージュしか知らないのですが、フランス語とオランダ語の字幕が出ます。しかし、今回は、舞台があまりに変形だったため、字幕が見えない席が多くなり、その分、値段設定もいつもと違って、平土間4列目の普段なら1等の席が4等料金でした!多分、字幕が見えないだろうから、事前にリブレット対訳を読んでおけ、とのモネからのお達しでした。それで、50ページものリブレットを印刷してお勉強。でも、結局、わたしの席からは、問題なく字幕が読め、ラッキー!
Commented by レイネ at 2009-12-23 07:43 x
REIKOさま、ルセは今シーズン、モネでがんばってます!こんなマラソン・オペラの、しかも今回はレ・タラン・リリックではなく、モネ劇場付属オケを振ったんですから。指揮に専念して、チェンバロは弾いてませんでした。

ジャンスは、フランス人にしてはとっても大柄。ルセは、ちっちゃくてかわいかったのが、髪を短くしてちょっとストイックで求道的イメージになりましたね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧