Pan and Syrinx    超マイナー・バロック・オペラ その2

ヘンデルの牧歌劇「アシスとガラテア」と同年(1718)に作曲された、ジョン・ガリアードのオペラ「パンとシュリンクス」を紹介したい。
John Galliardは、1687年、ドイツのツィレに生まれた。両親はフランス人の宮廷楽師で、本人もオーボエ奏者になった。1706年にロンドンに音楽活動の場所を移す。ヘンデルは「テーゼオ」のオーボエ・ソロを彼のために作曲したという。

c0188818_16553914.jpg


ガリアードがロンドンで作曲した「パンとシュリンクス」は、英語歌詞の一幕オペラである。彼の生い立ちや文化背景にはフランスとドイツ的素養が混じりあい、時代の寵児だったヘンデルやイギリス音楽、そしてもちろんイタリアのバロック・オペラにも影響されているので、こういった複雑な構成要素が彼の音楽を面白くしている。

丁度ヘンデルの「アシスとガラテア」とは、曲の長さといい、ギリシア神話(もしくはそれをラテン文学にしたオヴィディウスの「変身譚」)に題材を採ったストーリーといい、牧歌劇という形式上、比較するのに適している。そして、わたしは音楽的な面白さという観点から「パンとシュリンクス」に軍配を上げたいのである。

ストーリーはアルカディアが舞台で、むさくるしくて好色の半神半獣パンの目に留まったニンフ、シュリンクスは、純潔を守るために水辺に逃げたところを、ディアナの助けで葦に変身して救われる。パンは悲しみつつ、葦笛を吹いてシュリンクスを偲ぶという神話自体、牧歌的で美しい。
主な登場人物は上記3人プラス、ニンフ達で、単純明快な構成だ。前奏曲と間奏曲は、例のごとくダンス用の音楽になっている。

シュリンクスを歌っているオランダ人ソプラノのヨハネット・ゾマーは、古楽系ソプラノではわたしのお気に入りである。主にバッハをレパートリーとして、フランス・ブリュッヘン、トン・コープマン、ヨス・ファン・フェルトホーフェン、フィリップ・ヘレヴェッヘといった錚々たる指揮者と数多くのCDを録音している。
c0188818_17172334.jpg


ところがなんと、わたしが彼女を最初にナマで聴いたのは、数年前、ドビュッシーのオペラ「ペレアスとメリザンド」なのであった。ショートヘアで(!)いかにも古楽系という雰囲気のメイクもケバくない地味な出でたちで、メリザンドを歌ったのが利いた。ドビュッシーのこのオペラはかなり異色である。オケの音楽のほうがメインで、レチタティーヴォらしくない台詞のような歌は出てくるがアリアらしいアリアはなく、全体的に霧がかかったようなミステリアスな音楽劇だ。
一瞬へーっと思うような、彼女とメリザンドの意外な取り合わせだったが、若い子では出せないマカ不思議な清廉無垢な魔力のような味があった。かなりインテリジェンスを必要とする役柄だからだ。

次に彼女をナマで聴いたのは2年前、教会でのリサイタルだった。ヘンデルのアリアやパーセル、ダウランドの歌曲を歌ったのだが、Music for a whileで始めて、アンコールもこれで締めるという必殺技でわたしはノックダウンされてしまった。

カッチーニの歌曲集「新しい音楽」(1602)より、彼女の歌う「愛の神よ、我去りゆかん」を聴いてもらいたい。




ガリアードのオペラに話を戻すと、音楽の出来がいいのと、歌手が上手いのと、Brilliantから出ているため格安なのもお勧めの理由である。マイナーなバロック・オペラの中でもこれは出色で楽しい拾い物だった。
[PR]
by didoregina | 2009-04-22 10:54 | バロック | Comments(10)
Commented by REIKO at 2009-04-23 11:12 x
おお!?はいはい、確かにヘンデルの「テゼオ」には、オーボエソロの付くアリアがたくさんある・・・って、先日拙ブログの記事に書いたばかりでしたが、今改めてCDの解説を読んだら、John Galliardの名前もちゃんと書いてありました!
しかしオペラまで書いてたとは!しかも録音まであるとは!!!
それもBrilliantとは!!!(爆)
どうも参考になりました、ありがとうございます♪
Commented by レイネ at 2009-04-23 16:13 x
REIKOさま、わたしもそちらのブログ記事読み返しましたら、本当、オーボエ・ソロが多いとのこと。でも、奇遇というか、違う出発点から共通事項に導かれるというのもブログの面白いところですね。
このCDは、お値段の上からも持っていてソンはない!と思います。
オランダの古楽フェスティバルで録音された、マイナーなバロック・オペラはBrilliantから結構出ているので、またチェックしてみますね。
Commented by Peace at 2009-04-24 00:32 x
はじめまして、アムステルダム在のPeaceです。
アシスとガラテアは以前コーラスで歌いましたが、これは知りませんでした。ところで NRC紙のPJインタビューの邦訳ありがとうございました。このサイトだけでなく語彙の広さに感心しております。
翻訳はさすが自国語をいかに周知しているかできまるものです。
他の方法が分からないため、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
Commented by レイネ at 2009-04-24 02:05 x
Peaceさま、いらっしゃいませ。bonnjourさんのところでおなじみですね。こちらこそ、オンラインショップPresto Classicalの情報を教えていただき感謝しております。おかげさまでPJさまの「オピウム」も信じられないくらい安く買えました。
コンセルトヘボウのリサイタルにも行かれたようで、うらやましいです。マーストリヒトからだと日帰りは無理なんです。ブリュッセルに行こうかと迷ってましたが、結局CDで満足してしまって。。。

「アシスとガラテア」をコーラスで歌われたなんて、すごい。今は、何を練習なさってるんですか?オランダは古楽のコーラスが盛んですよね。受難曲なんかもアマチュアが歌っちゃうし。
これからもどうぞよろしく。
Commented by アルチーナ at 2009-04-24 09:58 x
ヨハネット・ゾマーの声、美しいです。
それからオペラも興味深いです。
ヘンデルは「アチ、ガラテア、ポリフェーモ」も聴いてみたいなと思っているのですが、(同じ題材でも言葉の違いで曲が変わるのかな?とか)「パンとシュリンクス」も題材は違えど共通点が色々あってこちらも比較が面白そうですね。
確かにBrilliantなら安そうですし・・
Commented by レイネ at 2009-04-24 16:36 x
アルチーナさま、ヨハネット・ゾマーの声、気に入っていただけてよかった!このカッチーニ「新しい音楽」とバッハ・カンタータの新譜を買おうと思ってるんです。

ヘンデルの「アチ、ガラテア、ポリフェーモ」は、安くなってたので、「アシスとガラテア」と同じかと思って買いそうになりました。サンドリーヌ・ピオーが歌ってるし。この2つ、題材は同じでも音楽は全然違うものみたいです。
マイナーなものを買うのはBrilliantか NAXOSでないと、はずれたときの財布と心の痛みが大きいので。。。
Commented by アルチーナ at 2009-04-25 10:19 x
ピオーの歌っているのはエマニュエル・アイム指揮のですよね!
私も買おうと思ったのですが高いので考え中です。Brilliantで安いのがあったのでそちらにしようかどうか・・?
Commented by レイネ at 2009-05-10 05:49 x
アルチーナさま、アイム指揮でピオーが歌ってる、たしかVirginのが安くなってたんです。Brilliantでもあったような気もしますが、値段から言って、有名な人は参加していないと思います。。。
しかし、5月20日まで限定でヘンデルがいろいろ安くなってるので、どれにしようか悩んでます。
Commented by アルチーナ at 2009-05-12 11:02 x
ブリリアントのアチ・・買いました!
名盤!ではないですがまあ良品ではないかと・・
拙ブログで紹介しようと思ってはいるのですが取り急ぎ。
あ、これ、アチがソプラノでガラテアがメゾなのですね!
買ってから知りました・・なんだか変な感じです。
Commented by レイネ at 2009-05-12 16:12 x
アルチーナさま、おお、買われましたか。良品でよかった!ご紹介楽しみにしています。でも、いったいどこでみたんだろう、Virginのが安くなってたというのは夢だったのか。。。
アルチーナさんにつられて、またヨハネット・ゾマーが歌ってるモーツアルトの「牧人の王」Brilliant版、注文してしまいました。これも2枚組で8ユーロ弱。この値段には、どこもかないませんからね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧