ランチコンサート@ドゥルン           水曜はタダよ、その1

今年最初に聴きに行ったコンサートは、ピアノの先生Peter Caelen (ペーター・カーレン)のリサイタルだ。
ロッテルダムのコンサートホールDe Doelen (デ・ドゥルン)では、毎週水曜日の12時45分からランチコンサートが開かれる。
アムステルダムのコンサルトヘボウでも水曜日のお昼は無料コンサートがあるが、だいたいコンセルトヘボウ・オーケストラのリハーサルみたいなものだ。
ドゥルンの場合、入場料は無料だが、アーチストにはギャラが出ると聞いて、弟子のわたしはほっとした。そして、このランチコンサートには、基本的にアーチスト人生で1回しか出演できない。(ソロの場合は1回。他の人と組んだり伴奏したりする場合はその限りではない)
そうと聞いては、応援に出かけなければなるまい。日本人奥様仲間のバービーさんとAmyちゃんもいっしょに行ってくれた。

12時30分ごろホール入り口付近に着いてびっくり。すごい人ごみで行列が外までできている。ええ、これは入場できるんだろうか、とわたしは不安になり、同行の方々は「ペーターってこんなに人気があるの?」と驚いている。
いや、人気があるのはペーターではなく、ランチコンサートのほうなんだが。

押し合いへしあいしながら中に入り、まあまあ音響のよさそうな場所を確保する。ランチコンサートが開かれるのは、大中小のホールではなく、ロビーだが、席は400ほどピアノをコの字に取り囲んでしつらえてある。テーブル席もある。なぜかというと、コンサートの前にタダでコーヒー紅茶が飲めるのだ。
これで、納得。ここに集まった人たちは毎週水曜日の飲み物付コンサートの常連なのである。
最近では、コンセルトヘボウでも、休憩時の飲み物はタダになったらしい。そうでもしないと、集客が難しくなっているのだ。オランダ人はけちで有名だから、タダなら人は集まる。

無料のコンサートのいい点は、聴衆・演奏家ともにその恩恵が受けられることだ。
聴衆にとってオイシイのは無論のこと、演奏家はギャラをもらいながら、普段のコンサートの聴衆とは異なる人を対象に演奏することで知名度を広めることができることのメリットは計り知れない。演奏家にとってとにかく名前を覚えてもらうことが重要なのである。世界のトップアーチストをのぞいて、チケットをさばくのはとても難しいことで、有料のコンサートでも自分で売らないといけない分(つまり買い取り分)のチケット代金を差し引くと、アーチストの持ち出しのほうが多くなる場合も往々にしてあることだ。

400の席は埋まった。紅茶を飲み終わらないうちに、リサイタルが始まった。
曲目は
ドビュッシーの前奏曲集より「沈める寺」と「亜麻色の髪の乙女」
バルトークの「組曲」作品14
ショパンの「バラード1番」作品23
であった。烏合の衆、といってはなんだが、どんな人が聴きに来るのか予測の付きにくい、このようなコンサートには適したプログラムだ。

誰でも聞いたことのある曲で始めて、中間には普通の人はあんまり聞いたことがない現代的な曲を入れて聴衆を教化し、最後はやはりなじみのある曲でクライマックスに持っていく。
この選曲には、不肖の弟子、わたしからも合格点が出た。弟子でありながら、プログラム選曲にはシビアな意見を述べるのだ。

まあ、弟子としては聞きなれた曲の演奏であるので、会場の音響ぐらいしか述べることはできない。

1曲目は、ホールのロビーには音響的にマッチしなかった。深い海の底から沸くような音が響いてこない。(この点に関しては、座った位置も考慮に入れるべきかもしれない。日本でピアノの先生だったバービーさんの意見では、わたしたちの位置では低音はあまり大きく聞こえてこないものだから)

2曲目は、Amyちゃんが買ったペーターのCDにも入っているので、Amyちゃんは喜んでくれた。

3曲目が、わたしにとってのメインである。9月のリサイタルでこの曲を演奏する前にも練習していたのを聴いていたし、そのリサイタルでもかっこよく弾いていたので、安心していた。案の定、この曲を初めて聞く人が多いようだが、結構みなさん「いい曲だね」と言い合っていたから、教化としては成功である。わたしにとっても、バルトークに対して目を開かされるきっかけになった曲なのだ。バルトークにはあまり好きな曲がなかったのに、9月以来好きになった。「この曲わたしも弾きたい」と言うと、「弾けるよ」との先生のお言葉なので、挑戦してみたい。

最後は、ショパンでしめて、クライマックスにもっていった。
演奏時間にしたら全部で30分くらいの短いものだったが、こんなにリラックスできるコンサートもいいのではないかと思った。
c0188818_627591.jpg

[PR]
by didoregina | 2009-01-14 22:17 | コンサート | Comments(2)
Commented by Rfrau at 2009-01-18 07:24 x
ピアノの先生のコンサートご成功、おめでとうございます!それにしても、この写真珍しいですね。右手だけで弾くところ どこでしょう?バラードの最初かな。。それとも、演奏後にポーズを撮っていらっしゃるのか 色々想像してしまいました。 いつか 先生の演奏、聴いてみたいものです。
Commented by レイネ at 2009-01-19 06:15 x
Rfrauさま、さすがプロのピアニスト、目のつけどころツッコミどころが違いますね。実は、この日(いつもそうなんだけど)カメラを持って行くのを忘れて、「誰か一人くらい持ってくるだろう」と思ったのも甘い考えで、結局写真が撮れなかったんです。それで、先生のホムペからコピーした写真をアップしたんです。だから、何の曲を弾いている写真なのかはわかりません。
偶然遭遇したミリチョウの証拠写真も撮れませんでしたし、おとといのフォン・エッカルトシュタインのコンサートも今日のオペラにもカメラ持って行くの忘れました。。。。。「出かけるときは忘れずに」と書いて玄関のドア内側に貼っとこうかしら。


コンサート、オペラ、映画、着物、ヴァカンスなど非日常の悦しみをつづります。


by didoregina

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

名前:レイネ
別名: didoregina
性別:女性
モットー:Carpe diem

オランダ在住ですが、国境を越えてベルギー、ドイツのオペラやコンサートにも。
ハレのおでかけには着物、を実践しています。
音楽、美術、映画を源泉に、美の感動を言葉にしていきます。


最新のコメント

Vermeerさま、多分..
by レイネ at 01:38
トマスのソロ・コンサート..
by Vemeer at 01:25
Vermeerさま、この..
by レイネ at 20:56
詳細なレポート、楽しく拝..
by Vermeer at 18:02
ロンドンの椿姫さま、それ..
by レイネ at 17:03
大満足のマスタークラスで..
by ロンドンの椿姫 at 23:41
鍵コメさま、ヴェロニカ・..
by didoregina at 18:57
Mevrouwさま、北海..
by レイネ at 18:46
レイネ様も怒涛の更新で、..
by Mevrouw at 23:33
Mevrouwさま、サー..
by レイネ at 22:10
Mevrouwさま、夏の..
by レイネ at 22:05
新作オペラに挑むのは本当..
by Mevrouw at 20:56
クロアチア~ベネチアを自..
by Mevrouw at 20:27
Mevrouwさま、ご高..
by レイネ at 20:19
ようやく一息つける日なの..
by Mevrouw at 19:57
Mevrouwさま、癒し..
by レイネ at 16:49
このところネットからも音..
by Mevrouw at 16:37
斑猫さま、もうすでにパリ..
by レイネ at 16:57
ロンドンの椿姫さま、まさ..
by レイネ at 16:54
こんにちは CT研究会..
by 斑猫 at 00:16

以前の記事

2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月

タグ

最新のトラックバック

究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
バッハが人類に残したメッ..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
ポン=タヴァン派、総合主..
from dezire_photo &..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
ダイナミックで刺激的な多..
from dezire_photo &..
贅沢と快楽に生きる娼婦な..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..

カテゴリ

全体
バロック
映画
オペラ実演
オペラ映像
オペラ コンサート形式
着物
セイリング
コンサート
美術
帽子
マレーナ・エルンマン
イエスティン・デイヴィス
クイーン
CD
20世紀の音楽
旅行
料理
彫金
ビール醸造所
ベルギー・ビール
ハイ・ティー
サイクリング
ダンス
ハイキング
バッグ
教会建築
カウンターテナー
演劇
未分類

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
映画

画像一覧