ホセ・クーラの「サムソンとデリラ」

王立ワロン歌劇場によるホセ・クーラ主演の「サムソンとデリラ」に行ってきた。
観てきたとか聴いてきたとか鑑賞してきたとは言えない。その理由を説明したい。
c0188818_0323959.jpg

2009年9月27日@Country Hall Ethias
Direction musicale   Patrick DAVIN
Mise en scène   Michal ZNANIECKI
Chorégraphie   Aline NARI
Décors   Tiziano SANTI
Costumes   Isabelle COMTE
Lumières   Daniele NALDI
Chef des Choeurs   Marcel SEMINARA


Samson   José CURA
Dalila   Julia GERTSEVA
Le Grand Prêtre de Dagon   Mark RUCKER
Abimélechi   Luciano MONTANARO
Un vieil hébreu   Patrick BOLLEIRE
Un messagern.d.
Deuxième philistin   Arnaud ROUILLON
Premier philistin   Xavier ROUILLON
Balleten cours de distribution
Orchestre et ChoeursOpéra Royal de Wallonie / Choeur d'opéra de Namur

ホセ・クーラは、さほど男声に興味を覚えないわたしの、現役のうちにナマで聴きたいテノール・ランキング上位に位置する。それは、ミレニアム記念豪華ロケTVオペラ「椿姫」を観たとき以来の悲願なのだった。しかし、遠征してまで観たい、という気にもならなかった。
その彼が、今シーズン開幕公演に主演するため、リエージュに来てくださると知り、ぜひ行こうと思っていた。
ところが、里帰り時期と微妙にぶつかったため、チケットを買わないでいた。帰国後には1週間近く時差ぼけがあるのが通例で、夜8時以降になると目を開けていられなくなるという症状を呈すからである。

そうこうするうち、ORWから、例のごとく常連向けお知らせメールが届いた。
「1枚チケット買えば、2枚目はタダでっせ。ここにTELして、合言葉はこれこれ」というヤツである。去年も2回ほどその恩恵に与った。
それで、日曜のマチネ公演にK子さんご夫妻を誘って出かけた。2番目のランクの席で、一人当たり20ユーロしない勘定であった。

リエージュの歌劇場は今年6月から2年の予定で、改築工事のため使えない。それで、今年は毎回会場が変わるのだ。
エティアスのカントリー・ホールとは何処なのか?ゴルフ場付属の結婚式場か?
行ってみると、カーナビがないとたどり着けないような、リエージュから10キロほど離れた村の小高い丘の上にある大きな体育館のような建物だった。
実は、これがバスケットボールのアレーナなのだった。普段は、マジック・ジョンソン(バスケット選手はこれしか知らない)なんかが飛び跳ねてる場所である。

2階正面2列目といったら、普通の歌劇場ではかなりいい場所のはずだ。しかし、ここは違った。2階席は普段はスポーツ観戦のための座席だから、細長いコートである平土間には被らないのだ。だから、はるかかなたにステージを造ってある。それが、もう字幕が読めないほど遠いのだ。
一番高いランクの平土間だって、安心できない。傾斜がないから、前のほうの座席しか、視覚的にベストではない。
音響も、いいとか悪いとかのレヴェルではない。これには、ホセ・クーラも驚いたことだろう。
最高47ユーロという、妙に安い値段設定のわけがわかった。

c0188818_145193.jpg

         シャビーな会場に唖然とするクーラ。

そして、ひどいのは会場だけではなかった。
今回、右隣に座ったのは、爆睡少年ではなく、ポテトチップとコーラ持込少女であった。ここには、注意する係員もいないので、演奏中にしっかり、それらは飲食されたのだった。
そして、後に控えたのは、歌がない器楽演奏中はおしゃべりタイム、と心得る人たちであった。
こういう輩に対処するためのうまいフランス語を知らないのが、癪であるが、しーーーっと言うのも芸がない。それで、持っていた扇子でビシバシとやると、さすがに回りも少しは静かになった。

こんな場所とは知らずに、着物で出かけた。9月最後の単衣は、6月にも着た若草色と抹茶色の中間のような、竹の地紋の色無地だ。俳句で竹の春というのは、秋を指す季語というから、6月と9月の両方着られる。帯と小物は変えた。川島織物のメルヘン調の風景を織り込んだ洒落袋帯だ。前柄はパステルの織縞で、あまり秋らしくはないが、明るい雰囲気で、マチネには向いていると思う。
結構着飾っている人たちも沢山いたから、別に浮いていたわけではないと思う。
それでもやはり、日本からホセ・クーラを追っかけで来ていらっしゃる方のお目には留まったようだ。

c0188818_1202312.jpg


サン=サーンスの音楽は、R.シュトラウスのように官能的な響きだ。
ストーリーは聖書の士師記に基づくもので(去年お勉強のため、ラテン語で一部読んでみた)、オペラというよりオラトリオに近い内容で、歌よりも器楽演奏のほうが多いくらいだ。歌がない部分には、やたらとバレエが入る。そうすると、後ろの人はおしゃべりに熱中し、わたしは扇子で対抗する。
第3幕の前奏なんてとっても美しい音楽なのに、それに浸れるどころではないのだった。

ホセ・クーラの表情など見えない距離だが、さすがにスターの貫禄というかオーラがあり、彼のいる場所は光ってるからすぐわかる。それに、あのつややかな声は紛れもないクーラである。
かなり大男のはずだが、デリラ役のユリア・ゲルツェワも大柄なので、遠目でも豆粒ほどにはならずにすんだ。このメゾ・ソプラノはドラマチックな声がでるから、悪女役には最適だ。来月このコンビがミュンヘンで「カルメン」をやるらしい。ルックスも写真でみるかぎり華やかである。

2幕目が、ストーリー上はクライマックスで、クーラの歌が堪能できる。
髪を切られ目をつぶされたサムソンは、3幕では文字通り囚われの身である。それが、最後にはなぜか、力を振り絞って、異教徒の神殿をつぶしてしまうことができた。髪が伸びて怪力を取り戻したからだという。
今回の舞台では、子役の男の子がサムソンの分身で、怪力の象徴のように使われていた。
カーテンコールでは、その子もクーラに抱かれて拍手をいっしょに受けていた。
[PR]
by didoregina | 2009-10-01 18:42 | オペラ実演 | Comments(10)
Commented by アルチーナ at 2009-10-02 09:26 x
「シャビーな会場に唖然とするクーラ」に大うけです!
音を立てられるのは爆睡以上に迷惑ですね。
・・でも爆睡もやっぱり気になりますね・・
特におじさんだと、変なタイミングで鼾をかかないかとハラハラしちゃいますし・・
川島織物って帯も作っているんですね・・というかそちらが本職なのかしら?
Commented by sarahoctavian at 2009-10-02 14:57 x
すごいですね~。体育館でザワザワ・コーラ飲みお喋りの合間にオペラ鑑賞。そこに扇子シャッと叩いて「静かにおしっ」と喝を入れるレイネさんが紛れ込み・・楽しい情景でございます(あれ、失礼)。シェークスピア時代の立ち見劇場などをイメージしましたわ。
そうそう、そうなんですよ~主演の二人がカルメンで再共演するんでした~。来週3回とも殆ど売れ切れで・・私、来年初夏のカウフマン&ガランチャ版に気を引かれてるうちに出遅れました。
Commented by レイネ at 2009-10-02 17:16 x
アルチーナさま、シーズン開幕公演がこの調子では、ちょっと幸先が危ぶまれます。眠る暇はないほど、結構盛りだくさんの内容で飽きない構成にはなってました。いい意味でエンタメというか。

川島織物は、帯のほうで有名だと思います。群ようこさんがお好きみたい。
Commented by レイネ at 2009-10-02 17:22 x
sarahoctavianさま、とっても気軽にオペラ鑑賞、という意味ではいいんですけどね。あの環境では音楽には浸れませんでした。

ホセ・クーラは、日本から追いかけて来られた方のお話では、金曜日はちょっと不調気味で、ごほごほなんてやってた、ということでしたが、この日は、多分絶好調だったのではないかと思います。つやのある晴れやかな声で、ああ、これだわ、と。

ミュンヘンの「カルメン」は、ガランチャでぜひ観たいものですね。ドン・ホセは、アラーニャでなくて、カウフマンなの?
ロンドンの方々のご感想によると、ガランチャのあばずれカルメンがとってもよさそうだから、がんばってチケット、ゲットしてくださいね。
Commented by REIKO at 2009-10-02 20:06 x
何だか大昔のオペラハウスみたいな鑑賞態度?で、何だか可笑しくて笑ってしまいました。
マナーが全然なってないガイジンを、扇子でビシバシと?黙らせるレイネさん、そのりりしいお姿が目に浮かぶようです。
デリラ役の歌手、なかなか存在感のある美女ですね♪
Commented by レイネ at 2009-10-02 20:29 x
REIKOさま、こういう風に、にぎやかに肩肘張らない態度でオペラを見るっていうのも、芸能鑑賞の本来の姿かもしれませんね。ただ、舞台はもう少し近かったらよかったのに。それか、大スクリーンに映すとかしてもらいたかったですわ。


デリラ役の歌手は、メゾなんですが、レパートリーと声質がわたし達のシュミの範囲に入らないのではないかと。いわゆる悪女的ルックスで華のある美人だし、ドスの利いた声なので、この役やカルメンにはぴったり。
Commented by Mev at 2009-10-02 21:21 x
会場が違うばかりか、ターゲットのお客さまも違ったというか、その会場経由のマーケティングであったばかりに客層が変わってしまったとしか思えませんねえ。そのジムの年間会員とかに安く売られたチケットを買った「オペラには縁のなかった人々」が多々やってきたのでは? それにしても会場の選定はもうちょっと慎重にしてくださってもなあと思います。まだ教会とか学校とかでやったほうがいいんじゃないでしょうかねえ。高くてもいいからちゃんとした環境で楽しみたいですよね。
せめてホセ・クーラの一流のパフォーマンスが見られてよかったですね。これで本人が出なくて代役とかだったら泣いちゃいますよねえ。
Commented by レイネ at 2009-10-02 22:49 x
Mevさま、そうですね、アムステルダムのアレーナでオペラやったら、やっぱりアーヤックスのサポーターが年間アボネメントで入ってくるかもしれません。昔は、ロッテルダムのフェイエノルドのカイプなんかでもオペラやってました。アイーダとかカルメンとか椿姫とか。

そう、ホセ・クーラがキャンセルしなかったことだけでも、ありがたく思わなくちゃね。
Commented by bonnjour at 2009-10-04 05:38
シャビーな体育館の会場に唖然とする天下のクーラ様、爆笑です(熱狂ファンの方、ごめんなさい)。

「日本からはるばるリエージュまでクーラを追いかける日本人ファン」は、「デンマークからヴィシーや名古屋(<==昨年、東京の実家から遠征しました)までジャルスキーを追いかける日本人ファン」と重なり、「いよっ、ご同輩!」と声をかけたくなりました。こんなことでもなければリエージュに足を踏み入れることもなかったのでは?
Commented by レイネ at 2009-10-05 06:13 x
bonnjourさま、会場に関しては、クーラも驚いたでしょうが、一番びっくりしたのは、日本から来られたファンの方々だったかもしれません。平土間でも、折りたたみ椅子みたいでしたもの。

飛行機使って追いかけ、というのは、まだやったことがないので、日本からリエージュ郊外まで来られる方も、bonnjourさまも(里帰りに合わせてはいるけど)気概が違うなあと思います。今のところ、わたしの追っかけは、近隣なので電車で間に合います。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧