クリスマス・ガラは仮面舞踏会?

12月はパーティ・シーズンなので、恒例行事があまたある。

5日の晩は、セント・ニコラスの夕べだった。子供たちは皆大きくなってセント・ニコラスの存在を信じなくなったので、特にプレゼントを用意する必要はない。そのかわり、ドイツに住む義弟の家で、チャリティ・(コンサート)パーティをするようになった。
彼らは毎年、クリスマスの時期に、南アフリカとナミビアにヴァカンスに行くのだが、その前にチャリティ・パーティを自宅で催して、現地で孤児に渡す寄付金を集める。
パーティ自体での食べ物は簡素にして、子供達がフルート、ピアノ、キーボードなどを演奏して、招待客から寄付金を募るのである。次男は、映画「アメリー」(および「グッバイ・レーニン」)のサウンド・トラックに使われたヤン・ティーアセンの曲を数曲弾いた。


次男の音楽学校では、ピアノ・クラスの発表会が12月に行われるのだが、今年は、ピアノと弦楽器、管弦楽器、バレエのクラスと合同の「くるみ割り人形」発表会が12日にあった。
c0188818_20201459.jpg

        校長先生自らが編曲・指揮した12曲。
        チェレスタやハープもちゃんと入っていた。


そして、昨晩は、息子達が通う高校のクリスマス・ガラ・パーティだった。
よく、アメリカ映画に出てくる、高校卒業のプロム・パーティみたいなのが、オランダの高校でも最近は盛んだ。スモーキングにロング・ドレスでびしっと決め、お城などのムードある会場を借り切って行う。
彼らの高校では、卒業パーティのほか、同様のドレス・コードのパーティが毎年クリスマスの頃にあるのだ。
c0188818_2151953.jpg

        コンサート後、出演者に一輪ずつ渡されたバラ。


今年は、長男と次男が高3と高1なので、同日にパーティに参加することになり、衣装の面で困った。
長男には、2年前にH&Mで買ったスモーキングがある。彼は中学時代からずっと背が高く、高校に入ったら190センチくらいになり、もう伸びないだろうと思い、スモーキングを買ったのだ。大学に入っても使えるはずだ。
次男にとっては、今年がガラ・パーティ・デビューである。彼は、まだ180センチに足らず、15歳だから、まだこれから身長は伸びるだろう。今買ってしまうと、来年はもう着られないかもしれない。いくら安くてもスーツとドレスシャツ、蝶ネクタイ、カフス・ボタンなどを揃えたら200ユーロは下らない。親にとって、大変な物入りである。また、来年以降は、長男のが着れるかもしれない。

そんな風に頭を悩ましていると、ピアノの師匠ペーターのママから耳寄り情報を得た。
「ヒューゴー・ボスのバーゲンで、ペーターがコンサート用のスーツを30%オフで買ったのよ。ペーターの体型には、ボスのカットがぴったりだから、いつもそこで買うの。」とのことである。
すかさず、「それでは、今までの衣装は?」と聞くと、
「商売着で、結構痛んでるから、コンサートにはもう着ない」と言うので、それでは、貸してもらえないかと頼んだ。
早速、次男と共にお宅に押しかけて、先月まではコンサートなどで着ていたヒューゴー・ボスのスーツ一式を試着させてもらった。思ったとおり、小柄なペーターのサイズは、次男にぴったりである。
靴以外は全て借りることが出来た。
次男は、「こんなブランド物のスーツを着てくるのは僕だけだろう」と、大層喜んだ。
わたしも、肩の荷が下り、ほっとした。

c0188818_2047379.jpg

   今年は、仮面を付けていないとパーティ会場入場不可。
   ヴェネチアの仮面デザインを元に、黒い繻子の帯地で
   仮面を手作りした。
   ブランド物スーツ、H&Mのと共に、しっくりキマッタ。
c0188818_2053177.jpg
ピエトロ・ロンギの描く「賭博場」
  1683年から1774年までヴェネチアのPalazzo Dandoloに開設されていた
  公営賭博場Il Ridottoには、仮面を付けていないと入場不可だった。
[PR]
by didoregina | 2009-12-17 13:03 | コンサート | Comments(9)
Commented by sarahoctavian at 2009-12-18 15:27 x
子供の体が成長し終わるまで、服と靴は買いかえるタイミングって難しいですよね。母の頭を悩ますところ。大きめで2シーズン着られるわ・・と思って買ったジーンズも、最初に膝が抜けて結局また買い足しになったりするし。まあジーンズだったら繕って使用化だけど、こういう正装はねぇ~普段使わないから1~2回着用して終わりというケースが今までほとんどでした。うちのは来年15歳なんですが、まだ伸びますかね?
息子君たち、レイネ・ママ自作のオシャレな仮面でばっちり決まりましたねっ。女の子の親もさぞかしドレス探しに励んでいることでしょう・・・。
Commented by Mev at 2009-12-18 21:01 x
H&Mとヒューゴ・ボス。お兄ちゃん怒らなかったですか? まあ、男の子はお洋服にはかまわないかしら。 それにしても、御子息お二人ともすらっと背が高くてうらやましいです。立派! ニッポンの高校生は制服着てるんですが、袖もひざもテッカテカで。。。買い換えるなんてもったいないし、毎日手入れするヒマもないし。なんとも情けないですよ。そこへいくと普段はゆるっとして、年に一度ビシっと決めるというのはメリハリあってよろしいですねえ。
Commented by レイネ at 2009-12-18 23:39 x
sarahoctavianさま、うちは男の子2人だから、上の子が着れなくなった服は下の子に回す、ということも出来ますが、おたくは一人っ子だから大変ね。
女の子は15歳くらいで成長は止まるけど、男の子はまだまだ、18歳までは伸びますよ。
オランダは、数年前に北欧を抜いて、平均身長世界一なので、高校生なんか特に2メートル近い子が結構いますね。乳製品の大量摂取と、食肉用動物に与えた成長ホルモンのせいだとにらんでます。食物連鎖(?)というわけ。
Commented by レイネ at 2009-12-18 23:49 x
Mevさま、しゃれっ気も色気もほとんどないのが、我が家の男達です。それがかえって心配の種なんですが。
C&Aやマクロで安ーいスモーキングを買うという手もあるけど、それだけは避けたいと言うので、それに比べたらH&Mも一種のブランドみたいなものなんでしょう、高校生には。

女の子だったら、ショッピングやおしゃれも、きゃーきゃーいっしょに楽しめるのにね。
Commented by sarahoctavian at 2009-12-18 23:59 x
そうなの。だからいい状態のものは彼のいとこ(まだ小学生)や友達の子供に回してます。それがダメならバザーで売り飛ばし。
女の子は、そうですね、そのくらいの年頃で縦に伸びる方は一段落ですね。息子と同い年の従姉とはずっとほぼ同じ身長だったのが、ここ2年ほどで10センチくらい差がついてしまいましたよ。
前のコメントに書き忘れたんだけど、オランダの方はヒョロッと長身なイメージ。乳製品・・たしかに。あと、これは先進国全体に言えましょうが、戦後の砂糖摂取量と体格も比例しているそうですね。成長ホルモンもさもありなん・・・。
Commented by レイネ at 2009-12-19 01:36 x
sarahoctavianさま、サイズが合わなくて着れなくなった洋服や靴は、慈善社会事業団体に引き取ってもらう、というのがオランダでは一般的です。定期的に集めに来るし、スーパーの前には不要になった服や靴を入れる大きな箱が常設してあります。バザーで売る、というのはあまり聞かないわ。

先進国では、肥満が大分深刻化してますね。オランダも最近そうなんですが、どちらかというとドイツのほうが昔から太った人が多いという印象ですね、たしかに。だから、ドイツ人には朗々とした響きのいい声の持ち主が多いような気がするわ。
Commented by sarahoctavian at 2009-12-19 03:38 x
そうですか~オランダではバザーって一般的じゃないの?こちらでは特に子供服やおもちゃ、スポーツ用品など毎週どこかでバザーが催されてますよ。主催者は主に教会(売り上げの5~10%は教会への寄付)やムッターツェントルム(母子集いの場)・市の青少年センターなどで、テーブルを借りて自分で売るものとスタッフが請け負う場合(手数料)とあり。
あ、それからもちろん、その慈善社会事業団体に寄付というのもあるし、空き瓶やプラスティックと共に市のリサイクルコンテナーが街角に配置されてます。これだけ選択肢があれば、ゴミ箱に捨てるということはまずないですよね。。。
Commented by レイネ at 2009-12-22 04:56 x
sarahoctavianさま、亀レスで失礼。多分、オランダ人は古着は、ポーランドやその他の貧しい国の人たちに恵むものだと思ってるようで。。。毎年、女王誕生日には誰でも路上で叩き売り出来るので、おもちゃその他ははけますが、洋服なんかは見かけないわ。ケチ(ほめ言葉です)なオランダ人ですが、着るものだけは古着はいやだと思うのは、独特の国民性でしょうか。
そういえば、アーヘンにはヴィンテージやら古着のお店が結構目に付きますが、マーストリヒトでは、1、2軒しか知らないわ。
Commented by sarahoctavian at 2009-12-22 15:41 x
なるほど・・それぞれのお国柄が分かって面白いです!国境越えただけで国民気質に違いが出るかと思えば、双方が微妙に融合していたり。こういうことは海に囲まれた日本では日常生活で体験できなかったので、とても新鮮でした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧