I Capuleti e i Montecchi @ ROH

憧れのロイヤル・オペラハウス・コヴェント・ガーデンでの、わたしのオペラ・デビューは、なんともすごいキャストによるベッリーニの「カプレッティとモッテッキ」である。
c0188818_3564317.jpg

Composer  Vincenzo Bellini
Director   Pier Luigi Pizzi
Revival Director   Massimo Gasparon
Designs   Pier Luigi Pizzi
Fight Director   Mike Loades
Lighting   Bill McGee  Pier Luigi Pizzi

Conductor   Mark Elder

Giulietta   Anna Netrebko
Romeo   Elina Garanca
Tebaldo   Dario Schmunck
Capelio   Eric Owens
Lorenzo   Giovanni Battista Parodi

アンナ・ネトレプコによるジュリエットとエリーナ・ガランチャによるロミオという、空前絶後の夢のようなコンビをナマで観て聴けるというのは、ロンドンならではの醍醐味であろう。しかも、座席は舞台袖脇、指揮者を真横から見る最前列。上階はロイヤル・ボックスになっている、その真下である。
だから、声はびんびん直接耳に届き、オペラ・グラスなしでも歌手の表情がよく見える。
c0188818_410293.jpg

            こんな位置で、専用の字幕付き。

気になるお値段は、54ポンドと、信じられないほど手ごろである。ただし、誰もが鵜の目鷹の目で狙う席なので、チケットをゲットするのは非常に困難だ。ロンドンの椿姫様のような修羅場をくぐりぬけてきたヴェテランでないと手に負えない。または、幸運の神が微笑むという千載一遇に巡りあうかどうかにかかる。

こんな幸運を今回は、他に4人の日本人の方と共有できた。こうやって、大勢でオペラ観劇というのがまた楽しい。始まる前から盛り上がるし、幕の開く前のちょっとしたおしゃべりで気分は否が応にも高まる。
c0188818_423940.jpg

              着物姿が3人なので人目を引いた。

このオペラは、ナマで聴くが初めてなのに、CDによる予習もしてこなかった、ぶっつけ本番である。
なに、ストーリーは「ロミオとジュリエット」でおなじみだし、ベッリーニの音楽の美しさに酔いつつ主役二人に集中していればいいんだから、という、不勉強・不謹慎な態度で臨んだ。

そんな態度のわたしなのに今回のオペラに関してしっぺ返しは食らわなかった。主役二人は、このプロダクションを5,6回観ていらっしゃる椿姫さんやdognorahさんのおっしゃるには、その晩が最高・絶好調だったという。

映像なしでCDやラジオから聴くネトレプコの声は、わたしにとって重苦しすぎる感じがするが、それが映像といっしょになるとぷっくりと可愛らしい顔立ちとの対比で弱まるので、歌う顔を見ながらだとまあまあ好きだ、という程度。声というのは、相性というか好みの問題だからいた仕方ない。
今回は、実物が間近で歌うのを観て聴けるという、願ってもない体験ができたので、彼女の声がずっと好きになった。音響がいいせいか、ダイレクトに耳に届く声は、意外にもかなり心地よかった。ナマだとこんなに印象が変わるし、座席位置による音の違いもあろうから、CDだけで好き嫌いを決めるのは早計だと思った次第である。

基本的にはソプラノよりメゾの声のほうが好きなので、期待はガランチャに大きかった。
肌理が柔らかく、温かみがあるため年齢よりずっと成熟した印象の声は、声量が大きいのにコントロールが抜群に利いている。ほとんど欠点が見つからないほどである。メゾには甘い、というか、好きになる確率が高いわたしではあるが、ガランチャにはまず満点に近い点数を与えたい。マレーナ様とどっこいの勝負である。
長身の立ち姿も凛々しく、表情にも若者らしい美しさが溢れているので、ガランチャのロミオにはきっと他の誰も敵わないだろう。
これからもナマで相見まえることはあるだろうか。これからどういう方向に行くのか、結構気になる。

演出で気に入ったのは、殺陣である。コーラスにきちんと殺陣の専門家をつけて訓練した成果で、ケープを翻すカプレット家とモンテーギュ家の若いもんたちの争うシーンは、わたしをルネッサンスの世界に誘ってくれた。
ガランチャもまるで騎馬警官のような伊達姿で絵になる美しさだった。
ジュリエットには可憐さが不可欠だが、ネトレプコはぴったりだったと思う。不自然な動きのない要所を押さえた演出のせいだろう。
ちょっと古めかしいほどオーソドックスな舞台装置や演出は、音楽を邪魔せず雰囲気を添えるだけという、こうあるべき見本のようだった。
c0188818_5154529.jpg


ストーリー展開も音楽もくどくなく、クライマックスに到達するまでが長すぎないいいオペラだ。
全てに堪能でき、夢見心地のまま幕が下りた。
c0188818_5184477.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-04-05 22:22 | オペラ実演 | Comments(11)
Commented by アルチーナ at 2009-04-06 08:03 x
お帰りなさいませ!
満喫されているご様子、こちらも楽しく読ませていただいております。
着物も3者様で素敵です。電車での移動も結構近いのですね。
うー、羨ましいです。
ガランチャ、素敵でしたか!こちらは生で聴いた事がないので羨ましいです。ネトレプコは1度だけムゼッタで、聴いた事があって・・席は遠かったので本当に聴いただけ・・ですが、声量もあってよかったですね。
確かに、録音と、生とでは印象が違う事もあるので、実演を聴いてみたい事には判断、出来ないですね。
更なる記事の更新、楽しみにしていますっ!!
Commented by dognorah at 2009-04-06 08:06
大変楽しまれたようですね。この演出は私も大好きですが、26年前がプレミエだったのでちょっと古めかしいのは仕方がないですね。
ガランチャは今後、チェネレントーラ、カルメン、ホフマン物語のニクラウスを今までのレパートリーであるヴェルテルのシャルロッテと共に歌っていきます。特にカルメンはROHを始め世界中で歌うようです。ヴィーンではミカエラをネトレプコが歌うので再び共演ですね。2年後ぐらいにはアンナ・ボレナに挑戦するようです。
Commented by レイネ at 2009-04-06 15:59 x
アルチーナさま、ネトレプコとガランチャ、夢の競演のナマの迫力はすごかったです。他の都市ではなかなかこういうチャンスは巡ってこないでしょう。
ガランチャ、期待以上でした。リサイタルでアムスに来てくれないかしら。オペラもパリくらいまでなら行けるのになあ。。。
Commented by レイネ at 2009-04-06 16:05 x
dognorahさん、いい意味で最高のエンタテインメントだったと思います。つまり小難しいことは抜きで、純粋に音楽と舞台が楽しめる構成でした。歌いながら指揮するエルダーもしっかり見えて、ああこれこそイタリア・オペラだ、と納得。
やっぱりガランチャのレパートリー、マレーナ様とすこしオーバーラップしてますね。ベルカントものをどんどん歌ってもらいたいものです。2年後の「アンナ・ボレーナ」もROHですか?それにあわせてまたロンドン詣でしたいと思います。
Commented by Mev at 2009-04-06 19:25 x
レイネさま、最高の舞台を生で、しかもいいお席でご覧になられて、よかったですねえ! ガランチャはCDのジャケットで見て、一目ぼれしました~。さぞ立ち姿はかっこいいでしょうねえ!

それにしてもお3方とも着物姿のあでやかさ。本当に素敵です。注目の的だったのは当然ですね。
Commented by レイネ at 2009-04-06 22:27 x
Mevさま、筋肉痛はありませんか?
そして、ゲットできた「ローエングリン」もこんな感じの座席でしょうか?
ガランチャ・ファンが、その晩2人は増えましたね。テンポが快活で内容にも無駄なところがないオペラで、ラストのクライマックスに向かって盛り上がる構成なので、あっという間の3時間でした。
その晩は妙に沢山の人から着物をほめられました。重い荷物持って行った甲斐がありましたわ。
Commented by Mev at 2009-04-07 05:10 x
足の付け根と太ももの裏側が今朝まで痛かったです~。
今はずっとましでほっとしてます。

着物は荷物になりますよね。でも着た満足感とほめていただいたときのうれしさを思うと荷物なんか、、、ですよね?
あ、私自身はレスラー並みにいかり肩なので若い時から着物は断念しております。似合う方がうらやましいです。
Commented by ロンドンの椿姫 at 2009-04-07 07:28 x
楽しんで頂けて、私もとても嬉しいです。私はなんど6回目でしたが、何度聴いても素晴らしいです。
私はここらへんの席が一番好きですが、フレンズ予約でもあまり出てこないので、今回この席を買えたのは本当に運が良かったです。私たちが座ってた2列目は、硬いベンチシートなのでレイネさんの席ほど快適ではないのですが、23ポンドなんですよ。それくらいの安さなので、私も何度も行けるわけです。レイネさんの隣の席も実は買ってあったのですが、皆さん(私も)安い方をお選びになったのでした。不要になった席はリターンして、もちろんすぐに売れました。 
3人で着物というのも、注目を浴びていい気分でしたね。私はつい張り切りすぎてちょいと若作りが過ぎましたが、オペラハウスではぱっと派手にしてもいいですよね?
Commented by straycat at 2009-04-07 10:10 x
わァ素敵 レイネさん ロンドンにいらっしゃったんですね。
グノーの「ロメオ&ジュリエット」はMETの映画で見たことがあって、その時もジュリエットはネトレプコでした。まだ出産前でほっそりしていてそれはそれは美しいジュリエット、この日のジュリエットもさぞかしキレイだった事でしょう(まあ、見たところまだダイエットには成功してないようですが^^;)
女性のロメオも王子様系なら違和感ないですね。男性がやるよりきっと素敵なカップルだったでしょうね。
専用の字幕つきの席、そんなものがあるんですね・・
皆さんのお着物も素敵、もっとアップでお願いします(笑)
Commented by レイネ at 2009-04-07 21:21 x
ロンドンの椿姫様、今回のロンドン・オペラ遠征では、大変お世話になりました。6回目のこのオペラにもおつきあいしてくださり、ありがとうございました。
歌手のコンディションが最高だったこともラッキーでしたが、皆さんといっしょにひとときを過ごし、感激を分かち合えることができたのが、なんといっても楽しさを倍化してくれました。
来年のプログラムが発表されたら即チェックして、ぜひまた出かけたいものです。
ROHの雰囲気と着物はとってもマッチしますね。わたしも、もっと派手にしてもいいんだあ、と思ったしだいです。
Commented by レイネ at 2009-04-07 21:31 x
straycatさま、そうなんです、念願かなって、ロンドン・オペラ・デビューしました。
ネトレプコは、ふっくらしていたほうが可愛いと、わたしは思いました。声量があるのに、美しい声をコントロールできるのことにも感心しました。
METといえば、来月9日に「チェネレントラ」のライブ・ビューイングがありますね。ガランチャちゃん主演なので見たいんですが、丁度トルコから帰ってくる日なんです。ああ、夜6時からなので多分間に合わないわ。でも来年、ネトレブコとガランチャの「ホフマン物語」がMETではあるので、これのライブ・ビューイングに期待します。
着物のアップ写真は、きっと椿姫様がブログに載せてくださると思います。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧