フィリップス・ミュージック・センターのピアノ・シリーズ

そろそろ、劇場およびコンサートホールの来シーズンのプログラムが発表される時候である。楽しみでもあり怖くもあり、とにかく鵜の目鷹の目になってしまう。

先週のネーデルランド・オペラに続き、今週末はコンセルトヘボウのプログラムが発表になる。20年以上オランダに住んでいながら、遠すぎる!という理由だけで先週まで1度も詣でたことのなかった音楽の神殿コンセルトヘボウの魅力にハマってしまったわたしは、来シーズンは週末のマチネ狙いで行こう!と心に誓ったのである。土曜日の発表を心待ちにしている。
(家からだとベルギーのブリュッセルやドイツのケルンなら車で1時間強の距離だから、ポリーニだってアムスに行かずともケルンで聴いたし、内田光子さんもブリュッセルでお目にかかった。)

今日、発表になったのは、もう少し家から近いエイントホーフェン(車で1時間)にあるフリッツ・フィリップス・ミュージック・センターの来シーズンのピアニスト・シリーズである。

エイントホーフェンは日本でいうと豊田市みたいなもので、ある企業の城下町である。すなわち家電メーカーのフィリップスを中核としている。フィリップスは日本でのシェアが小さいため、コーヒーメーカーとか髭剃りシェーバーくらいしか思い浮かばないかもしれないが、老舗音楽レーベルでもあるので、その創業者(多分)の名を冠したコンサート・ホールがあるのだ。
このホールは音響的にはヨーロッパでも有数だとHPには書いてある。フランス・ブリュッヘンが絶賛したとも。たしかにそうだろうが、立地が変で外観が非常にシャビーである。街中のショッピング・モールの中にあるのだ。日本だったら別に不思議でもなんでもないが、ここヨーロッパではそうとうな変わりものである。

しかし、プログラムはいつも非常に意欲的で、有名どころがよく来る。フィリップス・レーベルの実力であろう。しかも、めちゃくちゃ料金設定が安いのである。フィリップスからの補助金がたんまり入るのだろう。
もう、フィリップスさまさまである。

Pour le Pianoと銘打ったシリーズは4つのリサイタルからなるのだが、驚くことなかれ、1番いい席でも4回のコンサート・チケット、プラス幕間の飲み物込みで合計104ユーロだ。
それで、誰のリサイタルかというと
11月7日 内田光子
2月23日 レイフ・オヴェ・アンスネス
3月12日 ユンディ・リ
5月7日  ゼフェリン・フォン・エッカルトシュタイン

皆さん、これは飛行機代を払ってでも来る価値がある値段だと思うのだが、いかがだろう?

4人ともわたし好みのピアニストであるという偶然も怖いが、プログラムも悪くない。もしかしたら、コンサートやオペラに関して、今年はとってもついてる年かもしれない。
[PR]
by didoregina | 2009-02-25 21:15 | コンサート | Comments(8)
Commented by straycat at 2009-02-26 09:37 x
レイネさん こんにちは。
コンサート・チケット安いですね~。1回3000円弱?一番良いお席でドリンク付き?!いいですね~。
私はアンスネスとユンディを聴いたことあります。ユンディはどんなプログラムなんでしょう?横浜の時は腱鞘炎とかで(ほんとかな?)ほとんどが軽いショパンやモーツァルトで、唯一の新譜が展覧会の絵でした。ロマンティックな唄歌いではあると思うのですが、その時は精彩を欠いていましたね。
アンスネスはクールな印象でしたが、ドッビュシーが素敵でした。レイネさんもこの二人お好きなんですね。
私は内田さんが日本人なのにまだ聴いたことないんです。
Commented by レイネ at 2009-02-26 16:42 x
straycatさま、この2人、わたしはナマで聴いたことがまだありません。だから、楽しみ。
記事中のPour le Pianoにこのシリーズのリンクを張っておきましたので、クリックするとプログラムが見られます。ユンディの写真はちょっとオカシイので、大きくしてご覧ください。ショパン・ソナタ2または3番、ショパン・バラード、マズルカ、エチュードの中から曲目未定、それと「展覧会の絵」となっています。
クールなアンスネスは、軽めの曲中心です。
最近、飲み物付きのコンサートが増えました。オランダ人はケチなので、飲み物で釣ろうというわけかしら?
Commented by bonnjour at 2009-02-26 17:59
良い劇場やホールのある各都市に、簡単に行ける地の利があってうらやましいです。それにしてもPour le Pianoという企画、お得ですねー。飛行機に乗ってかけつけたいところですが、うちからだとまずコペンハーゲンの空港に出るのに3時間半、45ユーロほどかかるので、ついつい億劫になってしまいます。
Commented by レイネ at 2009-02-26 19:45 x
bonnjourさま、住んでる所は田舎なんですが、ヨーロッパの各都市へは割と簡単に行けるんです。コンサートやオペラも会場が毎回変わるのは変化があって面白いです。同じ会場だといつも同じ着物というわけにはいきませんが、違うところなら同じのを着まわせるし。
お住まいのところは、ちょっと不便なところなんですね。ドイツにも遠いの?
Commented by Mev at 2009-02-28 00:15 x
とっても魅力的ですが、やっぱりEindhovenは遠いです~。
せいぜいLeidenあたりまでかなあ。
とか言って、カーニバルには出かけたのだった。。。。
Commented by レイネ at 2009-03-01 09:16 x
Mevさま、ただいま、フィリップス・ミュージック・センターのレーピン様コンサートから、帰ってきました!
アムスならコンヘボがあるからいいじゃない。ミュージック・シアターもあって、贅沢極まりない環境ですよ。ユトレヒトも近いしね。(あ、現在フレーデンブルフ改築中で、あんまり近くないですね)
Commented by ke-ko617 at 2009-03-01 21:42
はじめまして♪けーこと申します。
「アンスネス」で検索して、こちらにたどり着きました。^^
ユンディも内田光子も大好きなピアニストです。
感想をきかせてくださいね。楽しみにしております。

オランダにお住まいなんですね。
コンセルトヘボウ・・・・。とても素晴らしいときいています。
死ぬまでにはぜひ一度行ってみたいデス!


Commented by レイネ at 2009-03-02 16:27 x
けーこさま、いらっしゃいませ。このピアノ・シリーズは来シーズンなので報告は早くても11月になってしまいますが。。。フォン・エッカルトシュタインは、今月15日にハイ・ティー付きのリサイタルがあるので行きます。彼もいいピアニストでお気に入りです。

コンセルトヘボウは建物の外観も内装も美しく、音響ももちろんよくて、プログラムも充実していますが、家からだと遠いのが難点で。。。
ヨーロッパ音楽ツアーを組まれるなら、アムスはぜひ入れてください。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧