Fra Diavolo @ ORW


6月から2年間の建物改修工事に入るため、「フラ・ディアボロ」が今シーズン、そしてこの古いオペラハウスでの最後の出し物になる。その初日に行ってきた。
シーズン最後を飾るのはグラン・オペラ、というのが王立ワロン歌劇場の伝統だが、今回のはかなり軽めの喜劇である。しかし、聴かせるアリアが沢山あり、オペレッタのような台詞もあるので、内容は軽くても上演時間は長い。パリのオペラ・コミックとの共同プロだった。

Fra Diavolo by Francois Auber @ ORW in Liege 2009年4月24日 

Direction musicale   Jean-claude MALGOIRE
Mise en scène   Jérôme DESCHAMPS
Décors   Laurent Peduzzi
Costumes   Thibaut WELCHLIN
Nouvelle coproduction   OPÉRA COMIQUE DE PARIS/ OPÉRA ROYAL DE WALLONIE
Lumières   Rémi Nicolas

Zerlina   Sumi JO
Lady Pamela   Doris LAMPRECHT
Fra Diavolo   Kenneth ARVER
Lord Cockburn   Marc MOLOMOT
Lorenzo   Antonio FIGUEROA
Matteo   Vincent PAVESI
Giacomo   Thomas DOLIÉ
Beppo   Thomas MORRIS
Orchestre et Choeurs  OPÉRA ROYAL DE WALLONIE
Chef des Choeurs   Marcel SEMINARA

c0188818_7525224.jpg


ストーリーは、「夢遊病の女」と「連隊の娘」を足して2で割ったような感じである。コロラッチューラ・ソプラノやテノールのアリアなんかも、なんだか妙に似ている。ストーリー展開上、こんな技巧を見せつけるアリアを歌う必要なんてないのに、山場になると必ず、恥ずかしくなるようなウケ狙いメロディーのアリアが出てくる。なんとも天晴れ能天気な、イタリア・オペラもといフランス・オペラであった。オーベールはフランス人作曲家だが、喜劇のセンスはイタリア的だ。ついでに言うと、字幕は仏・蘭・独だった。フランス語の歌詞そのままが字幕に出るのは、なかなかよい。

とにかく、目当てはスミ・ジョーだったので、彼女のナマの声を聴くことができてとても満足だ。
ああいう、軽くて転がるソプラノの声が好きなのだ。
彼女はわたしとほぼ同年齢なのに、小柄でキュートで西洋人の間では若く見えるので、いまだに娘役ができてしまうのが素晴らしい。東洋人のメリットである。

スミ・ジョーが好きになったのは、去年何度も利用したコリアン・エアのエンターテインメントのおかげである。
ハリウッド以外のヨーロッパ映画の充実もすごかったが、音楽もなかなかよいものがセレクトされていた。
その中の、韓国歌手のカテゴリーに、スミ・ジョーの「バロックの旅」というCDが丸々入っていて、これを聴きながらビビンパを食べると、コチュジャンの辛さと相まって、感涙にむせんだ。バロックの歌声と韓国料理は意外にもかなり相性がよく、至福の時を過ごしたものだ。

c0188818_8123162.jpg


スミ・ジョーというと「魔笛」の夜の女王や「ルチア」「夢遊病の女」など、高音コロラッチューラを聴かせる人という印象だったのが、このCDを聴いてから彼女を見る目が変わった。バッハのカンタータもいいし、ヘンデルもパーセルもイケちゃうのだった。

試しにこれを聴いて欲しい。グルックの「パリーデとエレナ」から 「おお、わが甘き熱情」。



メゾ・ソプラノのレパートリーのはずなのに、彼女が歌っても違和感がない。東洋人だから親近感もあるし、清楚な雰囲気がいい。
こんなこと言うと不敬罪に当るかもしれないが、フォン・オッターやコジェナーのよりも、わたし好みだ。

オペラ「フラ・ディアボロ」は、オーケストラと指揮以外は、つまり歌手はほぼ皆上手かったが、ロレンツォ役のテノールだけ声量があまりにないのが悲しかった。鼻にかかった明るい声だし、イタリア・オペラの優男役にはぴったりのルックスなのに。タイトル・ロールのアメリカ人歌手は、黒人でプロポーションも美しく歌もよく決まっていた。

c0188818_8273315.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-04-25 01:30 | オペラ実演 | Comments(4)
Commented by sarahoctavian at 2009-05-04 19:14 x
いいですね・・これ。つい先日ラジオからも彼女の歌声が聞こえてきました。キンキンしないビロードのような感じ好きです。ついでにグルックも。
Commented by レイネ at 2009-05-10 06:25 x
sarahoctavianさま、このオペラの翌日から2週間トルコに行っていたので、コメント返しが遅れました。まだ、揺れてます。

やっぱり、人間の歌う声って好き嫌いが如実に出ますから、自分の好みが他の人にも気に入ってもらえるとうれしいですね。
去年ORWで観た「パリーデとエレナ」では、ベルギーの新進カウンターテナーがパリスを歌いました。彼も好み。
グルックは来シーズン、ブリュッセルで2作上演されるので、楽しみ。
Commented by sarahoctavian at 2009-05-10 20:08 x
バカンスからお帰りなさい!トルコだったんですね。私の義父母もイースターの頃訪れた、その旅の印象を写真とともに昨日披露してもらいました。古代ギリシャからオスマントルコまで歴史の薫り高い土地、私もいつか絶対旅をしたいなと思ってます。レイネさんの旅日記とても楽しみにしてるわ~。
Commented by レイネ at 2009-05-11 03:20 x
sarahoctavianさま、ただいま。わたしはトルコは2度目なんですが、初めての子供達もすっかり気に入っているようです。親日的だし、食べ物は野菜が中心でヘルシーだし、文化・歴史的に複雑で面白いし、自然もほっとする美しさ。安いエア・チケットも出ているので、ヴァカンスには超おすすめです。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧