ORWの「こうもり」引越し公演 (in Heerlen)

c0188818_4384379.jpg

2009年1月18日 Theater Heerlen

La Chauve-Souris (Die Fledermaus) by Johann Strauss jr.

Opera Royal de Wallonie

Direction musicale Dmitri JUROWSKI
Mise en scène Jean-Louis GRINDA
Chorégraphie Laura SCOZZI
Décors Rudy SABOUNGHI
Costumes Danièle BARRAUD
Lumières Laurent CASTAINGT
Nouvelle coproduction  THÉÂTRE DU CAPITOLE DE TOULOUSE/OPÉRA NATIONAL DE BORDEAUX/OPÉRA DE MONTE CARLO
OPÉRA-THÉÂTRE DE METZ/ OPÉRA ROYAL DE WALLONIE

Cast
Caroline Sophie MARIN-DEGOR
Adèle Priscille LAPLACE
Flora Estelle DANIÈRE
Gaillardin Patrick RAFTERY
Orlovsky Nicolas ZIÉLINSLKI
Alfred Éric HUCHET
Duparquet Didier HENRY
Bidard Patrick DELCOUR
Tourillon Philippe ERMELIER
LéopoldJ ean-Philippe CORRE
Ballet  COMPAGNIE LAURA SCOZZI
Orchestre et Choeurs  OPÉRA ROYAL DE WALLONIE
Chef des Choeurs Marcel SEMINARA

今年最初のオペラだから、ブリュッセル(ヴェニスに死す)かアムステルダム(恋するエルコレ)に、本当は行きたかったが、戦い(チケット争奪戦)に負けた。敗軍の将は、不平不満はぐっと飲み込んで、敵の示してきた条件で降伏するしかないのである。
しかし、ここでぐずぐずしていても仕方がないので、新たな敵軍の陣地目指して兵を進めた。

ベルギーのリエージュにある王立ワロン歌劇場(ORW)が、オランダに越境してヘーレンで引越し公演を行うというのは、初の試みだと思う。多分、老朽化したオペラハウス建て替えのため来年度からリエージュの本拠地での公演ができなくなるので、その前に引越し公演してみて、可能性を試そうというわけだろう。
実は、リエージュとヘーレンとではハコが違いすぎるので、この引越し公演に関しては懐疑的だった。どうせちゃちなセットを持ってきて、キャストもドサ周りのB級だろうと。
それが、第3希望だったとはいえ、観に行こうという気になったのは、キャストの中に新人カウンター・テナーのニコラス・ツィエリンスキー(Nicolas Zielinski) の名前を発見したからだ。

彼は、今シーズン最初の9月公演「パリスとエレナ」で主役を演じたのが、とっても印象に残った。
まず、声がメゾ・ソプラノと同じ声域で、カウンター・テナーの中でもかなりの高音が出せる。そして、それがか細くなくて声量がとてもあるので、まるでカストラート、ファリエッリみたいな迫力なのだ。わたしは、高音の出るカウンター・テナーが好きなので、ブライアン・アサワをひいきにしているが、最近の彼は中年太り気味で役の巾が狭まっているような気がする。。。それで見つけたポスト・アサワが、この新人なのであった。

パリスの時の彼は、映画「トロイ」のパリス(オーランド・ブルーム)に張り合える優男であった。
c0188818_544454.jpg
(エレナはなんだか椿姫みたいだったが)

しかし、今回のオルロフスキー公は、エキセントリックなキャラクターでなければならない。それで作ったイメージとして、マイケル・ジャクソンを演じていた。(白いメーク、黒い髪、例の服装としぐさ。。。)
その彼が、あの高音でヘーレン劇場をゆるがせて歌うので、始めてその声を聴いた人たち(お年寄りが多かった)は「あれ女の子でしょう?」と言い合っていた。子供たちも、始めてナマで聴いたカウンター・テナーが彼のパリスだったので、すごく驚いていたのだが、結構気に入ったみたいだった。老若男女を問わず好感度が高い、というのはスターに必然の条件なので、いまにブレークするかもしれない。名前を覚えておいて損はない。

「こうもり」引越し公演で感心したのは、セットに手を抜かずに、プチブルジョワの家からリッチな公爵の館に休憩後に早変わりしたことだ。豪華な回り舞台に作った階段や、大理石みたいな立派な柱がちゃんと立っていて、映画「メアリー・ポピンズ」のお茶の場面みたいに、人が座ったまま椅子が天井まで昇降する仕掛けまで持ってきた。

それから、ORWはバレエにも強いので、ゴージャスなパーティ場面が1幕を占めるようなオペラでは見ごたえがある。数年前に観た「椿姫」もそうだったし、バロックオペラの「パリスとエレナ」も踊りが多くて華やかだった。

ちょっと困ったのは、今回の「こうもり」がフランス語ヴァージョンだったことだ。(La Chauve-Sourisがフランス語でこうもりとは初めて知った)。
リエージュはベルギーのフランス語圏にあるが、普段の観客の大半はオランダ人またはオランダ語圏のベルギー人だし、ドイツ国境にも近くドイツ語圏ベルギー地方も背後に控えているので、普通は原語上演で3カ国語字幕が出る。
今回はオペレッタなのでフランス語上演でオランダ語字幕だったが、これは結構疲れる。笑いのタイミングがずれてしまうのだ。それでも、字幕のオランダ語にうまくこの地方の方言を入れたり狂言回しのレオポルドに片言のオランダ語をしゃべらせたりして、なんとかもたせた。

ちょっと遅れ気味だが浮かれた新年の雰囲気を味わえ、期待以上に楽しめた。
[PR]
by didoregina | 2009-01-18 21:28 | オペラ実演 | Comments(2)
Commented by こうもり、見たかったです。 at 2009-01-20 20:55 x
DNOのこうもりでもいいから年末に見てみたかったです。舞台装置の面白さといい、注目新人登場といい、お得なオペラでしたねえ!
Commented by レイネ at 2009-01-21 06:29 x
こうもり、そんなに見たかったわけではなかったんですが、行ってよかったです。いっしょに行ってくれる人がいたらもっとよかったのに、話が行き違いになって、同行者がいなかったのが残念でした。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧