Dido & Aeneas @ ROH

ついにその日はやってきた。
サラ・コノリーによる「ダイドー」をコヴェント・ガーデンで鑑賞というのが、今回のロンドン遠征の第一の目的であった。
それが、縁あって、前日にネトレプコとガランチャによる「カプレッティとモンテッキ」を観ることができた。
華やかな主役二人によるベルカント・オペラの翌日に、イギリス・バロックのオペラを体験することになったのだが、そのコントラストは予想以上に大きかった。

c0188818_219381.jpg

Music   Henry Purcell
Choreography   Wayne McGregor
Director   Wayne McGregor
Set Designs   Hildegard Bechtler
Costume Designs   Fotini Dimou
Lighting   Lucy Carter
Conductor   Christopher Hogwood

Dido   Sarah Connolly
Belinda   Lucy Crowe
Aeneas   Lucas Meachem
Sorceress   Sara Fulgoni
Spirit   Iestyn Davies
First Witch   Eri Nakamura§
Second Witch   Pumeza Matshikiza§
Second Woman   Anita Watson§
Sailor   Ji-Min Park
Dancers of the Royal Ballet
Orchestra of the Age of Enlightenment

この晩も、前日同様ほぼ満員御礼の盛況であった。特にこのプロダクションはロイヤル・バレエとのコラボであることから、オペラ・ファンだけでなくバレエ・ファンも詰めかけたからだ。
そして、本日のオペラはBBC4で5月15日および22日に放映されるため、テレビ・カメラが多数入っていた。(放映後、DVDとして発売されるらしい。)

c0188818_2295687.jpg


わたしたちの席は、昨晩同様、舞台を右サイドから見る位置の2列目であり、1台のテレビカメラのほぼ隣上方であった。昨晩よりも、少し後方で舞台からは離れた位置になる。つまり死角はないのだが、その分舞台が遠のくので、一長一短であり、観る人の好みと演目によってその価値は変わってくる。わたしは、指揮者を横から見る位置だった昨日の席のほうが断然好きだ。2列目はクッションが少々悪い升席で、お値段は45ポンド。

c0188818_410381.jpg

        今回もごいっしょしてくださったロンドンの椿姫様と。

オーケストラは、サラ様の「ダイドー」CD同様、オーケストラ・オブ・エイジ・オブ・エンライトメントである。(OAEは、2日前にアムステルダムのコンセルトヘボウで、キャンセルになったアムステルダム・バロック・オーケストラの代わりに「マタイ受難曲」を演奏している。)
指揮が、クリストファー・ホグウッドであるのが、ちょっと予想外だ。というより、この指揮者は、はっきり言って好みではない。手持ちのCDからの印象なのだが、イギリスの古楽系指揮者の中では、どうもホグウッドは主張が薄く頼りない音を作り上げるようで、わたしの求める演奏とは対極にあるのだ。どうなることやら。。。
前奏が始まると、わたしの胸騒ぎは杞憂ではなかったことがすぐにはっきりした。

OAE演奏のCDはもう、耳にタコができるくらい聴いた。きびきびと快活で若々しい演奏がとっても気に入っていた。ところが、ナマで聴く演奏は、水で薄まったような、ぐずぐずと輪郭がぼやけたような、いかにもホグウッド好みのものになってしまっているのだった。
「ダイドー」CDのレコーディングでは、特に指揮者を選ばず、団員の一人がリーダーとなって作り上げたのだが、今回の生演奏は、これが同じオケによるものとは信じがたいほど主張のない、魅力の乏しいものに成り果てていた。

舞台は、シンプルでほとんど装置らしいものはなく、ダンサーたちには踊りやすいだろう、と思わせるものだった。そのダンサーたちは、黒のショートパンツで体操着みたいな姿で、これもシンプルである。
c0188818_37481.jpg

中央後方にたたずむのが、サラ様ダイドーであった。彼女にはほとんど振り付けはなく、すり足のような足運びで前方に歩む。登場したときは、シュミーズのような薄手のちょっと心もとないドレス姿で、悲劇の結末を暗示するようないでたちだったが、歌い始まる前に、ベリンダから打ち掛け風のキモノっぽい外套を着せ掛けられた。これで、気高い女王の風格が加わった。

ベリンダというのは、若手ソプラノ歌手のデビューにぴったりの準主役で、妹または侍女という役どころである。ダイドーとは正反対で、未来展望が楽天的、しかし、ダイドーに尽くしその身を案じる心優しい性格だ。わたしは、ベリンダというのは絶対ダイドーの妹であるはずだ、と思う。年若い侍女が、ここまでダイドーや王国の未来を憂えるわけがないからだ。
そのベリンダ役は、CD同様ルーシー・クロウである。全く期待通りで違和感がない。

エネーアスはバリトン歌手が歌っているが、まあこれはどうでもよろしい役である。CDでも舞台でも影が薄い役で、よっぽどの美男子(原作ではヴィーナスと人間の男との間に生まれたことになっている)か、勇者タイプでなければ見るに値しない。それとも、イアン・ボストリッジみたいに腺病質で女王ダイドーの同情を買う弱弱しいタイプで行くかだ。今回の舞台でも全く印象に残らなかった。

c0188818_3242153.jpg

        中央にベリンダ。左にはシャム双生児のような二人の魔女。

この魔女役の一人が、3月にネトレプコの代役でジュリエットを歌った中村恵理さんである。二人の魔女は左右にくっついたシャム双生児のような衣装で、動きもそんな感じでなかなか視覚的には面白かった。
恵理さんは、まだ若いのにこんなおどろおどろしい役が上手であった。ふたりとも若手育成プログラム研修生であるという。でも、恵理さんがどんなジュリエットだったのか、この晩の歌声からは想像がつかなかった。

肝心のサラ様である。
誇り高いカルタゴの女王、というよりは、若い外国の男の魅力に囚われた中年女性の心細さを強調した役作りと思えた。冒頭から最期のアリアまでほぼ一貫して、捨てられる運命の痛々しさがひしひしと伝わる、しんみりとした歌いぶりであったからだ。気丈でけなげな妹の支えがなければ、立っていることもできないだろうと思わせる、悲劇の女王ダイドー、である。ちょっと、一昔前の大和撫子のイメージか。それはそれで一つのキャラクター解釈なので、サラ様が女性役を歌うときの癖(?)でもある、ピアニッシモ多用が生きていたと思う。
パーセルの音楽にしてからが、ダイドーの歌に付けられたメロディーには希望や明るさが感じられないのだから。

こうして、サラ様ダイドーをナマで観て聴いてみて、ますます9月のマレーナ様によるダイドーにお目にかかるのが楽しみになった。きっと、演出にしろ、役作りにしろ、歌い方にしろ、全く異なったものになるだろうから。

演出といえば、今回のプロダクションではバレエの振り付け師が演出も兼ねていた。
しかし、どうして「ダイドー」に限らずパーセルのオペラ演出にはダンスが多用されるのか。
音楽だけの場面では、ダンスがないと間が持たないというのは、バロック・オペラには共通だと思う。
しかし、オペラなのかダンスを見に来ているのかわからなくなるほどで、ダンスが邪魔に感じられる場合も往々にしてある。
ロイヤル・バレエの若いダンサーたちは、肉体もテクニックも強靭に鍛えられているから、観ていて気分はよくなるが、アクロバティックなダンス以外でも間を持たせられるような演出は考えられないのだろうか。どうも安易にダンスに逃げているようで、演出の可能性をかえって狭めているように思えるのだ。
c0188818_454286.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-04-08 21:15 | オペラ実演 | Comments(23)
Commented by Mev at 2009-04-09 19:23 x
ついにコベントガーデンのダイドーですね!

同じオーケストラでも演奏が「失望もの」になってしまうとは、指揮者って本当に影響力があるんですねえ。怖い話だなあと思いました。

私個人的にはバレエが好きなんですが、オペラの雰囲気を壊さずお互いに補完しあう演出ってきっと難しいんだろうなあ。。。

DVDが出たら即、買いますっ!
Commented by REIKO at 2009-04-09 22:25 x
最初の舞台写真も素敵ですけど、お着物姿も超美しい!
海外で着物観劇って、ほんとにいいですよね~~♪
(写真撮らせてくださいとか言われませんか?)

まあ私もホグ様は、他の古楽指揮者に比べて、ちょっとツッコミが足りない?演奏だと感じていはいますね。
嫌味のない素直な解釈は好感持てますが、それだけでは・・・って感じです。
踊りがあまりにうるさいと歌に集中できなくなるのは、テレビの歌番組でも同じですね。
「ほどほど」の加減が難しい?

Commented by さわやか革命 at 2009-04-09 23:19 x
|どうもホグウッドは主張が薄く頼りない音を作り上げるようで

確かに!
今までホグウッドの演奏を聴いてモヤモヤしたものを感じていた理由がハッキリしました。文句はないんだけど、今イチ~みたいな感じですかね。
Commented by レイネ at 2009-04-10 00:34 x
Mevさま、前奏曲のテンポがのんびりしていて、風雲急を告げる暗示性がまったく感じられなかったので、出だしからわたしは「どひゃ~」とコケてしまいました。座った場所の音響のせいもあるのかもしれませんが、なんとも不可解でした。

さすがにロイヤル・バレエでは、ダンサーがクラシックの厳しい訓練を積んでいるのがよくわかり、基本の動作はまことに優雅。それでいながら筋肉の鍛錬の成果も生かすような振り付けで、一流の
ダンスを堪能できました。
Commented by レイネ at 2009-04-10 00:42 x
REIKOさま、やっぱりオペラに着物は、特にROHの雰囲気にはハマリます。それだけでもお出かけ気分が高まりますものね。

なんか、ホグウッドを悪者扱いにしてしまったけど、純粋に好き嫌いの問題ですので、悪しからず。古楽には個性の強い、主張のある解釈で音楽を作る指揮者が他には沢山いますからね。それになれちゃうと、どうも彼は。。。

踊りは素敵でしたが、今回はその比重が重過ぎました。
Commented by レイネ at 2009-04-10 00:47 x
さわやか革命さま、ようこそ。ホグウッドの中庸さも、それがお好きな方もいるかと思いますが、全然面白くないんですよね、わたしには。これを最初に聴いて「古楽ってつまんない」と思う人もいるかもしれないので、そんなもんじゃないんだ、と声を大にして言いたいのです。
でも、賛同してくださる方がいて、一安心。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-04-10 03:34 x
席のことですが、私も前日の席の方が指揮者も見えるし好きなので、こちらがあれば勿論そちらにしてました。でも、手ごろなお値段のため人気のストールサークル席はどこも取るのも大変で、この日の席は一つ上のランクの友人のフレンズ権でかろうじて取りました。特にこの日はなにか理由があったのか、ネット上でなぜかいつもよりうんと少ししか売れ出されてませんでしたので、私の平フレンズ権ではまず取れなかったでしょう。理想的ではなかったかもしれませんがラッキーだったと思います。私たちの席から左にちょっと行くと一気に100ポンド以上になります(硬いベンチではなくまともな椅子でしょうけど)。もっと舞台に近い席がリターンで出てこないかしらとずっと狙ったのですが、残念乍ら駄目でした。
Commented by レイネ at 2009-04-10 04:59 x
ロンドンの椿姫さま、ご友人にお願いしてまでこの席(わたしの第一希望でした)を取っていただき、感謝の気持ちでいっぱいですので、不満などめっそうもない。ただ、前日の席でその素晴らしさを最初に味わってしまったので、こんなわがまま勝手な感想になったことをお許しくださいませ。ベンチシートといっても、特に硬くは感じませんでした。ただ、後半はなんだか妙に暑くて、もう着物をはだけたい!という気分になって、集中できませんでした。

昨日、2回目の「ダイドー」もご覧になってのご感想はいかがですか。「アシス」は、長くて退屈でした。ヘンデルのオペラではちょっと駄作の部類でしょうか。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-04-10 08:49 x
昨日のダイドー、逆側から見たのですが、肝心のアリアで彼女がずっと向こう側を向いて歌ったのでがっかりでした。これは右側から見るべきです。レイネさん、よかったですね。アシスは、意外にも2回目の方が楽しめました。あの妙なオペラとバレエのミックスに慣れたというか。
また席の話ですが、昨日は私がカプレッティで座った席のちょうど反対側の同じ席だったのですが(20ポンド)、やっぱりかなり見切れました。カプレッティも、私は正面からも見たのでわかるのですが、実はレイネさんの席でもかなり見切れていたんですよ。
私は近い席が好きなので、いつも狙うのですが、取れないこともよくあり、ビジュアル重視の場合はアンフィシアターに座ることもあります。切符代に限りがある人にとってROHのどの席が総合的にベストなのか今だにわかりません。
Commented by アルチーナ at 2009-04-10 10:33 x
本当、オペラって歌手だけ良くても満足できないんですよね。
グラインドボーンのチェーザレ、指揮はクリスティでしたが、演奏がOAE,いつものレザールフロリサンのクリスティよりももっとメリハリやキレのある演奏で良いと思っていたのですが、ホグウッドではダメでしたか・・
ダンスが邪魔をするというのも何となく分かります。以前にそういう演目を見たことがあって・・色々とバランスが難しいですね。ダンスファンにとっては満足なのでしょうか・・
やっぱり歌が邪魔とか思うのかしら・・?
Commented by レイネ at 2009-04-10 17:02 x
ロンドンの椿姫さま、「アシス」は、わたしには「ダイドー」のつけたしで、予習なしだったせいもあり、あまり印象に残らないものでした。こういうオペラこそ、何度も観たほうが面白さが発見できるかも。
座席の評価の下し方は難しいですね。特になるべく安いところを狙う者にとっては、経験を積んだ方にすがるしかありません。結局、いろんな面を総合すると、やはりわたしたちの席はベストだったようで、ラッキーでした。
Commented by レイネ at 2009-04-10 17:09 x
アルチーナさま、「ダイドー」は1時間だけの短いオペラだけど、チケット代を安くするわけにもいかないので、お値段に見合う満腹感を与えるよう、ダンスで水増しして内容をてんこ盛りにしたっていう印象はぬぐえませんでした。
このオペラ、演出なしのコンサート形式にしたほうがかえっていいかも。音楽だけに浸れますから。マレーナ様の10月バービカン公演は、だからかえって期待できそう。(わたしは行きませんが)

ホグウッド・ファン(どのくらいいるのか知らないけど)から石が飛んでこないか、ひやひやしてます。
Commented by sarahoctavian at 2009-04-10 19:56 x
昨日午後にロンドンから戻りました。まだロンドンとサラ・ディドの印象にひたりきっててまともなこと書けないでいます。ゆっくり消化していくつもりですが・・私のお席は(これまた椿姫さまのお陰で)パルケットの前から2列目という、これ以上望めませんって場所だったの。なので、舞台に立つ人たちの表情や(筋肉の)動きまでじっくり見られて感動しました。コノリーさまの「悲しみの女王」ぶりに心打たれて、私は客観的に意見できなそうだわ。。アシスの方はダンス振り付けもよく、違った意味で期待以上に楽しめました。しかし・・ガラテアに関してはやはり予想が的中したかな。レイネさんのレビュー待ってます。
Commented by レイネ at 2009-04-11 01:31 x
sarahoctavianさま、お帰りなさいませ。ほんとにかぶりつきの席でものね、迫力あったでしょう。ついでに指揮者の頭がいつも視界になかった?
バレエは素晴らしいものでしたね。
やっぱり、ダニエルちゃんはわたしたちの好みではないのよね。
始まる前に椿姫様に「実は彼女の声と歌い方が嫌い」と告白してしまって、よけいな印象をインプットしてしまった、と後悔したのですが、終了後感想を聞くと、姫は「そんなに嫌いな声でも歌い方でもなかったわ」とのこと。音響のせいなのか、クレオパトラやポッペアほど嫌味には感じられませんでしたけど。。。。
Commented by sarahoctavian at 2009-04-11 02:59 x
たった一時間だから見聞き逃しすまいと、それこそ神経をサラ・ディドに集中してましたが、確かにCDのOAEの歯切れの良さは感じられなかったかも。CDの演奏すごく良かったものね。それが指揮者の影響なのかどうかまでは私には気がつきませんでした。頭が邪魔だったのは目の前に座ってたオッサン。斜め後ろでは最初から最後まで一緒に(調子ハズレの鼻歌で)歌ってるオッサンもいたしぃ。隣のオッサンはまさか寝てるんじゃないでしょうねと思うくらい舟漕ぎしてた。こんないい席に座ってバチが当たる!
ところで、ダニエルに関しては役が全然違うのだから、サラ・ディドと比較は出来ないんでしょうけど、ディドの演技は舞台女優のものと言ってもいいくらい繊細で・・。ダニエルはまだまだ若い。もちろん彼女の明るさ・気さくな感じは好感持てますし、なんたって踊りも上手でクレオパトラは(しつこく歌は別にして)当たり役だったものね。でも「アシス」のカーテンコールでもブラボー拍手だったし、好きと思える人は多いのでしょう。ちなみに彼女のこと未知識だったZwinkerさんは私と同意見でした。
Commented by zwinker at 2009-04-11 04:15 x
はい、Sarahさんとご一緒させていただいたZwinkerでございます。
まず、レイネさんと今回お世話になった椿姫さんの着物姿、よろしいですねぇ~。私は黒のパンツスーツでございました。それでも観光から一回宿に帰って着替えているときは、「お出かけ感」が増して、よろしゅうございました。
レビューは、これまた、私とは違うのでちょっと興味を覚えました。
これから、書くつもりですので、よろしかったいらしてくださいまし。
隣でディドを見ながら、目頭を押さえていたのをしっかり目撃しましたよぉ~ん、Sarahさん~。その気持ちは痛いほど良くわかります。
でも、申し訳ないが、彼女の出来は
(私からしたら)50点です(ごめんねぇ~)。
Commented by レイネ at 2009-04-11 06:04 x
sarahoctavianさま、やはり同じプロダクションを見たもの同士、感動が共有できるのは素晴らしいけど、いろいろ感想があり、語りきれませんね。それぞれのブログでも盛り上がりましょう!
サラ・ディド@ROHのBBC4放映前に、4月20日ベルギーのフランス語放送局RTBF2チャンネルで、サシャ・ヴァルツ版「ダイドー」が22:45から放映されます。多分すでにDVDになってるベルリンでのライブで、去年のモネでのサラ様のではないと思うのですが、見るつもり。オランダとベルギー在住の方限定でしょうね、これが見れるのは。
Commented by レイネ at 2009-04-11 06:10 x
zwinkerさま、気合入れてましたもんね、今回のロンドン遠征に関しては。予習も怠りなかったようで。異なる感想のレポ楽しみです。
でも、だめよ、sarahさんの秘密を暴露しては!わたしも、彼女の気持ちわかるけどね、今回はちょっと冷めてました。
しかし、zwinkerさん、50点とは厳しいですね。(100点満点ですよね?)それはCDと比べてということかしら?
Commented by zwinker at 2009-04-11 06:32 x
早速のレスありがとうございます。
秘密?私ばらしちゃった?あぁ、オフレコでぇ~。ってもう遅い・・・。
今、レビューアップしました。CDと聞き比べられるほどCDの方覚えていないので、第一印象としての点数です。
彼女ならまだまだ歌えるだろう、という希望も込めて、です。
Commented by bonnjour at 2009-04-11 07:59
ROHで着物をまとって(今回も素敵な着物ですね)サラ様のDidoを見る、というセッティングだけでクラクラします(いいなー)。ホグウッドの指揮がハズレだったのは残念でしたね。オケ&指揮者と歌手が全員揃って納得のいく演奏をしてくれるのって、実は難しいことなのかもしれません。「お値段に見合う満腹感を与えるよう、ダンスで水増しして内容をてんこ盛りにしたっていう印象はぬぐえませんでした」というコメントに爆笑、です。
Commented by レイネ at 2009-04-11 19:30 x
bonnjourさま、着物選びですが、ロンドンでのサラ・ダイドーにはこれしかないっ!と行くのが未定だった昨年からヴァーチャル設定してました。毘沙門亀甲の白大島にスキタイ語(?)みたいな文字と馬に乗った人物が織り込まれた帯を初おろし。そうしたら、「ダイドー」の最期、スクリーンに馬が映し出されたんです。だから、ばっちりハマリました。

他の方の感想では、オケの演奏も素晴らしかった、というのが結構ありますから、好き好きの問題ですね、本当に。
Commented by sarahoctavian at 2009-04-11 19:58 x
Zwinkerさま、レイネさま、暴露でも何でもありませんよ。ご心配なく。私泣いてた覚えないんで~。じ~んときたことは確かだけどね。
私はCDかなり聞いてたので、それと較べるとちょっぴりおとなしい感じしましたが・・全体的に癖の無い安心して聞ける上手な演奏だったとは思う。あ、気にいってたギター曲が演奏されなかったのは残念だったわ。
Commented by レイネ at 2009-04-12 03:46 x
sarahさま、さすが会長、ちゃんと細かいところも全部押さえてますね!CDに挿入されてたギターのシャコンヌとパッサカリア、当日演奏されたかどうか、全然覚えてません。器楽だけの部分になると、バレリーナの肉体が美しくて(または踊りに気を取られて)音楽なんて忘れて見入ってましたわ。
そうそう、癖のない演奏、という言い方なら角が立たなくていいですね。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧