そして船はイギリスに向かった

ヨットでドーヴァー海峡を渡るイギリス征服を目論んで、2年前の雪辱を果す時がやってきた。

まずは、7月17日金曜日夕刻に、ベルギーのゼーブリュッフにあるハーバーに係留されているヨットに荷を解いた。
c0188818_5261319.jpg


ヨットは、トゥイスト号。フランス製のベネトー・オセアニス343で、全長10メートル60センチ。5人が寝起きするには、ぎりぎりの大きさだ。大きいヨットにすれば、居住性も航海の安定性も増すが、値段も跳ね上がる。

c0188818_5293556.jpg

               ヨット内部見取り図

今回は、船団を組むフロッティラではなく、単独でヨットをチャーター(スキッパー付き)し、2週間航海するので、寝具その他の荷物も多い。イギリスでは基本的に外食はしないで自炊と決めたので、食料や包丁などもしっかりと用意する。

スキッパーは、北海でのヨット航海歴30年のヴェテラン、ベルギー人のグィド。
彼は偶然にも、4月に主人が北海で、コースタル・スキッパーの訓練をした時のインストラクターだった。
c0188818_5343917.jpg

               グィドとダンケルクのハーバーにて。

持参のノート・パソコンにヴォルヴォ・オーシャン・レースのナビゲーター並みのプログラムを組み込んだグィドと、2週間の航海の予定を組む。詳細な海図のナビ上に、潮流、風向き、風速などを計算しつつ最速最適のコースが瞬時に表示される、優れものだ。また、ヨットの実軌道も記録される。不法らしいが、レーダーより性能がいいセンサーで、近くを通過する商業船の名前・大きさや積荷・目的地などもキャッチできるから、すごい。

c0188818_5424541.jpg


金曜の夜から、天候は荒れに荒れた。茫々たる風と雨の粒がヨットを叩く。
風向きは、イギリス南海岸に向かうには実に不向きとの予想だ。
潮流も逆の時間をなるべく避けなければ、マイルがかせげない。
初日は、ベルギー北部のゼーブリュッヘから、北海岸を南進できるところまで行くことにする。

結局、その日が一番の荒天で、波は高く、船は揺れにゆれ、風向きもよくなく、ベルギーのニューポート泊まり。距離が稼げないのはいたしかたないが、かなり、これで鍛えられた。

c0188818_6261690.jpg


2日目は、フランスのダンケルクに向かうことにし、そこで1泊してから、イギリスに渡る。
その日も、天候はよろしくないが、風はなかなかだったので、エンジンを切って帆走して沖に出る。
北海の狭い海峡を流れる潮流は速いので、流れの向きと時間を的確に計算しないと、前進できない。潮の流れに逆らうと、いくら風力があっても、前に進まないのだ。これが、エーゲ海との大きな違いだ。


ところが、沖からそろそろダンケルクに向かうため、エンジンも入れて機走しようとすると、冷却水が排水されていないことが判明した。
そのままでは、エンジンが故障して、海上でニッチもサッチもいかなくなる。しかたなく、帆走で逆もどり。ニューポートのハーバーに無線で連絡して、帆走のまま港に入る許可を貰う。普通は、港には帆を張って入ることは禁止である。狭い港湾内では不安定で危険だからだ。勝手知ったるグィドの守備範囲だから、なんとか、帆走のまま入港できたが、そうでなければ、港の手前でヘルプを求めて牽引してもらうしかなかったはずだ。

エンジンの応急手当をして、なんとか排水しているのを確認して、再びダンケルクに向かう。
すでに午後もかなり回っている。

c0188818_612498.jpg


        ダンケルクには、夜になって入港。といっても、夏だから明るい。

この日も、潮とエンジンに翻弄されて、くたくた。船上はまさに戦場だったので、写真は1枚も撮れなかった。

フランスで、イギリスに渡る前の最後の晩餐をレストランでとることにした。

c0188818_6133167.jpg

        船乗り用ジョークのようなレストランのグラス。傾いている。

c0188818_6145920.jpg

        タラのソースが熱くなくて、味もイマイチ。フランスなので期待したのに。

c0188818_616288.jpg

       二日間の荒天にもまれ、足元は陸に上がっても揺れてる感じ。
[PR]
by didoregina | 2009-08-01 23:31 | セイリング | Comments(6)
Commented by アルチーナ at 2009-08-02 09:53 x
お帰りなさいませ!!
元々、荒れる場所なのですか?それとも偶然?
ヨットも一見優雅そうに見えますが、大変ですよね・・
私は湾内をちょこっと乗る程度しか乗った事がないので
想像つかないです・・
Commented by sarahoctavian at 2009-08-02 19:55 x
レイネさん、お帰りなさ~い!こちらもやっと夏休みに入りました。航海日記楽しみにしてますねっ。
Commented by レイネ at 2009-08-03 05:20 x
アルチーナさま、北海は、やっぱり荒れるときは凄いです。でも、荒天は6時間以上は続かないそう。最後の日は、全く風がなく、波も内海か湖のさざなみみたいで、これが本当に同じ海かと思えるほど。
ビル・ゲイツとかロイヤル・ファミリーのヨットなら、大きさもクルーの数も違うので優雅でしょうが。。。わたし達は、操縦も食事の準備も掃除も全部自分達でしないといけないので、体育会系で早寝早起き。
今回は、目的地までの距離があったため、一日6時間から10時間は、セイリングしてました。
Commented by レイネ at 2009-08-03 05:25 x
sarahoctavianさま、イギリス南海岸情報、たっぷり載せますので請うご期待。

でも、ザルツブルクに日帰りでいけるなんて、いいわね!
「サウンド・オブ・ミュージック」はヴィデオを何度も観たので、ほとんどの歌は歌えます。この映画、中毒作用があるようで、歌詞どころか台詞まで全部覚えてるカルト的ファンも多いようです。
Commented by Mev at 2009-08-03 07:52 x
おかえりなさい! 旅の最初は波乱含みだったのですね。
それにしてもヨットというのは、「計算」で進路を計画するというのはやはり驚きです。 ヨットは奥が深いのですね。 それに、荒れた海でも家族全員でひとつの船に乗ってがんばるというのがいい。その上ベテランスキッパーがいるなら安全だし。最高ですね。
Commented by レイネ at 2009-08-03 19:01 x
Mevさま、無事生還しました。こんなにハードでしかもあっという間に過ぎ去ったヴァカンスも珍しい。

湖とか波も穏やかな地中海を短距離セイリングするなら、ほとんど何の計算もいりません。今回は、最終目的地をポーツマスと決めたため、外洋の長距離セイリングで、天候、潮の満干、潮流、風向き風力など緻密な計算をしないと、行っても戻って来れない恐れがあったのです。
スキッパーがかなりのコンピューター・オタクで、オーシャン・レース並みの機能を活用し計算、ナビに専念してもらったおかげで、最も的確なルートを常にとることができました。
でも、ナビゲーターって、船内にこもってコンピューターを見てる時間が長いので、よっぽど海に慣れた人でないと無理。ヨットなんて凄く傾くし、恐ろしく揺れるから、セイリング中はなるべく船内にいたくないわ。すぐに気分が悪くなります。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧