Il Segredo di Susanna と La Chanson de Fortunio

夏休み直前には、学生によるオペラ公演がよくある。卒業制作も兼ねているのだろう。
マーストリヒト音大の学生によるオペラ・ザウドとの共同制作のオペラを観にいってきた。

c0188818_18345480.jpgMuzikale leiding    Jeremy Hulin
Regie    Martin Schurr
Il Segreto di Susanna
Ermanno Wolf-Ferrari
Susanna    Donij van Doorn
Gil    Christoph Plessers
Sante    Johannes Muller
La Chanson de Fortunio
Jacques Offenbach
Fortunio    Johannes Muller
Marie    Evi Roelants
Valentin    Aline Lermytte
Babett    Amelia Jardon
Paul    Stefan Adriaens
Edward    Cynthia Knoch
Karl    Catherine Maufroy
Max    Joanna Budna
Louis    Amelie Hennecker

聞いたことのないオペラだったが、どちらも1幕の軽い喜劇調のものであった。
まず、エルナンノ・ヴォルフ=フェラーリの「スザンナの秘密」は、作曲されたのが前世紀初頭ということとポスターの印象から、なんだか、プッチーニの「外套」のような暗いストーリーかと思っていた。
スザンナの秘密とは、実はたわいのないものなのだが、年上の夫ジル伯爵は、タバコの残り香から、妻の不義を疑い、ジェラシーから妄想が湧き、それが喜劇になる、という構成であった。間男を殺して外套に包む、というようなおどろおどろしい展開にはならなかったし、音楽も予想では、なんとなく印象派風か後期ロマン派か新ウィーン楽派かと思ったのが肩透かしの、プッチーニ調の能天気なものだった。

主役二人は、学生とは思えないほど成熟した声で演技も抜群だった。特にスザンナ役のドナイ・ファン・ドールンが、掃き溜めに鶴、というほどのメッケモノ。華やかなルックスで、堂々としたスピント調の声が出る、スター性十分の歌手なのだった。
c0188818_1992450.jpg

            休憩中に写真を撮らせてもらった。

変わった名前なので覚えやすい。地元のオペラ・ザウドではすでに端役(2年前の「外套」!)で出ているし、来シーズンのORWとオペラ・ザウドの共同プロ「ダイドー」にも侍女と魔女役で出る。声質からリリコとはいえないソプラノなので、ベリンダ向きではないが魔女役はうってつけだろう。
ググってみると、自分のブログにも行き当たった。昨年の地元LSOのメンデルスゾーンのコンサートでソリストの一人として歌っていたのだった。そして、なんと、アンドレ・リューのニューヨークと東京公演にもソリストとして参加したのだという。ここまでくると、もう地元では、オペラ・ザウドで主役を貰う以外、階段は上れないから、外国で研鑽を積むなりして、もっと大きな舞台を目指すべきだ。
c0188818_19123299.jpg

             カイリー・ミノーグをふっくらさせた感じの美人

今回は、彼女を発掘できただけで満足してしまった。こういう新発見があるから、学生や若い無名の歌手の出るオペラやリサイタルは 、楽しいのだ。青田買いしておくと、これからどう成長していくのか、追っていく楽しみが加わる。

オッフェンバックの一幕オペラもたわいのない喜劇だったが、休憩前のオペラで堪能・満足してしまったのと、暑いのとで気もそぞろ。台詞も入るオペレッタだが、だれてしまった。
オペラ・ザウドのスタジオ、といって結構大きな戦後に建ったような教会をオペラの練習用に内部を造り替えた建物なので、音響は悪くないが、夏は暑く冬は寒いだろう。
オーケストラも音大の学生が演奏したが、室内楽の構成で各楽器1人ずつ位で、ヴァイオリンの子が上手かった。

c0188818_19321219.jpg

マーストリヒトでもベルギーとの国境に近いこのあたりは、外国人労働者が多く住む地域で、公営アパートの窓から出ている衛星放送受信用の円盤がやたら目に付くことから、シックな地区ではないのは一目瞭然。そうなると、もともと住んでいたオランダ人も逃げ出して、その結果地価が下がり、住むのは比較的貧しい外国人労働者ばかりになるという悪循環になる。だから、キリスト教徒数が相対的に減り、信者が減ったせいで維持できなくなった教会が、オペラ・スタジオに使われているのだろう。

学生公演にはだいたい寄付が付き物で、今回のオペラの入場料12ユーロ50セントもザンビアのエイズ孤児の学資に充てられる。
[PR]
by didoregina | 2009-07-04 12:31 | オペラ実演 | Comments(6)
Commented by bonnjour at 2009-07-04 21:56
おお、素晴らしい。逸材の発見ですね。声は聴けませんが舞台映えのする華やかなルックスで、こういうのを天は二物を与えたというのでしょうか。

もともと住んでいたキリスト教徒が逃げ出して教会が維持できなくなるとは、オランダでもアメリカのwhite flightみたいなことが起きているのですね。ところでオランダはドイツのような教会税はないのですか?ドイツのプロテスタント&カトリック教会は(あ、デンマークの国教である福音ルーテル派もそうです)住民から強制的に徴収する教会税のおかげで他国に比べてずいぶんリッチだといいますが。
Commented by Mev at 2009-07-05 02:51 x
学生のオペラでもレベルが高いのですねえ。すばらしいです。
若い人たちにこそ、演じるチャンスを与えて育てていってもらいたいです。日本だとどうなんでしょう。帰ったら注目してみます!

さて、こちらも教会はどこも閑古鳥みたいです。立派な建物はたくさんあるのですが(ほとんどプロテスタント)、日曜に礼拝に行く人はあまりみかけません。。。世の中がどんどん変わっているような気がします。
Commented by レイネ at 2009-07-05 22:23 x
bonnjourさま、ドネイちゃんには少しずつスターダムの階段を登っていって欲しいものです。アンドレ・リューの恒例夏のコンサートが来週、彼の本拠地マーストリヒトのフレイトホフであります。もちろん行ったことはないし行く予定もありませんが、ドネイちゃんも出演するのかどうか、どきどき。

住民からとる教会税はないですね。王室はカルヴァン派で、国会与党もキリスト教民主党ですが、キリスト教は国教ではないので。なんとなくプロテスタントの国みたいな印象のオランダですが、南部はカトリック地域で、国全体での新旧キリスト教の割合は半々くらい(カトリック信者が若干多い)なんです。政治的・経済的に強い北部が圧倒的にプロテスタントなので、カトリックは数では優勢でも力不足の感がぬぐえません。
カトリックが創立母体の大学(ナイメヘン)に留学したんですが、設立の際には、信者の寄付を求めて足で歩いて集めたという話を聞きました。個人的にはは、地区の教会(カトリック)に口座引き落としの寄付を毎年してます。
Commented by レイネ at 2009-07-05 22:33 x
Mevさま、功を成し名を上げた歌手を追いかけるのだけじゃあ、あまりにオバタリアン的態度でスタイルがなくダサいので、自分で判断して有能な新人発掘する楽しみのほうをお勧めします。

マーストリヒトの中心部でも、歴史的に由緒あるけど空き家になった教会の建物が、ディスコになったり、本屋になったり、ホテルになったり、古文書館になったり、大学図書館になってしてます。古い建物をそのまま使ってるので、許せます。大衆が宗教を求めないという時代の流れには逆らえませんから。
Commented by アルチーナ at 2009-07-06 10:20 x
ドネイちゃん、もしかして私、聴いているのかしら??
プログラムなどは買わなかったので確かめようがないですが・・
日本でも芸大の公演や学生ではないですが新国立劇場の研修生のオペラなどがあります。興味はあるのですが行けていないです。
Commented by レイネ at 2009-07-06 20:39 x
アルチーナさま、そういえば、アンドレ・リューの東京公演に行かれたんですよね、お義母さまのたっての願いで。。。貴重な体験をされたアルチーナさま、あ、また傷口をこじ開けてしまった。
リューの公演はTVでしょっちゅう各国のを放映してますが、怖いもの見たさで見てみたいんだけど、家族からの反対の声が大きくて、なかなかかないません。

新国でも、研修生のオペラなんかだと、入場料は安いんでしょうか?そうだったら、行ってみたら新発見がきっと見つかりますよ。お勧め。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧