帯を主役に

義妹の50歳バースデー・パーティに出掛けた。
かなり広い彼女の家のサロンと食堂と玄関ホールから家具を取っ払い、テラスにパーティー用テントも立てて空間を繋げた。自宅に大人数を招いてのパーティーの場合、こういう風に広いスペースを確保し、レンタルした立食用のテーブルをいくつか設置するというのがよくあるパターンだ。

50歳という節目は非常に大切なもので、盛大に祝うのが通例である。ここ1、2年この手のパーティに招かれる機会が多い。友人も皆大体そういう年齢になっているからだ。
義妹は、仕事関係、大学時代からの友人、ご近所、兄弟など総勢80人ほどを招き、飲食は全てケータリング会社に任せた。入り口でコートなどを預かったり、シャンペンその他の飲み物サーヴィスから、つまみや食事など、雇った給仕3人くらいがどんどん捌いていく。ケータリングのコックもキッチンに待機しているから、お誕生日の本人は気兼ねなく招待客と歓談、飲食し踊りまくれる。

何を着ていくかに悩むのが、毎度ながら楽しい。
あまり派手な着物で浮いてしまうのは困るから、葡萄の蔦葉とほんのり色がついた葡萄の房を細かく織り出した、秋らしく渋い泥大島にした。

c0188818_1845680.jpg

この着物は、日本で秋に着たら、とっても映えると思う。控えめなよさが分かってもらえるからだ。
しかしヨーロッパでは、この色の大島は地味すぎる。これは、帯で華美を補わなければならない。
そこで、光る素材の洒落袋帯にすることにした。塩瀬や縮緬やざっくりした織の帯では、普段着っぽく見えて、きらびやかな場には不釣合いである。
泥茶色の地の着物柄に、ほんの少しグリーンと淡い柿の色が入っているから、鮮やかな鶯色とミント・グリーンの中間のような光る帯にした。帯揚げも薄い柿色で、抹茶色の帯締めにも一部パステルカラーが入っているものにした。

c0188818_18513893.jpg

     お太鼓に、北斎の富嶽三十六景から「駿州江尻」を写した刺繍。

この帯は、はっきり言って、パーティの雰囲気にしっくりキマッタ。控えめな刺繍だが、描き出される柄がグラフィックな浮世絵の写しである。アーティであり、ジャパネスクでもある。

c0188818_18572230.jpg

            刺繍の元絵の版画

この帯は、先月日本から持ち帰ったものだ。例によって母の箪笥の中から。渋派手(死語か?)で、趣味性が高く、ヨーロッパでは絶対に見栄えがいい、と思った通りだった。
しかし、帯には一度も締めた形跡がないので、着付けるのが大変だった。しかも、関西巻きで、普段とは逆向きに回さなければならないので、四苦八苦。

以前、やはり母の箪笥の中から、昭和初期のものと思しいアンティークの黒い繻子の帯を見つけた。黒地に原色の色鮮やかな刺繍で、御所車や蔦葉が縫い出されている。
まだ着物を着始めたばかりで、目が肥えていなかったので、これは面白いと思い、即貰った。母は、インテリアに利用するつもりだったのだが、わたしが着るなら譲ってくれると言う。
アンティーク風の色柄のポリエステル着物(わたしが初めて自分で買った着物。見る目がなかったと今では後悔している)に合わせた。昔の帯なので巾も長さも短く、普通には着られないので、着付けの先生に教わった器具とテクニックで何とか着てみた。しかし、地厚で重く、着ていてくたびれた。
それ以後、一度も着ていない。
その帯は、インテリア向けで、今時着るものではないのだと悟った。それなら、バッグに作り変えよう。
c0188818_19114295.jpg

       まずは、タレ先部分を利用して、クラッチバッグを作った。

そのままだと、純和風でダサい。和装バッグは本当に垢抜けないものが多くて、持つ気がしないので、普段は着物を着てもカクテル・バッグを持つ。
ちょっとポップな雰囲気を強調するために、組紐状のシルク・コードで回りを囲みそのまま持ち手にした。これで、カクテル・バッグらしくなった。
お太鼓部分は、そっくり残っているので、また別の大きめバッグに作り変えようと思う。
[PR]
by didoregina | 2009-10-19 12:26 | 着物 | Comments(16)
Commented by alice at 2009-10-19 22:50 x
素敵な帯ですね~。こういう色も柄も好みです。バックも紅葉で今の時期にぴったり!

私も大島は着易いので大好きなのですが、80歳まで着られる柄だと思って作ったものの地味すぎて・・・結局、帯を派手にしてます。レイネさんよりずーっと年上なのにネ。(笑)オレンジに梅なのでお正月以降のカジュアルな集まりに(音楽会とかも)着ています。近かったら見せっこできるのにぃ~。
Commented by レイネ at 2009-10-19 23:15 x
aliceさま、見たい、見たいです、お着物姿!
去年、大島にハマッて、大島好きの母のものを裄直ししては、持ち帰ってます。大仰にならず、しゃっきりした着心地で、日本ではさりげなく粋なおしゃれ着として便利なんですが、ヨーロッパのオペラ観劇には、地味すぎるんです。
ロンドンでは、白大島に、光沢のある洒落袋帯を締めてシックさを出しました。最近は、大島に派手な光る袋帯を合わせてもOKみたいなので丁度いいわ。草履も黒地に切り嵌めの派手なものにして、年寄り臭くならないようにするのが決めてだとわかってきました。
Commented by REIKO at 2009-10-20 20:33 x
泥大島は、日本人でも着物を良く知らない人(フツーにいる)には、雑巾(笑)に見えたりするので、外国人には良さがわかりにくいでしょうね。
亡くなった人の箪笥を整理していて、着物が何枚かあり「こんなのたいした物じゃない」と思ったが、一応着物に詳しい人に見てもらったら、大島だった・・・なんてことがあるそうです。
でも着るととにかくラクで動きやすいし、一生着れるので、いいですよね。
私も大好きです♪
最初の写真で、バッグも素敵・・・と思ったら、やっぱり特製でしたか!
Commented by straycat at 2009-10-20 20:39 x
レイネさん こんにちは!

素敵ですね~
絣も細かいのでとても良い大島ではないでしょうか?
私もお下がりが大島ばっかり・・とガックリしていたんですが、着ているとホントに着やすいという事がわかって今ではお気に入りです。シャっきりしているんだけど適度に身体にも添うというか。日本では丁度今くらいの気候にピッタリです。

それから昭和初期の帯が重いっていうのも、よく分かります。
確かに重いと締める気になりませんが、でも座って観劇するには据わりが良いという人もいます。私も一度は全ての帯を締めてあげたいな~と思っています。

それから私も、白大島ならある程度金糸や銀糸が入っている帯もOKと、呉服屋さんで聞きました。なので今度試してみようと思っているんですよ。黒地の草履、私もほしいです。濃い色の紬なんかにも粋でぴったりですよね。
Commented by Mev at 2009-10-20 21:37 x
バッグを帯布で手作りしてというところがレイネさんらしい。おしゃれですねえ。 そして、帯。すてきですねえ。私はちーっとも着物のことはわかりませんが(大島がめちゃくちゃ高価であるということくらいはわかりますが)、浮世絵柄がお母様のおさがりとは思えないほど、ポップだと思いました。 
Commented by レイネ at 2009-10-21 00:31 x
REIKOさま、大島の着心地は抜群ですよね。衣擦れの音も。
この大島は、着物や反物としてみると好みなんですが、わたしが着ると、柄が細かすぎるせいか、年齢的に中途半端なのか、似合わないのがショックでした。この帯をあわせたら、なんとか着こなせました。

帯の残りで、またバッグ作ります!
Commented by レイネ at 2009-10-21 00:43 x
straycatさま、やはりある程度着物を着るようになると、大島は味があるし、着心地のよさで好きになりますよね。冬は、大島じゃ寒いんじゃないか、と思ったんですが、しっかりした地のだと暖かいんです。

帯は、やはり締めにくいものにはあまり手が伸びなくなりますね。塩瀬がなかなか上手く結べなくて、今後の研究課題です。

去年、桐に桜の皮を貼った草履型の下駄を買いました。歩きやすくて、紬にはぴったりなので、よく履いてますが、黒で鼻緒や台がきんきらした、晴れ着に向きそうな派手な草履も意外と大島に合うことを発見しました。
Commented by レイネ at 2009-10-21 00:51 x
Mevさま、大島はネットで見ると、最近かなり値崩れしてるようです。昔は、財産として着物を作ったりしたのに。
母の着物の好みは、かなり趣味性が強く、個性がはっきり出ているので、里帰りのたびに、箪笥の中から面白いものが発見できるのが楽しみなんです。

わたしは、実はバッグ・フェチでもあります。
Commented by bonnjour at 2009-10-23 04:36
帯で華やかさを演出した組み合わせ、とてもシックですね。北斎の浮世絵を線描にしているのも洒落ている。こんな帯を締めていると、良い会話のきっかけになりますね。

いま、実家に滞在しているのですが母の箪笥を探索して、気に入った着物をチェックしてます。いつか譲りうけようと。幸い、2つ下の妹は着物に関心がないようなので、妹の気が変わらないうちに...。

でも母と私では身長が15センチほど違い、骨格も私はEU標準(笑)なので、譲り受けるにしても仕立て直ししないと、とても着られません。一つ一つを洗い張りして仕立て直したら、いったいいくらかかることやら。
Commented by レイネ at 2009-10-23 16:20 x
bonnjourさま、もう日本に滞在してらっしゃるんですか!11月にお里帰りだとばかり思ってました。。。日本の秋の味覚を堪能してきてください、わたしの分も。。。

そうそう、妹さんの気の変わらないうちに、めぼしいものには唾付けといたほうがいいですよ。年取るとどうなるかわかりませんから。

わたしも母とは10センチ身長が違うのですが、着物の丈は長いのでなんとかなります。大島なんかで丈が短めの場合は、おはしょりを下のほう(腰骨の上)にすれば着られますし。身幅も大丈夫。どうしても困るのは裄だけで、裄出し・筋消しで1万円ほどかかりますが、その値段で着物は買えないので、里帰りのたびにせっせと直しに出してます。まず、お気に入りが箪笥の中に見つかったら、着てみて直せるところはお直しに出したらいかが?箪笥の中にキレイにしまわれている着物だったら、洗い張りは、多分必要ないのでは。洗い張りして仕立て直しだったら、お金はかかります。。。。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-10-24 23:09 x
ロンドンでお召しになった白大島も素敵だったレイネさん、大島を何枚もお持ちなのでしょうか?それもお母様からとは羨ましい限りです。うちの母はいつも大島が欲しい欲しいと言っていたので、結局持てず終いだったようです(まさか80歳過ぎた今買うわけもないし)。海外では地味だとわかっていても、やはり大島に対する憧れはあり、一度だけ貸衣装で纏ったことがあるのですが、皆さん仰るように軽くて着心地よかったです。もうこれ以上着物は増やさないと誓っているのですが、古着屋さんのサイトでつい大島を探してしまう私です。
あ、それから、この帯最高です。お母様は物語のある帯がお好みだったんですね。
Commented by レイネ at 2009-10-25 06:00 x
ロンドンの椿姫さま、わたしも白大島に憧れていて、50歳になったら作りたい、と願っていました。そうしたら、大島好きの母があっさりと「白大島なら袷も単もあるから、買わなくてもいいよ」とのことで、50歳まで待たずに譲り受け、サラ様ダイドーのために着たんです。わたしにとっては、ここ一番の勝負着物です。
そのあと、また別の白大島、今度はアンサンブルを母の箪笥の中に見つけました。。。里帰りして、箪笥を覗くのが恐ろしいような複雑な気分。母は、80歳近くなる去年まで着物を作り続けたので、袖を一度も通したことがないものもまだまだあるんです。

でも、椿姫さま、増え続ける着物の保管どうしてらっしゃいます?桐箪笥または衣裳部屋とか?
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-10-25 08:19 x
>母は、80歳近くなる去年まで着物を作り続けたので、袖を一度も通したことがないものもまだまだあるんです

いいですね~! お母様もレイネさんがいつか着て下さることがわかれば安心してどんどん誂えることができますね。

>増え続ける着物の保管どうしてらっしゃいます?

日本と比べると湿気がない分保管は簡単ですが、普通のワードローブにトーチャンに棚を作ってもらって何枚かづつ重ねて置いてます。でももう限界なので、季節で入れ替えて少し屋根裏部屋にでも移そうかと思ってます。そうすれば、また増やせるかな~?
Commented by レイネ at 2009-10-27 07:43 x
ロンドンの椿姫さま、着物の収納保管には、やはり頭を悩ませますよね。
IKEAの引き出しで着物に丁度いいサイズのを去年見つけて、2段のを3つ買ったんですが、全然足りません。
上部がガラス板なので、帯締めや帯揚げなどの色ものが一目瞭然で便利です。残りは、ベッドの下に収納できる大きな引き出しみたいなの2つに入れてます。今週は秋休みなので、IKEAにまた買いに行き、子供に組み立ててもらおうと思ってます。
Commented by alice at 2009-10-28 20:25 x
ホントに娘たちが着てくれないことには・・・勿体無いですよね。

次女のほうがやや興味があるようなのですが、米国暮らし&育児奮闘中ではなかなか着る機会がありません。
昨秋は七五三のお祝いをこちらでしました。ようやく結婚のとき造ってあげた紅色の無地の縮緬に団栗と栗鼠の袋名古屋帯の出番がありました。

和服用の箪笥は夫の母の嫁入り道具だった桐箪笥。70年以上も前のですが、まだまだ使えます。
Commented by レイネ at 2009-10-29 04:23 x
aliceさま、40歳過ぎて、色々な面で余裕ができてからでしょうね、着物を着たいと思うようになるのは。お嬢様たちは、まだまだ若いから、あと10年以上経たないと。わたしも、大学の卒業式以来という長いブランクの後、去年から再開したくらいですし。(その前は、小・中・高とお茶を習っていたので、10代の頃は着る機会がありましたが)ただ、わたしの後は、着てくれる人がまだいません。。。

桐箪笥が欲しい。ヨーロッパでも、アンチックとしてどこかに売ってないかしら。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧